カテゴリ:小粋に遊んでみたいのです( 29 )
【リンカーン弁護士】観て来ました。
【リンカーン弁護士】観て来ました。

高級車リンカーンをビジネスオフィスに、ちょっとスレスレの各所取引をしながらスレスレの依頼人たちを弁護する。そう、彼は

リンカーン弁護士 !!!


って、このタイトルよー015.gif。邦題とのスキマに生まれた、だだだだダセェ!感があるのですが邦題に騙されてはもったいない。面白く観てしまいました。マンガ「ギャラリー・フェイク」に似た、王道にはいないが強かで魅力ある主人公です。

前リンク先のクローラー中の娘がリンカーンに同乗して「パパのオフィスね!」などというくだりは無かったので私が観たのは、あるいは土曜ロードショーなみにチョコチョコとカットされている可能性も高い。

チョロいもうけ話だ、と持ちかけられた弁護話は、実は弁護士の秘匿権を利用した仕組まれた罠。
そして、過去の弁護案件との接点を見いだした主人公は、自身が大きな過ちを犯していたことに気づく。
正義とは何なのか、純粋な悪意とは、良心とは何なのか?!

世界観が混雑してくると、さらにこうした感情の定義はこれから多く語られることだと思います。日本の情勢はまさしくそれに当たっていると思う。何らかの名のもとに我々の良心と誠意はこうだ、と言えても、相手には全く通じないというあたりに良く似ている。2時間、意外にも我を忘れて観てしまいました。これは死にフラグだろ!と興奮してみたり013.gif

以下、ネタバレ
[PR]
by jaguarmen_99 | 2012-08-25 20:17 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(4)
海外に行ってきました(2)旅路編その1
初めての海外旅行に緊張のあまりはしゃぐ我々でした。国際便といったらきっと「周囲が全部異国の人」になるのだろう。そう思えば、漫然と暮らしてる人間にはちょいと覚悟ってもんが必要じゃないですか037.gif。国際便に乗る前に成田に前泊なので、成田へ移動して、そして翌日は・・・。

甘い!


ありがたいことに沖縄ー成田間の直行便が出てるのでそれを利用したのですが、沖縄ー成田間のANA(全日空:以下表記はANA=何度でも言いますが我が家は義妹の件で猛烈に世話をかけたので、航空会社はムリしてもANAという鉄則)はアメリカ系の航空会社と路線提携しているらしい→当人たちの覚悟がともなわないままいきなり異国情緒しかない飛行機に乗ることに。たしか兵隊さんは基地間をはこぶあの武骨な輸送機で帰ると、どこであれ1,000円ぐらいで帰れる(ただし横座りかつ居住性は求めてはならない)と15年ぐらい前に聞いた記憶があるんですすが、家が基地から遠い人や家族がある方は普通に旅客機で帰るんだなぁ・・005.gif(しみじみ)。別に機内で弁舌ぶつわけじゃないんだけど、なかなか緊張した。それに英語で大騒ぎとかするのかな・・・と不安に思ってたらハッキリ言って今まで乗った国内便よりダントツに彼らはマナーいいです。
国際便もなかなかマナーがよく、実際98%が日本人だったので旅行前の覚悟からするとむしろ拍子抜け。少ないながら幾ばくかフランスの方はおられたが、隣に座ったフランス人家族の子供達は、ねぇ、ママおなかすいた、これ頼んで食べてもいい?(フランス語)→つるつる。つるつるっ。

・・・家族でラーメンか・・・。046.gif

おくちに合うのだろうか。さらに泥酔したフランス人がスチュワーデスに両脇を抱えられ通路を引きずられて行きます。カオスです。(後でトイレに立ったら彼は真っ青になって床に転がってた)

さて、時間が前後しますが那覇から成田へ、の出だしに話を戻します。私は乗り物酔い防止にここ暫くでんぐり返って参りました。いつしか30デングリ@dayまでの成長を見せましたが、7年ぶりの飛行機は軽く酔ってるような。那覇から3時間ほどで成田国際空港へ。
b0046213_19291969.jpg


あれ?何と申しますか。千葉県の方には申し訳無いのですが。

こんなにイナカ風光明媚だった?


