手術日:硬膜外麻酔と全身麻酔でした。
いつまで隠れてるんだヨ。もうスネてないで出てこいヨ…。腹がだんだん楽になるのに反比例して

スゲエ便秘。


b0046213_20304935.jpg傷に貼ってあった接着剤がベロリとはがれ落ちる今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。腹腔鏡のために腹に4カ所の小さな穴をあけるんですが、3カ所はコレとして残り一カ所、ヘソに十字の聖痕を見つました。たしかに術前にヘソ掃除をされましたけど、まさかここを切るためだったとは。

【入院までの流れ】

検査結果を受けて入院と手術が決定したあと、さらに術前検査(血液・レントゲン・心電図・肺活量)。日を変えて当該の科から入院中の治療計画の説明、くわえて手術を控えているので麻酔科で説明と調整を行います。術日当日に立ち会う相方がコレらにも同席しいっしょに説明を受けます。

お察しの方もあると思いますが私は特に麻酔やらに過敏に反応するとこがありまして、それでも今回は麻酔を入れなくてはならない。おまけにキングオブ麻酔、麻酔の最高峰、全身麻酔ダヨ。!とうぜん総合病院の麻酔科なんて専門的なとこに顔を出すのも生まれて初めてという緊張感。が。麻酔科に来る人っていうのはどうやら手術をひかえてたいへんブルーな人しか来ない科なわけでして、相手もさるもの慣れたもの。穏やかで人当たりのいい先生と看護師さん。

『硬膜外麻酔と全身麻酔の2種を使います。』

えっ?全身麻酔だけじゃないんですか?コーマクガイって聞いた事はありますけれども。

そこで背骨の模型を片手に目的・方法・理論とリスクについてあますところなくされる。下半身をがっつりおとなしくさせておくのと、術後しばらく入れっぱなしにして痛み止めとして使うために併用するらしい。

『それから全身麻酔をして、かかり具合をみてからコレやって人工呼吸器も使います。術後しばらくのどが痛いですよ。』

えっ……喉頭鏡?気道挿管??人工呼吸器???えっ?えっ?呼吸止まるカモなの?マジスカ!

b0046213_1556444.jpg


聞いてる限り深いねむりどころではなく、

仮死状態

と呼ばないか?コレ。

正直最後まで怖かったし、術前2週間ヒマさえあればこれを思い出して鬱ってたくらいなんですが、のど元過ぎればナントヤラ。麻酔に弱いという同志アナタよ、コレ結論からいってたぶんそこいらの町医者よりこっちのほうがよほど安心です。麻酔科医は手術直前から直後しばらくにかけて、アナタにずーっとついててくれますし、じっさいかなり慎重にやってくれます。アナタの思いのたけを自分で判断せずにすべてぶつけなさい!命かかってんだから。

手術直前に看護師さんに怖いっす、と弱音を吐いたら『麻酔と先生を信じるよりありません』と名言キタコレ。もうホントにそれしかない。手術直前に、怖いけれど、看護師さんの言うようにお任せするよりありません、よろしくお願いします、と言うと

麻酔科医『任せておいて。必ず僕が見てるから大丈夫。』
担当医『すぐ終わりますよー。負担の無いようにやりますから。』

ワー頼もしい。→ → それではアデュー!!! → 2時間半後、咳が止まらず目が覚める。気道の管でむせているらしく、ここで一気にタンやら取られるのが苦しいが、管を抜くと自分で楽に呼吸できるようになります。

【硬膜外麻酔】

術台に寝てから始まります。術台には自分で乗るのよん。背中を丸めて隙間から注射、麻酔を入れます。注射じたいはチクっとていど。麻酔科医からも説明がありますが、入れたところから突然骨盤あたりに向けて骨に沿ってズドン!と重い感覚が走ります。これは若干痛みもありますが、すぐ消えた。ここで入れたチューブは術後そのままにされ、痛み止めを少しずつ流したあと数日後に抜き取ります。

【全身麻酔】

術日前日にも麻酔科との調整がありました。ここで胃酸を抑える飲み薬を受け取ります。
シャッキリ目覚めるのとぼんやり少しずつとどっちがいい?と聞かれてシャッキリ希望。むなしい選択肢のような気がする。その昔バリウム何味にする?って訊かれたことを思い出す。

