7/15の文言。
人生やってますと火事って見た記憶がいくつかあるんですが、皆様どのぐらいご覧になったことが?

私ですか、ンー、都会にいるときは1回。これが生まれて初めて見る火事でした。島に来てからは、かれこれ5回ぐらい見てるかなぁ。とはいっても炎を見たのは都会で見たそれだけ。

今日けたたましいサイレンとともに消防の特殊工作車と支援車が目の前を通り過ぎました。観光のメッカでもあり渋滞必然の目抜き通りでしたんで、妙な所を通るもんだと思ったのですが振り返ると猛烈な黒煙が空へと吹き上がっているではあーりませんか。

『相方くん(名前ね)!!』
ミーアキャットのように危険信号から警戒を促すも、一旦引いて、しかし行けそうだってことで野次馬に行く(※爆発などの可能性もあるので日本全国でまったく推奨されません)。目抜き通りゆえ交通封鎖も少々後手に回る。混雑していた歩行者は案外物わかりも良くそれ以上の混乱無し。私の後ろでは目の前で黒煙上がってて消防隊がどんどん大規模になるのを見ておきながら観光客が国際通り見に来たのにぃ!と。修羅の国からでもいらしたんだろうか?

これですね。幸いけが人も無かったようです。

前述したように私は都会で見た火事が初めてでした。車でたまたま通りかかった知らない店の何て呼ぶのか、フロント部分の突き出したビニール屋根が煙と炎をあげて燃えていたんです。消防!公衆電話!と私はすぐに叫んだのですが同乗者の「もう誰か通報してるよ。」にかき消されました。しかし燃える様子には興味があったのか、彼は車を止めて燃えるのを見つめていた。サイレンも聞こえてこない。私はもう一度通報しようと言った。すると彼は「ほら、あっちの車も見てるじゃん。あっちが通報してるでしょ。」

私の親はゴミをたき火で燃やすのに凝っていた時期がありまして、炎を見慣れていないかといえばそうでも無いでしょう。が、私がそれまで目にして来たたき火の炎や大晦日からの初詣に眺める炎、それらがいかに人の管理のもとにあったのかとこの時思い知らされたのです。火事として見つめる炎はまったく整然さも持たず、ただ好きなように広がる禍々しさに恐怖しか感じ得なかった。
そして私め格好つけて長髪だった時期があるんですけど、バイト先の厨房でうっかり髪に火がついたことがあるんです。びっくりするほど火って足が速いんですよ。自分で消せましたが厨房に1人でしたんで、もし自分に水ですぐ消すという手段が備わっていなかったらどうなっていたかと思うと怖い。

今の私であれば見れば逡巡なく通報してると思います。ほかの誰かが通報してるよ、などと言われるならば、重なるならそれだけ大事(おおごと)なんだと言い切るでしょう。火をコントロールしがたい、という経験は身近なようでいて、掘り下げると実はなかなか無いのかも知れません。

辺りには燃やしちゃいけないモノが燃えたニオイが立ちこめていました。降り出した雨のなか、真っ黒い煙は消防隊が到着して20分ぐらいでだんだん薄くなり白に近くなりました。うわあ、これ消防隊が裏から入れないタイプのとこだったのね…(左のビルだと思ってたよ…)

そして大人として火事は恐ろしい!にはもうひとつ、この後どうなんの?という。火災保険とか大事だよな…。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2017-07-15 23:33 | 日々どーでも | Comments(8)
Commented by れんと at 2017-07-16 06:33 x
じゃがさーん、だめですよー。小学校で「野次馬はいけない」って習ったじゃないですか―w 「江戸の華」っていうだけあるから、東京出身のじゃがさんは好きなんでしょうかね。

それはともかく、僕は見に行かないですね。やっぱり、人混みが嫌いなんでしょうね。そのせいか、生の火事を見たことはほとんどない気がします。ただ、学生の頃、アパートの大家の子どもが火遊びして、使ってなかった棟を全燃させたことがありました。帰ったら黒焦げでしたよ。消防車も来てたかな。マジで危なかったです。
Commented by jaguarmen_99 at 2017-07-17 15:42
■ れんとさま
> 小学校で「野次馬はいけない」って習ったじゃないですか―w
うん!習った!間違いなく!!!
> そのせいか、生の火事を見たことはほとんどない気がします。
あれっ??…もしかして、私は逆にあの燃え盛る理不尽な炎を観たくて、なのか。自分に関わりない火を…うん、そうだな、正直言って。
> アパートの大家の子どもが火遊びして、使ってなかった棟を全燃させたことがありました。帰ったら黒焦げでした
大家何も言えねー!家無ぇー!!ギリギリ危ないじゃないですかコレ!!しかし学生時代の独り暮らし、楽しそうですねぇ。大学でしょうか。私は家を出たものの2人ぐらしでしたので、自由さと理不尽さを1人で見つめるという暮らしはちょっと憧れます。
Commented by れんと at 2017-07-17 20:13 x
はい、大学の時でした。じゃがさんは、意外に一人暮らしをされたことがなかったんですね。