明らかに出立元の那覇空港周辺がメガロポリスに見える対比を感じる。私は在京でしたから友人を見送ったりと、成田空港じたいは幾度も見ている自信があるし、当然7年前にも見たはずなのに、まるで初めて見る景色だ。こんなに畑(田んぼ?)ばっかりだったかなぁ?高揚しすぎなのか?

相方025.gif だってこっち(滑走路側)から来てないでしょ?

おお。それだよ!まさしく!

成田空港に着くと屈強な兵隊さんたちはここからすぐに乗り継ぎらしい。既にオエエー020.gif。だっ、大事にな? Guys 。さて我々は成田空港からバスでホテルへ(めぼしいホテルを回る周回バスが外の停留所から出ています。16番だったかな?)。たぶん一番安いから、という理由でホテルはこれまた7年前にお世話になった成田Gホテルへ。近づくにつれますます7年前が思い起こされます。そうそう、暗闇にぽつんと有ったレンタカー屋・・・街灯も無いなか迷い着いた火葬場・・・(事情が事情なだけに)凹んだっけー・・・。そして真向かいにサンタがいっぱいついてるクリスマスとかいう名のラブホテルが・・・。

(全く)お変わりなく何より。


b0046213_19581594.jpg

あのラブホまだあるんだ?!005.gif7年前に見た時はこの界隈だけがと近視眼的に感じてたんですが、なるほど上から全体を見ると空港周辺全体が畑だか田んぼだかなのか。実は行き先のシャルル・ド・ゴール空港もこんな畑だかの中でした。国際空港ってこんなものなのかな??009.gif


(3)へ続く
[PR]
by jaguarmen_99 | 2011-09-19 16:20 | 小粋に遊んでみたいのです
海外に行って来ました(1)
沖縄から東京タワー見物に行ってきました。
b0046213_23314138.jpg

Rさま当たとぉさ(=当たっている、正解じゃないか、という沖縄方言)。NRTというだけで何でワカルの?と思って後で調べたら、ああ、なるほど関空からは出て無いんですね009.gif
良く知ってるなぁ、と感心しきり。行く本人が知らないというのに012.gif

行き先はフランス

パリに行って来ました。


初めての海外旅行ですが、決して突発的に決めたわけではなく、我々2人籍を入れてよりずっと計画を練って来ました。パリに行くのだ、と周囲にこぼすとほぼ90%は→いいなぁ、羨ましい、という世辞的ごあいさつを拝聴し、さらにアレコレドコソコがいい、というお薦めを頂戴する。が、申し訳ないのだが、我々の最大の目的は【ルーブル美術館】。テレビでちょろっとは見るけれど、ホンモノを眺めたら違うのかな?美しいってホントかな?世界に名を馳せる美術館ってどんなものなんだろう?

もちろんあちこち行ってみたい気持ちは有ったんですが、移動を繰り返して思い出の大半が車窓からだなんていうのは本末転倒だと考えました。なぜって、実は昨年の夏休みのバスツアー参加はその予行演習&下調べ。どうしても印象が良く無かったのでやはり団体ツアーは避けることにします。さらに【ルーブル美術館】は1日では回りきれないと情報を得たので、ルーブルを見る事に専念したい。よって初めての海外旅行のくせに