利き腕と逆側の手の甲に局部麻酔 → ここで太い点滴針がつきます。このあと点滴をされますが、これはよく分からない。入れると変な感じがしてくるので、指示通りここで合図します。なんと言うか、ザワザワっとしたような、意識は研ぎすまされてハッキリしてるんだけど、それが体と繋がらないような感じ…。死ぬ前ってあんな感じなのかも知れないゾ。

ここで口元に酸素マスクをあてがわれ気分を確認。ここでいよいよ全身麻酔を流すよ、と言われます。まったく記憶がありませんが、きっと3秒ぐらいで落ちてるはず。その後、シャッキリ醒めたせいなのか、前述したようにゲホゲホとむせて目が醒める。

術台からベッドに移され、手術室近くの別部屋で様子を見ます。手術室は見たところで最低6部屋はありましたがもっとあるかも。同じように手術を受けた直後の人たちがここで30分ほど様子を見て、安定すると当該の科の看護師が迎えに来てくれてベッドごと運ばれ病室に戻ります。ここでは麻酔科の看護師さんがほとんど離れず様子を見てくれるのですが、覗き込んでは顔色が悪いなぁと言われてもどうせいとおっしゃるのか。値踏みされる冷凍マグロ状態。私は運良く術後全然痛まなかったんですが、隣に寝ていたマグロさんは手術直後も相当痛んだらしい。うーん、うぅーん、痛いぃ…とうなされっぱなし。気の毒に、とは思うんですが私も思いやってるゆとりなどあるわけないですよ。いろいろ不安になるんですよ。正直はやく迎えにきてほしい一心でした。

相方の待つ病室に戻って、やっとほっとする。このぐらいから寒気と吐き気がしてきます。事前にも説明を受けていましたが、麻酔の副作用です。電気毛布をかけてもらうも1時間もすると今度は暑い。なるほど、副作用は出ては消えて行く、説明通りだと思いましたが、吐き気だけはこのあともなかなか消えませんでしたね……。これは硬膜外に入れてる痛み止めのせいでもあったようです。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2015-04-05 18:19 | 初めて入院・手術なの | Comments(10)
Commented by れんと at 2015-04-05 18:45 x
うひゃあ、へそを切るのはちょっと勘弁て感じです。なんか良くないことが起こるような気がするんです。。。でも、じゃがさんは大丈夫だったんですね。さすがです。

そうか、じゃがさんも両方の麻酔だったんですね。僕は、子どもの時、硬膜外(針を刺すのが痛かったのに!!)が効かなくて全身麻酔に切り替えられ、その後も腰の調子が悪かった経験があるので、硬膜外はできればやめて欲しかったのですが、金具を抜く時はそれでした。

札幌では全身麻酔だけという話でしたが、知らないうちに硬膜外もやったようでした。どちらの硬膜外もうまかったらしく、何の問題も無かったです。

背中のチューブ、懐かしいです。思い出しました。

じゃがさんの場合、麻酔に弱いから、本当に心配だったでしょうね。

全身麻酔は本当に一瞬で意識が無くなりますね。気付いたら、全部終わってベッドでした。あれは良く考えると怖いですw
Commented by jaguarmen_99 at 2015-04-09 16:43
■ れんとさま
俺はヘソに十字の傷を持つ…お前はこれに見覚えがあるはずだッ!
> 子どもの時、硬膜外(針を刺すのが痛かったのに!!)
そんな昔からあるんだ、この麻酔…Σ(゚Д゚;)そうそう、私の友人が髄液だかとるの痛かったって言ってて、この界隈は痛いに違いないと思ってたんですが、全然でした。医者のウデがよかったのかな。
> 金具を抜く時はそれでした。
確か下半身だけじゃありませんでした?術中気楽に音楽聴いてた覚えがあるんですが。
> 麻酔に弱いから、本当に心配だったでしょうね。
帰ってこないかも、というのを覚悟せねばならなかったので。でも結果的にはあそこプロ中のプロだから、町医者と混同しちゃいかんな、と。
> あれは良く考えると怖いですw
よく考えたらその間半分死んでるようなもんですよ?ゴルゴだったらやらないよ!て思うww

