【荷風になりたい】を読みました。
【荷風になりたい/原作;倉科遼、画;ケン月影】を読みました。

感想

お、汚おお…


こちらでは『オス教養マンガ』とのご紹介でして想定している辺りはワカランでも無いのですが、なんたって作画のケン月影先生が御年80ほど、漢字で漫画と呼ぶにふさわしひであらう。倉科僚氏は元「司敬」ですね。随分昔にゴラクとかに描いてた憶えがあります。

昭和官能系よろしくファンタジーな物語なんか全然無い。そして出て来る女性は色気が凄いが艶がなくて、一律同じ感じ。体型と目つきが全員同じだったりするんですよ。結局金が尽きない女好きの荷風があれこれ舌なめずりをしては囲っては離れ、という繰り返しに。せっかくのビッグコミック=大型出版社なので、もっと話を膨らませてくれても良かったかと思う。

荷風が若い序盤は良いんですが、戦後焼けだされて後ぐらいから何と申しますか、ボケも入って来た前歯の無い老人が我が儘放題という絵面になってきて、この辺から特有の口臭すら生々しく臭って来る気すらしてきます。これが絵面的にも辛い。
悪たれ巨人、銀牙などでおなじみの高橋よしひろ氏はどんな衣類も(故)PL学園野球部か!っていうぐらいスキニーに見せてしまうという個性が有るのですが、御大にかかると何故か全てが対極。ルーズな Talking Heads 時代のデヴィッド・バーンみたいな感じに。カラー頁ではスーツを黄色で塗られちゃったりとかして、バブル臭漂うんだよなぁ。

壮絶な最終回は前歯の無いだらしない感じの老人が2人向き合うという読者から見ると粋なんだか何だか分からない印象にまとめられて、悪いんだけどもう口臭しかしてこなかった。色事と花街にしか興味がない人と私のようなそれらに全く興味が無い人との温度差がマンガというツールを持ってしても角をとってくれないという不思議。ビッグコミック誌上ではほぼ真ん中に有ったんで人気はそれなりに有ったのかな。昨今のエロマンガもちゃんと読んだ事有るんですけれど、私はマンガ温室育ちなんだと思いましたよ。いまどき漢サザエさんみたいな。

さて、私は著名な小説家だという永井荷風を読んだ事がありませんが独り亡くなっていたとか。
こちらの方も仰るように当人本懐の「今で言えば孤独死」にあたるのでしょう。

私の知人は孤独死していました。生前から随分横柄に生きていた人で、気まぐれに優しい面を見せる事も有りましたが、私が接していた部分でもほぼ80%人との関係に優劣をつけることに終始しておられ、既にご近所でもキの字として名を馳せていましたので、人々がこの人を避けて行くのは至極当然のことでした。元のご家族、ご兄弟も距離を取っていたほどに。そのうち持病を抱え、ある日独りで亡くなっていました。私ですら知ったのは1年後です。

彼を知る人達は皆訃報を知って「好きに生きた筈だ。満足だろう。」と評しました。
彼と遠巻きな距離しか無い人たちは「彼は寂しかったんだ、なぜ皆が寄り添わなかったんだ。」と言いました。

でも私は自分が関わらずに「助けてやりなよ。」と無責任に言う人たちが居ることを知っている。私にわかるのは、もし彼を助けようとする人が居たとしても、結局彼はそれを使えるモノとして考えるだけだろうと思う。やっぱり自分中心に生きただろう。で、やっぱりり末期を迎えても、彼には後悔なんてさほどなかったんじゃないかと思う。究極の身勝手とは自分自身にだけ責任を負っていて、他のことは擦り合わせなど関係無く口八丁だからだ。そういう意味で永井荷風はとても身勝手で、しかし自分の人生だけにフォーカスして全うしたのかもしれないね。死を恐れず、常に死を思い今日を派手にしてやろうと思うことは自然な延長線上だと思う。

私はついつい自分だけの人生だと考えきれない。そういう意味では荷風的な生き方には憧れるけれど死がリセットだと思い込めるだろうか。こういう価値観を共有できないとオスの教科書は読み切れないような。

凡人の私としては、こんな年老いてワーワー我が儘ばっかり言いたく無いよう。関わった人にこそ悪く言われたくないよう、と小心ゆえ思ってしまうのですよねぇ。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-13 22:32 | 世界遺産的マンガ&BOOKS | Comments(1)
今日はツイてます!
本日『那覇大綱引き= 那覇まつり』です。那覇まつり、じたいは明日まで続きます。旗頭(はたがしら)観に行った(※ ほぼ恒例ら17,000円で買ったサングラスを無くしてさらにガムを踏んづけました。祭りだというのに、今日はとっても憑(つ)いてましたヨ!あれやこれやと友人を1日中連れ回して振り回して8月に東京で買ったサングラスがたった2ヶ月で別れを迎えようとは思いもよりませんでした。サングラスに関しては徹底的に自分が原因なので自分の愚かさを噛み締めることにいたしますが、ガムをそこらに吐き出す習慣の無い私としては怒りを呪いに昇華させたい次第です。仏罰でも当れ。だってそうでもなければ、せめて世界を回す俺の善意がしぼんでしまう。