フリーステイプランを選択 > さらに好みの半日ツアーを選択して個別に申し込む



ことに。パリ市内にずっとステイし、滞在を全て半日ツアーと【ルーブル美術館】見学に当てました。ゆとりがありそうでいて結果としてセセコマしい日々になりましたが、満足しています。初心者でも大丈夫だった!そしてもう一つ、私たち2人はここ1年強、ずっとフランス語を学ぶ努力を少しずつ重ねて来ました。これはホント。このあたりで何で唐突にそんな話?といぶかったスルドイ方もおられると思います。これは私たちがフリーステイプランを選択するなら、ある程度のコミュニケーションは必須と考えたためです。

b0046213_19314958.jpg


さてさて、色んなことに出逢いました。ある意味満喫。
到着直後からロストバゲージの危機。

海外、初めてだっつーのに。


次は飛行機の席についてお話したい次第です。

なお、長い話になるのでいつもコメントを頂戴している方にはご面倒をおかけしたくない。
よってコメ不可としました。長編を終えて気が向かれたらコメ頂戴したい所存です。
予定としては「海外に初めていく食いしん坊ちゃん」は

・旅について
■ @パリ
・ルーブル
・朝市
・食いもん

・総評

でまとめたいと思っています。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2011-09-09 19:40 | 小粋に遊んでみたいのです
2010年夏休みはバスツアーだぜい(最終回)。

5. 玉泉洞おきなわワールド見学


やってまいりました!やっとこラスト。ビールをくらった皆さんは既にすっかりおとなしくなっております。たくさん飲み食いさせて運動させると人間は眠るようにできているのですね。しかし、彼らには地獄のもうひと踏ん張りが待っていた!005.gif

鍾乳洞を観てやるぜえ!


玉泉洞(ぎょくせんどう)とは大型の鍾乳洞の名前。ここでなんと!

1時間半を与えられました

初めての大盤振る舞いだ!が、実は必然。なぜってこの鍾乳洞を歩くだけで早くとも30分を要するためらしい。そしてこれが笑えるんですが文化王国・玉泉洞おきなわワールド(正式名称)は4ゾーンに分かれていて、各ゾーンの移動が自由ではありません(ココ重要!)。観るゾーンごとに料金が設定されているため一方通行の場所がある。結果として

鍾乳洞に放り込まれたら一番奥までいって帰る



構造になってるんですね。疲れ果てたオヤジたちも肩を落として吸い込まれていきます。素面でも普通に疲れ果てたカラダにこの仕打ち。こてんぱんに弱らせる算段のようです。実は私も相方もそれぞれに1度ここに来たことがあるんですが、当時はこの鍾乳洞ぐらいしかなくて、こんな大がかりなテーマパークじゃなかったなぁ。さて鍾乳洞の入り口では

またもや強制的に写真を撮影しようとする


ので断ると、これがけっこうしつこい。私はこういうしつこさが大嫌いなのでかえって逆効果なんじゃないかと思うんだけれど。
b0046213_18345010.jpg

またも階段を下りて行きます。内部は摂氏21度前後だそうです。外が暑いから涼しいかと思ったら逆。湿度が高くムシムシします。しかし。
b0046213_18442751.jpg

わぁ〜 !! 005.gif005.gif


せせらぎのような水音が聞こえ、まるで異世界に迷い込んだかのようです。ライトアップやら(推定)勝手に名付けた看板とかがあか抜けないのは前来た時と変わらないのですが、さすがは自然の造形。ツアー客たちは急ぎ早足でかけぬけていきます。ここでなるほど、彼らが私たちよりバスに早く乗り込んでいるのは→観てないんだね、ということが分かりました。帰ってどんな思い出を語るのか。あちこちから水が滴っているため、タイル張りの歩道には天井からの水が固まって逆鍾乳石になりかけの凹凸がたくさん。道理でさっきから疲れた足が引っかかるはずだ。
b0046213_1842445.jpg

ワザとらしいけどライトアップが神秘的・・と思ってたらピンクとかに照明の色が変わったりしてちょっとお下品なの。
b0046213_185142.jpg

静かです。ものすごいスピードのオバちゃんたちに追い越されたと思ったらしばらく誰も来ません。同じツアー客では私たちが最後尾確定。次に誰か来るまではいいや、と手をつないで歩きます。しばらく進むと水音が激しくなってきました。
b0046213_1852543.jpg