僕は、窮屈でストレス満載の実家(と田舎暮らし)から早く出たかったので、自由でやりたい放題で楽しかったです。が、まさに、おっしゃるとおり、「自由さと理不尽さ」だったように思います。それまで親がしてくれていたことで知らないことが多く(要は、常識がなかった)、さまざまな苦労をしました。それで、いろいろ理不尽な扱い(要は、経験がないのをいいことに、うまくあしらわれた)をされたように思います。

なので、今となっては、もう一回はしたくないっすねw
Commented by kanimiso-moreko at 2017-07-20 13:52
>バイト先の厨房でうっかり髪に火がついたことがあるんです
ギャッ!怖い!髪の毛燃えると臭いですよね!?
友達(女)が1年程前に、泥酔して家で目が覚めたら髪の毛30センチくらい(&手と顔がちょっとヤケド)燃えてなくなってた事件ありました…。
残骸から察するに、帰宅してから燃えたらしい。
煙草吸わないし自炊もしない子なんで、Xファイル的な自然発火じゃね…?という結論に達したんですけど、今でも謎…(笑)

小学生の頃、ウチの5軒隣が全焼しました。
小学校の校庭から炎が見えて「火事だ!見にいこうぜ!」って走ってったら、うちの5軒隣だったという…。
しかもその家、全焼したの2回目なんですよ…。
建て直した家が再び燃えたらしい。
2回とも隣家からの貰い火でしたけど、なんかあるんかな…と思ってしまう。
Commented by jaguarmen_99 at 2017-09-02 17:26
■ れんとさま
> 意外に一人暮らしをされたことがなかったんですね。
あっ、思い返したら有りました。ただ、人生全体からするとすごく短い期間でした。それ以前にカネを稼ぐ以外の暮らす最低限スキルは持っていたので、れんとさんとは逆にいざ独り暮らし!となっても凄いシャッキリ張り切っちゃって(笑)。休みだから布団干すか!とか全然謳歌してなかった。もっと厳しさをここで知る!という松本零士の世界みたいな独り暮らしがしたかった…。
> いろいろ理不尽な扱い
これって今きっと対岸にいることになるんだろうと思うんですが、自分が若いコに同じ事をすると思われますか?私は結構あの時絡まれたのは人間愛もいちおう有ったんだな、と思い返す細かい事とか有りますよ。
Commented by jaguarmen_99 at 2017-09-02 17:32
■ kanimiso-morekoさま
> Xファイル的な自然発火じゃね…?という結論に達したんですけど
おっ…まっ………中年なると酒の呑み方変わらないまま酔い方がもう危ない感じになるからな?!しかし怖ぇ………。君ら都会人だからここまで泥酔OKってデフォかも知れないけど、何が起こるかワカラン田舎にいたらこれやらなくなるからな!
> 「火事だ!見にいこうぜ!」
親御さん誘ったの?
> 2回とも隣家からの貰い火でしたけど、なんかあるんかな…
隣家が同じならヤヴァイ匂いがするぜえ、と私も思う。
Commented by れんと at 2017-09-02 20:50 x
> 自分が若いコに同じ事をすると思われますか?

いやあ、良かれと思ってしたこともあったのですが、全く効果がなくて、もうしないことにしました。やっぱり、自分で気づかないと意味ないと思うのです。

ただ、おっしゃるとおり、ほとんど効果ないことを気付いていながら、それでも指摘してくれたりする方は、やっぱり人間愛があるんでしょうね。そういう方は、尊敬します。
Commented by jaguarmen_99 at 2017-09-04 17:07
■ れんとさま
> やっぱり、自分で気づかないと意味ないと思うのです。
まさしく、とは思う。思うんですが、気づくことと得る結論ってやっぱり別でもしょーがないわな、と。ここが我慢できるかどうかかも。
> ほとんど効果ないことを気付いていながら、それでも指摘してくれたりする方は、やっぱり人間愛があるんでしょうね
もちろん、ただ自我をぶつけたい幼い人もたくさん居たと思うんです。その中に意見は違うけれど真剣に心配して言ってくれた人も幾人かいる。黙ってやり過ごすことができただろうに、という気持ちが分かる気がします。俺はこんなだ、お前はどんなだ、って要所でイーブンに言える人は尊敬に値する人だったな、と思い返す。その時、今まで気にも留めてなかった人の顔が浮かんだりします。なーんだ、あの人、いちばん強かったんだ、って。
<< ツール・ド・フランス。幸福の黄... 日曜はN市議選ですよ。 >>