「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ツール・ド・フランス2016 終了。
前年に引き続きクリス・フルームが『この勝利を息子に捧げたい』とか模範的なこと言って〆。
最終日は主催者が強引なプログラムにしなければ、ほぼお祭り。何としてでもその日の賞を取りたい!という人以外は流れに乗りつつテキトー、というお約束となっております。ここんちも毎日結果を更新してたくせに受賞者の決まる23日と24の最終日このまんま。普通総合の結果を上げるだろう!?(笑)なんてユルイんだ!

さて、最終日はパリ市内で何週かする平坦なコース、いきおいスピートが上がり、一矢報いたい選手達の集団では落車のケガの度合いも比例します。終盤間際で救急車で運ばれてた人居たけど…。

つごう3度目、去年に続き2連覇を成し遂げたフルーム。『チームコニカミノルタ』がそのまま残っていれば……過去、日本でキャッキャしたフルームと空想。私は単にツール・ド・フランスが好きなだけなのでこの辺り、競技の詳しいことには触れられなくて申し訳ないんですが。

さて、このフルーム君、ツール・ド・フランスにおいて昨今あんまり調子良いもんだから、去年も観客から『このドーピング野郎!』と罵られ、紙コップに入れた新鮮だか古いんだか誰のだか知らない尿をBUKKAKEされたというツイて無いひと。
こんなマナー違反のアホを庇う気などさらさら有りませんが、観てると確かにちょこっと登り、ぐらいで異常にスゴイです。このフルーム君、以前にも観客をどツイたとかで処分受けたりと何だかトラブルに付きまとわれている気がするんですが(これもアホな観客が近づき過ぎたせい)現行チャンプとして今年は無事に、という私の祈りむなしく前年を超えるトラブルげっと!

いきなり沿道の観客がコースに飛び出して来た >>> 勝敗を左右すべき トップ集団の画像を追っていたテレビ放送のバイクがギュッ!と急ブレーキ!2番目に見える黄色いジャージがフルームで、トップ集団3名がそのバイクに衝突、転倒。


ほか2名は何とか走り出しますが、フルームの自転車は後続のバイクに轢かれてパーに。通常代車も積んだ自チームのサポートカーが1台付いてるんですが、この時ばかりは上がってこない!!たまらず走り出す!という珍事に見舞われます。中立車から自転車を提供されるも、長身の彼に全く合わずレースになりません。自転車競技は期間中の累積が少ない人が勝者です。この日、このトラブルは運営側の責任として「アレはしゃーないわー」という救済措置が取られ彼の名誉は守られました。

他にも。目印になる辺りに Vittele の冠付きの4字に交錯したエアバルーンのゲートがあるんです。これがレース中に落ちて来て…

このひと翌日賞とってましたけど、アゴに縫ったあと有りましたよ!?

原因がひどい。観客が電源引っこ抜いたとか。

観客がらみの大きいトラブルが多い年でした。大掛かりだけど日本人から見るとなんだか呑気なセキュリティにも見えたり。今ヨーロッパはテロ真っ盛りのような気もします。いつ利用されると分からない気がする…。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2016-07-26 21:11 | 日々どーでも | Trackback | Comments(2)
マル真田(29) : 異変
各人を取り巻く環境にそれぞれの意思決定がなされ、秀吉の身の上にもまた病魔が襲いかかる…。


おねしょをしてしまった秀吉。深夜呼ばれる信繁と光成。

『おまかせください』。

信繁、お人好しの片桐さまに「先行き不安!」と泣きついて室外におびきだす。

でかした、いまだっ! 三成、片桐の布団をおねしょ布団にすりかえる!!!