Blue Giant Suprime(2)@石塚真一 この人の漫画の登場人物はみんな自律しててカッコイイ


ところでまあ「話せばわかる」なんて言われると赤面しちゃう黒魔導士の私なので、色んな人が世界を回したいと思っていても元の価値観が違い過ぎてお話にすらならないなんて良くある話。今日も旗頭を見物に行くと隣りに陣取っていたおっさまが酷い目に。

始めにモノを置いて人が居ると示したつもりでどこかに行く。

(1)中国人観光客に占領され、そこは俺の場所だと主張。そのルール、劇場でも無い場所で国際的に通るのかな?と思ったが、向こうが引く。たぶん本国ではなく、良く下調べしている台湾人。私的にはこれはOK。おっさんも間違いでは無い。

(2)パレード始まる。すると三十路カメラマン気取りがおっさまに声もかけずすぐ隣りに登ってカシャー!!カシャー!!カップルぐらい近い。2人って知り合いなの?と思うぐらい近いんだけど、どうやら知らないらしくおっさん不満気だが耐える。いや、何も言わないで誰かのテリトリーに近接どころか侵入してるぞ。台に登った先に靴はおっさんの顔先にある。おっさまどうして黙ってんだ!さっきと同じく言っていいんだぜ、むしろさっきよりガー言っていいんだぜ!

(3)さらに観光客の女性2人「きゃあ、いいとこに来たかもぉ!」と地べたに座って自撮り開始。なぜかおっさまの足下スペースに寄りかかる。おっさん、硬直。言ったほうがいいぜ、とさすがに目配せしたがおっさま言えず。言えよ!あんたさっきからナメられてんだぜ?ダスキンモップの霊でも憑いているのか?しっかりしろ、お前は出来る子だった(1)じゃないか!

世界と社会が合致し始めるとき、若かった私は多くの大人がわざと黙っていてくれていたのだと知った。
そして感情的に私を叱った人たちは、曲がりなりにも私を愛しくは感じてくれていたのだと知った。辛抱だけでは世界が回らないような。話しても分からない人がいる、の1人になるのもまた愛のような気もします。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-08 18:06 | 日々どーでも | Comments(2)
10/4の文言。
足のケガが長引いてまして、やっとこ痛みが引きました。ひと月ぐらいかかるんじゃない?という医者の予言通りでございました。今も長く立ってたり歩いたりすると痛いです。

ここまで週イチで整形外科に行って、テーピングで固定してもらっていました。保険が利くのは週1回だそーな。こういうのは固定するのが一番いいよ、とドクターに言われて素直に従ってましたが、テーピングってこんなに凄いんだ…サポーターも持っていましたがヘタに捻らないという固い安心感が常に在り、プロが巻いてくれる初めてのテーピングに驚きを禁じ得ません。

子供の頃の憧れって眼鏡、ギプスとか。

実際どっちも手に入れてしまうと哀しみの結果だとしか言えないのですが、そして。ギプスではないんですけど、大げさに巻いたテーピングもやっぱり何日もそのまま、でして。長年の疑問がいま私の目の前に。

数日間巻いたテーピングでさえ外してみると…

くっさぁあああーー!


汗くさい、とはまた違う、うぅ、ナニ、このニオイ。垢臭い、と相方は眉をひそめていたので、外したテーピングをヤツのバッグに入れておいたら綺麗なキックをくらいましたよ。ケガ人の足蹴る度胸も沖縄ー東京間の文化差を表していてグローバルって素晴らしいデスネ!垢臭いって、ホームレスの人のソレ?と訊くとそうではないと仰る。相方は垢のニオイを堪能しつつジャンル分けしてるんでしょうか?

やっとこさ普通に動かし始めることができそうです。
眼鏡もギプスも、もう憧れない。新しい老眼鏡が必要ではないかと思う今日このごろでは。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-04 19:57 | 日々どーでも | Comments(4)
告知のガイドラインってあるんだろうか?
相方と時々答えをすりあわせするのが

闘病前提の病気したら告知する?

