今年も胃カメラごっくんちょ。
簡単に申し上げて、素晴らしい誕生日を11月下旬に祝うため、こうした苦行が誕生日近くになりやすいわけです。血液検査などはそこから一週間ほどの猶予があるため、この一週間は間違いの無い安寧をもたらす。決してマゾヒスティックな自分へのプレゼントではありません。

何度も申し上げますが、胃カメラ、辛いんだ

麻酔無しでは!


ホント、毎回盛り上がるよ。私も病院も。『リラックスして』とかどうあっても無理だろ、と思うけど、病院側も不憫さにかける言葉が見つからないのであろう。まず看護士さんの話でも私と同じく麻酔に使うキシロカインが苦手、という方は世に一定数存在するらしく、簡単に言って普通の人より効き過ぎて何が起こるか分からないパルプンテ。私の経験上では恐らく1/3でOKということになりますが、こんなのどうしたって現場では私のセクシャリティ以上にマイノリティらしく
担当医との調整が必要になってきます。世の中にどうしてこんなに医者があって簡単に潰れないの?とお思いの皆様。余程の状況ではない限り

患者にとっては話が通じる相手が良い医者なのですよ。


だから十人十色から求められてる事は一律じゃないわけネー。語弊あるけど美容室と同じように乱立してもやってけるのは当人の自我と直結する市場があるからでしょうね。

経鼻鏡という鼻から入れる「負担が少ないらしい」タイプを選んでますが、やはりどうしても鼻奥から喉元を過ぎる辺りのミリッミリリッ!という痛みに近い不快感は何度やっても辛い。胃の動きを抑えるブスコパンに元々副作用を伴うもんでして、やっぱり数時間目の焦点が合わず、さらに日がな1日頭痛がするという副作用でまくり、とはいえあまりの真っ向勝負は辛い。看護士さんの話ではやはりキシロカインの量を軽減して様子見ながらやる事が殆どらしいんですが、この人によると今の先生は絶対に訊け!と強く言う人なんですが、前の勤め先ではこういう指導すら無かった、だからそういう人が居ると始めてココで知った、と胃カメラ前に告白されました。これはピロートークと呼んで良いのだろうか?恐らく1/3ぐらいで効きます、と伝えると『倒れたりしたら危なくないですか?』とその看護士さんから言われました。

私、去年の春に入院して全身麻酔したとき手術が決まった時と手術前日に『麻酔科からの説明』があって、当日と含め3回麻酔医に会ってるんですね。で、一番最初は穏やかだったけど2と3はちょっとハードめの方で。この時に部分麻酔が苦手だが、全身麻酔と何が違うの?人一倍不安に感じる、と話したら

『血液から入って来るのと肺からは違うよ。』

って言われたんですけど、肺から入っても血液で循環するんじゃね?とその時も思った、思ったけど私理科ダメで、当時MAX気弱×MAX自信ありそう!のコラボなんで頷くより無い。だが未だ何が違うのか分からない。本当に吸収の仕方は違うのか?早めに手術室に入ったのに何で起きるの予定時間より30分遅かったんだろう?

本当に健康診断やらをさらっとやり遂げて行ける奴らが羨ましい。ちくしょう、スマートじゃねえか。その後仕事に戻れるとかカッコ良すぎるぜ!

今年はトレールペーパーを頂きました。やっぱりズバーン!とアテにならない感じ!

取れないボールがあるものか!構えたミットが受け止めてくれぬ。いや、これがトレールペーパーが望んでる事なの?これが完成形なの?誰とも照らし合わせることのできない密室の出来事。

取れないボールもしょうがないよね!な感じ。

うぅ…今年も悪玉コレステ高めと出たあるよ………・。
初老の階段のぼる気分もう死んでれら、さ。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2016-12-06 23:20 | 日々どーでも | Comments(2)
Commented by れんと at 2016-12-08 05:56 x
毎年お疲れさまです。

そうか、看護師さんといえど、麻酔に弱い人が居ることを知らない人が居るものなんですね。学校で習わなかったとかなのかな。道理で、世の中、病院で人が良く死ぬ訳です。。。

血液から入って来るのと肺からは違うのか、僕も知りたいです。肺からだと、血に溶ける速度が少しゆっくりで、量も減る気はしますが。でも、水素水同様、最後は血液に溶けるんだから、効果は同じ気がw

じゃがさんでもコレステロールが指摘されるってことは、「何やっても無駄だし無関係じゃね?」と思うのですが、どうなんでしょうね。今は卵とか何個食べても問題ないってなってますし、単なる医療業界のマーケティング?
Commented by jaguarmen_99 at 2016-12-10 19:44
■ れんとさま
> 麻酔に弱い人が居ることを知らない人が居るものなんですね
学校で仮に教わってもどうなのかなぁ。
> 肺からだと、血に溶ける速度が少しゆっくりで、量も減る気はしますが。
と、私も思ったのですが数秒待たず落ちる事を考えるとこれまたかなり刺激的であることは間違いない。どういう理屈だったんだろう、ケムに巻かれたんですよね、私。
> 水素水同様、最後は血液に溶けるんだから、効果は同じ気がw
それ水にちゃんと溶けんの?というとこからの懐疑派でございます。その不安定な水素、どういう状態で水中に居られるんだろう。イオン化しているのか?なら水中にいられるのか?だったら水素吸った方が早くね?ああ、コラーゲンも一緒ですよねぇ!胃に入ったアミノ酸がどうやってまた潤いになるの?と。
> 今は卵とか何個食べても問題ないってなってますし、単なる医療業界のマーケティング?
んー、元々情報が錯綜しやすい分野ですし、マーケティングは多少あっても定着までは膨大な根拠が必要なのかと思うんです。確かに分別の門は気分でしかないけれど、業界で証明されていく根拠には時間がかかりますしね…。業界全体で見れば少なくとも僕ら昔よりすごく進化した最先端にいると思ってます。
<< 見たことあると思ったら。 役割ってやつね。 >>