こどもか!(爆)



片桐くん自分だと思って気にしちゃってんじゃん(爆)。この回はおねしょ布団を抱えてコソコソと歩き回る治部さま萌えです。

(参考)
ジブさま株ストップ高

色々と小賢い小心者的に扱われやすい石田三成ですが、それは『東軍メガネ』のせいなのよ。

(参考)
滋賀県の本気を見よ!石田三成CM6本立て

全編16時前後にやってるCM臭に私の脳裏でハトヤのテーマがリフレインされています。『東軍メガネ』外した子供の長ゼリフがすげえな。『戦果を保証しない』って戦下手という話だけは否定しないのネ。さて、滋賀県の援護射撃を待たずとも真田○において三成は『頭でっかちの堅物だが内に秘めた忠義と情けはともに厚い中間管理職』として描かれています。声を荒げるときは誰かを守る時なのです。そして石田三成役の山本耕史、今回当り役ではないでしょうか。

b0046213_13171085.jpg


何がそんなに驚きってこの俳優の名前で画像をググってごらんなさい。ファンには悪いんだけどびっくりするほど

同じ感じにニヤついた


写真しか出て来ません。トム・クルーズ並みだよ。額が広いのか開拓地が広がっているのか、賛否両論あるようですが、額部分のバランスの不和も全部出てしまえば顔の造形の良さが出る。少し乏しい表情もこうしたカタブツ感には良くマッチしています。

ホントにけなげに働く三成。この後死んでしまうと分かっているのが心底惜しい。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2016-07-25 13:30 | 日々どーでも | Trackback | Comments(0)
ツール・ド・フランス2016

あ-られられららられぇえぃ!!!


やってまいりました、『いいケツしてやがる』、今年も2016 ツール・ド・フランスの季節です。現在第8ステージを終え、登りに強い!前回チャンプ、クリス・フルームが今大会で初めてマイヨ・ジョーヌを獲得したところ、しかし私的には第6ステージで沖縄県石垣島出身の新城幸也(あらしろゆきや :所属 Lampre-Merida  : パンチャー) 選手が『一瞬でもトップをリードして逃げに回ったシーン』を見ることができただけで既に満足な私です。あとはフルーム次第だな。

b0046213_17171732.jpg


少しばかりマニアな競技ゆえこれだけ聞くと「アラシロ君、惜しかったネ」なんて感じる方も居られると思うんですが、2−3年見てるだけで競技の性質はなーんとなく分かります。悲しいかな当人も逃げ切れるとは思ってなかったでしょう。

b0046213_1727320.jpg


これは次に追ってくる集団と75kmを残して2分しか差がない、その中に暫定チャンピオン=マイヨ・ジョーヌは居ますよ、という意味。見てれば分かりますが逃げ切りはまず無理。マイヨ・ジョーヌは総合成績でレース中ころころと変わります。最終日にこれを着る人が名実ともにチャンピオン。総合判定なので栄冠『マイヨ・ジョーヌ』を狙える人は目立たなくても悪くない順位に居なくてはなりません。また、これを狙える人たちは事故さえなければ参加者全員ではなく、じつのところ参加チームのエースとして据えられている人たちです。5名中4名、この人達がチームのエースを支える、が基本。絶対に勝負できる中小企業を作らなくてはならない、とお考えください。

フルームは昨日のインタビューをフランス語で答えていましたね。インタビュアーもそれに有難う!と触れていました。ケニア出身、南アへ。さらにイギリスへ移住。全て英語圏な予感。うーん、調べてみたのですが何で彼がフランス語を話せたのか不明。

ちゃんと契約して専用番組を観ている方もいるとは思いますが、私のようはユルファンはそこまでの熱意ナシ。寝不足覚悟の方はこの辺りから 探してLive で観られます。殆どはFrance 2 、ときたま3です。2でやってなかったら3をチェック。NHKとNHK教育が甲子園を交代しつつ放映してる感じだとお考えください。良く分からんのですが、 Flance 2 ,3,4,5 ってなぜか同じ会社が経営してます。

日本時間でだいたい夜21時頃から、深夜1時前までです。

b0046213_10395418.jpg


劇的な変化の少ない競技なんで、毎日フルマラソン観てるみたいで、強烈な愛が無いと正直最後の方はどうでも良くなってくるんですけど…。恒例のド田舎紹介・ド・フランスも殆ど同じ風景に見えてくるんだな、コレがまた…。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2016-07-10 18:00 | 日々どーでも | Trackback | Comments(0)
マル真田。
なんだかネットでやたら評判が良いもんで、覗いてみたらすっかりハマって観てます

真田○


草刈正雄演じる真田昌幸のそばにいつも控えている岩城滉一、青いシャドー入れてて怪しい。どういう役柄なんだ…調べる。調べる。調べ…ても出て来ない。

以下私の心象風景を顕したく。この辺りからBGM聞いてください。

何だ ? あっ、もしかして、通名とかの問題で芸名じゃ引っかからないとか………??? あれ?イヤ、ちがうなダメだ、やっぱり一つも出て来ない………どういうことなんだ?????