答:する


理由はものすごく簡単で本当は聞きたく無いかも知れないんだけどもう1人の顔色から知る方がイヤ、という話。2人とも隠し事が苦手なタイプなので相手の闘病を支える前に消耗してしまいます。共に居られる時間がものすごく少ない、という状況下なら判断は違うかも知れませんが、これが今の2人の結論です。

とても長い闘病の末、過日亡くなった友人は会うといつも笑ってるような人で、ご遺族の話では家でもそうだったのだと云う。弔問帰りの車の中で友人とそんな崇高な事が自分たちに出来るだろうか、と苦笑いしてしまった。

だから私はもし告知を受けて、いつか生きる望みが叶わなくなる日が来てしまうまでそりゃあ相方に八つ当たりしたり鬱ったり、あさましいお人柄をむき出しにするのだろうが、巻き込んでしまう相手に出来る事といえば辛い嘘はつかせない事ぐらいしか無さそう。

さて、何で告知について考えたかといえば前述の故人に加え、身の回りに認知症の告知を問われるシーンがちょっと続いたせいです。過日帰京した折、どうも父がそれっぽい。専門医に行け!と慌てて行かせたんですけど、恥ずかしながら私めこの時点までこういうのは割とすぐ告知されるものだと思っていた。でも診療の現場ってそうではないんですね。よくよく考えれば特に当事者にとっては繊細な問題だと想像するのは易いことだったはずなのですが。そして父は既に立派な長生きさんなので、心配事を増やすだけでまず告知じたいにあまり意味が無い。語弊あるけど病気云々のまえに既に神が用意したゴールが皆にもある程度見えているのが前提ゆえ、告知といっても家族だけがいくばくかの辛抱の根拠として知ってけば良い、という受け止め方になってきます。

それにしても我が母よ。もともと人が凹んだり辛い時になぜか冷たい人なんですけど、恐らく認知症からくるあり得ない話に本気になって怒ってる母が怖い。父は自分に少し違和感も感じているので、こんなに苦しいのに分かってくれないと母につっかかる。母逆上。哀れな父よ。愛ってナニ???少なくとも遺伝関係無いな(笑)。
また同時期にもっと若い知人が同じケースにあり、当事者の性格からこちらはできれば告知したいけれどできそうになくて迷うパターン。でもこれってハタからそう思ってるだけで当人の芯の強さなんて誰が判断できるんだろう。

かような反面教師やら身近な例もありウチは言うのが互いの尊厳のためだろう、という結論に至りました。共に在るなかできるだけ相手がその人であるように、それが一方的な辛抱ではないように。まあ、これも今元気だから言う理想論なのかもしれませんが。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-04 13:01 | 日々どーでも | Comments(0)
10/2の文言。
亡くなった友人の名前をアドレス帳から消しました。秋空にちょっとほろ苦い感じがします。

というわけで話題はちと下世話なんだけれど、こういう時に大変困るのが香典の額でございまして。

<参考>
香典の金額の相場

と、いうのも私め島暮らしが長いけれど永遠のヨソモノでございます。こうしたセレモニーに慣れていないことに加え地域差が大き過ぎてですね。なんつーかこの島だと友達でも 1,000円とかフツーなもんでして。あ、いや、これには理由もあります。ちょっと前までは告別式以降七七忌に併せて幾度か訪れることになり、結果としてかなり親しいと回数に比例してチョコチョコお持ちする形になり、5,000円ぐらいになる。するとこれは本土とあまり変わらないのか、
ところが、だ。時代と共に昨今の沖縄では本土と同じく四十九日を告別式とまとめる事が多くなりました。すると始めからまとめた金額を出すことになるんですがここが微妙なところでして割と親しいのに 1,000円でいいと思う人と殆ど知らない人だけどお義理で 1,000円出す人が混在してくるんですね。このバラツキにより親交度を表しづらくなってきたんですよ。おまけに私の知る限りでも四半世紀前と比べれば沖縄も相当リッチな感じ。経済の相場からして親交があった故人に 1,000円は絶対的に心苦しい!ああしかし!相手にご遺族に気を遣わせたり、同じような親交の深さの他目上の方の面子を安直につぶすわけにもいかず。うまく横並びするよう調整していかなくてはならない!

<参考2>
ローカルネタ香典の金額の目安

そして結果として故人が亡くなったばかりだというのに『いくら入れんの?!』と毎回大声で話すことになるのヨ(苦笑)。でもたぶん故人もそうだったと思うので、笑ってくれていると思う。

仲間内で弔問に出かけ、家が分からず珍道中。顔を見るかと言われ、これで別れならばと一瞬思ったけれど。遺影はふっくらととても元気そうな写真。闘病で分からぬほど痩せてしまったと訊く。きっと故人だって見せたくないだろう。思い出のまま出発してもらいますとご遺族に断る。

不思議にまた会えそうな気がして悲しいんだけどそれが寂しさで済んでいるのは故人の人徳なのか、私の寄る年波のなせる業なのか。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-02 11:39 | 日々どーでも | Comments(0)