ぼ、亡命?湧いて降る英単語たち。
つごう上、ここ数日やたら英語で書いたり話さねばならず、かといって私はよくある未満の一般市民なので Facebook なみにスキルのサバを読むどころか、毎度のことながら大変疲弊してしまい「疲れんだよ。」これを拙い英語で伝えたところ

ワカルー!みたいな


ことを英語で言われて、だいたいお前ら日本語で話してねーじゃん!ざけんなよ!と英語で叫ぶという、なにかしら、もっとエグるように罵倒するスキルが無いこともまた悲しいのだけれど。

さて、まあそれはともかくとしてたまーに新しい単語をブチ込まれ、へえ、と。exiled と言われて調べたらアイドルユニットが検索上位にわっと並んで、こりゃいかんと検索に exile 意味 と入れ直すと

亡命


直前にアイドルユニットマンセーを見てるのでこの人たちナニ、どこに亡命したいの???と不安をかき立てられ、きっと他に意味があるのだろう、と命名の由来も見てみたらやっぱり放浪者という意味らしく意味はわかるが意図が分からぬ、という軽い錯乱をおぼえております。

まあそれはさておき、passive agressive という単語というか言い回しを初めて聞きました。
共通の知人が時に私を大きく振り回してくれることを嘆くと、あの人は passive agressive だと言われたのです。調べたら受動的攻撃行動という学術的な雰囲気の項目が出て来ました。くだんの共通知人を介したほかの外国人に あの人は passive agressive だと教わった、たしかに自分はそうだと思う。これ合ってる?と訊くと、ああ、そうだな、そんな感じだよなー、と言われました。

私はよく流行とか早いペースの世事に疎いところがあるので、日本人にも訊ねるに誰もが知らん!とのこと。確かに私も全く知らなかったからなぁ。受ける感覚の名称なんだろうか???だが、どうも概念の要領を得ないところがあり、バイリンガルに訊ねてみると『陰湿?』と一言。いやまあ、ソレ最終的に合ってんだろね、って私も思うけどww、他のピッタリな言いまわしって無いのだろうか?いわゆる『かまってちゃん』はどうだろう?

しかし字面だけでは何とも言えず『かまってちゃん』は他にも複雑な様式を内包しているようにも見えます。受動的攻撃行動は人間誰しもが原理として内包している、だがこれが特徴的な性格として出て来ると面倒だ、という話なのです。でも私の狭い交友範囲ながら英語圏の人には全員、一発で通じたんですよ。で、皆あぁ、まあ、うーん、っていう顔をする。いやまて、そこまで問題児を指すのか?????
これ、いったい日本語で言うと何ていうのが合っているんだろう???
[PR]
by jaguarmen_99 | 2017-11-11 19:24 | 日々どーでも | Comments(4)
Commented by れんと at 2017-11-12 10:26 x
どうもうまい言い方が思いつかないのですが、さっき、「鬱陶しい」とか「うざい」かなあと思いました。「陰湿」に近いですかね。

ところで、受動的攻撃行動のWikipediaの診断基準は、昔の僕だったら(今も?)結構当てはまったのですが・・・w
Commented by jaguarmen_99 at 2017-11-12 14:05
■ れんとさま
> さっき、「鬱陶しい」とか「うざい」かなあと思いました。
実はメンドクセーとかウゼー、という口頭表現も教わったのですが、こちらはどうにもできない事へのイラつき自体を指しているんです。知人が言う「陰湿」は最終的に受け手側はそう感じますが、当人そのものを描写すると日本語的には『あの人は常に安全圏から人をコントロールしようとする』が相当するのかと思います。でもそういう人を一発で言い当てる単語が日本語に見つからない。これは恐らく日本では大変ポピュラーだからなのかと。うーん、依存体質とかも浮かんだけどちょっと違うのかな、って。難しいでしょ?
> 昔の僕だったら(今も?)結構当てはまったのですが・・・w
私もそうですよw昔のほうが根が暗かったなぁ、って思うもん(爆)。加齢って悪いことばかりでも無くて。もちろんこれは誰もが内包する性質ではあるそうです。
Commented by れんと at 2017-11-12 20:03 x
本題からは外れますが、某グループExileの意味、僕はずっと、リンク先にもある、「出エジプト記」の「脱出」だろうと思っていたのですが、そんなことはなさそうで、結構がっかりしましたw 「だったら止めとけ」って言いたいです。

> 「囚われの身からの脱出行」という意味があるそうですが、これは本人たちからは語られていないので、考え過ぎかもしれません。
Commented by jaguarmen_99 at 2017-11-18 20:25
■ れんとさま
> 「出エジプト記」の「脱出」だろうと思っていたのですが、そんなことはなさそうで、結構がっかり
逆説的だけど、どこかの縛りから抜け出るという時点ではヒーローだけど、その後その人たちはやはり集団を形成してルールを作って行く。脱出イコール全てが素晴らしいかというと鳥瞰では同じ流れとしか言えず、アウトサイダーのかっこよさってその刹那だけじゃないようにも考えます。脱出=自身の何かに抗い矜持を持つ、かなぁ。でも世間の大半ってなかなか外れないし、評価されるアウトサイダーってむしろ戻る場所があるケースなんですよねぇ。
>>> 「囚われの身からの脱出行」という意味があるそうですが、これは本人たちからは語られていないので、考え過ぎかもしれません。
当人達としては explorer 的なポジションを言い表したかったのだと思いますしモーゼが海を割るイメージなんだろうと。新しい事やってやるぜ、という意気込みは感じ得ますがジャニー×とか同じ感じで私らあんまし疑問に感じてないんだよなぁ。
<< 今年も検診。 レンタカーでドライブ。 >>