そう思ってました。うっかりこちらを見つけるまでは。

岩城晃一と寺島進の違いを教えてください

なん…だと…






なにごとにも二言目には「殺っちゃおうぜ」とアドバイスemoticon-0152-heart.gif。全力で物騒な隠密、頼もしい家臣、出浦昌相(でうらまさすけ)=寺島進!情報戦においては他大名の余興までチェック済みというお察しぶり。

b0046213_19191595.jpg


うわあああん!!!全力で伊賀を抜けろ!誰だって死にたくないぞ!、仮装大会では全力で稽古にいそしむ徳川家康(内野聖陽)!劇中での役の加齢に伴いかなり体型を太らせて来ています。

b0046213_1925554.jpg


そして怪演と呼ばれたらしい、「俳優としてのキャリアを捨ても別れたい」と言わしめた前妻との泥沼離婚で芸の幅が強烈に広がった!ヤヴァイ悪役も素直にこなす、というより元のホテルマンになど戻れまい!何だか藤原竜也と同じ匂いがしてきた北条氏政(高嶋政伸)!最期へ向けての演技は圧巻でした。もう…良いか、と当人のモラルに反して汁を一気にかけて最期の飯を楽しむ。人を喰う演技よ、マヤ!恐ろしい子!

b0046213_19404289.jpg


で、ついついドラマを楽しみたくて、分からないことをいちいちネットで調べたりしているうちに歴史って面白いなぁと感じ始めています。こんなの絶対触れもしなかった相方が、いまなぜか『信長の野望2』をやってます。歴史って当人達の気持ちなんて分からんから、余計ロマンが広がるなぁ。

この大河ドラマ、生まれて初めて自分で観ています。義父がコレが好きで否応無く眺めていた時期はあるんですが、自分で観たいと思ったのは初めてなんです。実父はこういうのが好きで、旅行というとこうした史跡のある場所が多かった。平泉で首のミイラを修復する白黒映画は割と最近までトラウマだったぜえ。その後ハス観ても子供の心は癒されねぇっての。

ドラマは皆裏切りまくり、嘘吐きまくり、でもそれぞれに守りたいものもあるからシタタカにやらなきゃいかんのだぜ、だからこそそれぞれの言うこと真に受けてたら簡単に死ぬぜ、という本当に人間臭い面白さです。やたらにクソマジメ、面白味の無い、でも人の心が無いわけじゃない石田三成。成り上がってはしゃぐものの、奇抜なアイディアの経緯から冷静さとヒステリーが判別できなくなっていくワンマン経営者の豊臣秀吉。歴史の話は市井においては過去の人を神格化しやすいのですが、人としては現代の我々と何も変わらんでしょ、という演出がとても痛快です。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2016-07-06 19:11 | 日々どーでも | Trackback | Comments(7)
疲れた
風邪がひと月にも並ぼうかというほど長引いている一因には色々有ると思います。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

ハアー、またやっちゃったヨ、という感じなんですが、私め口で色々言っても案外情深いというか他人に色々やり過ぎちゃうほうでして、定期的にこうやって独り相撲で凹むことになっております。でね、それはいいんだとまでは言えるんです。ただですね、そこには悲しいかな東京人の私と沖縄人(ウチナーンチュ)という自我の地域差がよく絡んで来るわけでして、時にこれが私を心底凹ませてくれる事になっているのです。調子崩したり親がグタグダ、とかも含め色々凹んでいるところに、なぜかこれが続いてしまいました。意識してなかったののですが余程でしょうガクッと来たんでしょうか、風邪がぶり返す。

しかしおかげさまなのか、色々見えてきた感は有ります。
トシ取ると色々違う見方が出てくるのね…。これはこれで面白い。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2016-07-02 21:19 | 日々どーでも | Trackback