Commented by samuge-nikukyu at 2015-04-10 12:21
うおーーーー…未知の世界…!
麻酔が効かないわたしでも、さすがに効きそうです全身麻酔。

じゃがさんって、患部摘出はしなかったんですか?
わたし母のガン手術後に先生に呼ばれ、なんの説明も覚悟もなく、いきなりトレイに乗せた摘出部位を見せられたんですよ…。
むこうはそれで患者家族の反応を楽しんでた気がした…というのは被害妄想かもしれませんが、アレはないわ…。
Commented by れんと at 2015-04-11 07:59 x
> 確か下半身だけじゃありませんでした?術中気楽に音楽聴いてた覚えがあるんですが。

はい。看護師さんがそうしていいと言ったのですが、現場の人たちは知らなかったようですw でも、術中、好みでない音楽を聞かされるよりはよかったです。

気楽に聴いていたのですが、実は、麻酔薬を入れた直後に血圧が低下して意識が少し遠くなりました。すぐに麻酔医が気付いてくれて、大丈夫でしたが。
Commented by jaguarmen_99 at 2015-04-11 20:16
■ samuge-nikukyuさま
> 麻酔が効かないわたしでも、さすがに効きそうです全身麻酔。
麻酔科の皆さんは効かせることが目的っぽなのでガッツリ。
正直言って夢に昔の恋人(私はこの人は亡くなってると思っている)とか出て来たらどうしようとか思ったんですが、全然。現象としては気絶!起きた!というそれだけに終わりました。
> 患部摘出はしなかったんですか?
しました。ジップロックみたいな袋に入れられ、相方も見ています。確かにこっちは見せに来るという予告無かったっけ。
> なんの説明も覚悟もなく、いきなりトレイに乗せた摘出部位
コレ意味あんのかなぁ〜(|||__ __)もしかして執刀医と担当医が別なのかも知れません。だが無防備なところにコレは…見せられても「ずいぶん遠慮してますな」とか言えないし……
何のために生まれた慣習なのか…
Commented by jaguarmen_99 at 2015-04-11 20:27
■ れんとさま
> 看護師さんがそうしていいと言ったのですが、現場の人たちは知らなかったよう
ひどい温度差(爆)!!あの人たち、術中ゴルフの話とか普通にしてるらしいのに!
> 術中、好みでない音楽を聞かされるよりはよかったです。
今だったらA×Bとかあるんじゃろか?血圧上がっちゃう。
> 麻酔薬を入れた直後に血圧が低下して意識が少し遠く
……れんとさん、アナタも本当は麻酔にちょっと弱いのでは?この感覚、とっても既視感あるんですが。
Commented by れんと at 2015-04-11 20:47 x
> A×B

うひゃあ。それは絶対に嫌です。近頃、iPodを処分しちゃったんですが、次回のために残せばよかったかなw

> アナタも本当は麻酔にちょっと弱いのでは?

そうか、そうだったのか。言われて初めて気付きました。
Commented by jaguarmen_99 at 2015-04-15 16:08
■ れんとさま
> 近頃、iPodを処分しちゃったんですが
実際はケータイ持ち歩くより楽なんですけどねぇ…
> 言われて初めて気付きました。
気にさえしなければ、ということなんでしょうか。
いやいや、私こんな急に気分悪くなったら忘れないですよ!普通に麻酔のせいだよね、って思いますよね!?
Commented by れんと at 2015-04-15 19:28 x
> 普通に麻酔のせいだよね、って思いますよね!?

いやあ、なんかのん気な性格で、「うん、そんなこともあるね。とりあえず、復活して良かった」程度に思ってましたw もしかすると、脳も血圧低下の影響を受けてたのかも。。。怖いっすね。
Commented by jaguarmen_99 at 2015-04-17 23:32
■ れんとさま
> 脳も血圧低下の影響を受けてたのかも。。。怖いっすね。
手術時にオツムのネジもう一本追加していただいたほうが良かったのでは?
<< 入院から退院へのスケジュール。 入院や手術のお金のはなし。 >>