滝(のようなもの)です。【ひめゆりの塔】のあたりでも「ガマ」と書きましたが石灰質の多い沖縄中南部にはこうした天然の洞窟が多く、これらを「ガマ」と呼びます。戦時下では防空壕にも使われましたが、それ以前から沖縄県民にとって「ガマ」とは風葬の場所でもあったらしい。
b0046213_1856747.jpg

なぜ日本人はそこかしこにお金を置きたがる!?ちなみにコレ、石灰質がどれぐらい多いかを見せるためにツボを5年地下水に漬けました、というそれだけのモノです。何のご利益が?
b0046213_18582012.jpg

極左フェミニストが激昂しそうな自然の曲線美の数々。

私たちそれぞれ、以前の訪問は他の恋人と来たときのもの。なので2人でここを訪ねて記憶を上書きすることにしたのです。鍾乳洞はまともに観られたので楽しい。

出口には非常識に長ぁああああいエスカレーターがございまして、これで陸(おか)へ。戻るにもお土産店を強制的に眺める仕組みになっておりますゆえ、各店眺めましたがガラス以外は正直まぁ、アレだものね、というところ。ヘビ博物館を観たかったんですが、時間が中途半端なうえ、私たちのチケットでは観覧料は別途と分かりました。ちぇっ!ちなみに私の前訪問のときは屋外の小さなスタジアム風の場所で、ガラスケースにハブとマングースを入れて→戦わないのでケースの中を棒でかき混ぜてそれぞれの闘志をあおるという(実際にはマングースがいやそうにひと噛みしたところで終わる)いちおうあれ平成だったよ?と何か言いかけたくなるエンターテイメント。道中にはまるで無関係なセグウェイ体験も(高い)。バスに戻ると全員他人だというのに疲労困憊の様子がありありと浮かび妙な共有感。

あまりに急ぎ足でしたが、それでも十分に楽しめる1日でした。ガイドさんの説明のなかには知らなかったこともありましたし、帰りがけには相方の親戚を発見。良く通る道ですからねぇ、基本的に。バスに揺られて遊覧気分、というのは不思議です。

いろいろな場所を回りましたが後ろ髪引くものが見つかったので、また自分たちで行くと思います。疲れ果てた相方、帰宅後も無言でしたけどね。楽しかったはずですよ?(たぶん)
[PR]
by jaguarmen_99 | 2010-09-30 11:33 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(2)
2010年夏休みはバスツアーだぜい(4)。

4. 平和祈念公園見学


b0046213_1871763.jpg

【ひめゆりの塔】から【平和祈念公園】へ。(3)でも触れましたが沖縄本島でも特に糸満市には多くの戦跡や慰霊のための施設が集中しています。ちなみにこの公園は過去に来訪歴がありますぜ。

しかし、あてがわれた時間は

30分


案内役のガイドですら「さすがに有料の資料館まで回るには時間が足りないかもしれない」と言うぐらい。かもしれないでいいのか。各展示物を素通りすれば集合時間に間に合うかもしれないが実際だろう。ちなみにここの資料館は広く、多彩な展示物が多いためまともに観れば午前中はつぶれるぐらいです。

と、いうわけでここも血のり、いや地の利。私たちは集団とすぐに別れて別行動。有料の「沖縄平和祈念堂」へ。ここはですね、入ったことがなかったので行ってみたかった。だって巨大仏(ブツ)があるんですもの。仏像好きな私に「行ってみれば?」と相方が以前から奨めてくれておりましたゆえ。ちなみに相方にそんなにいい仏(ブツ)なのかい?と訊くと答えは

ウーン・・・026.gif


b0046213_187405.jpg

誰もいない静かなホールにこの大仏はあります。閑けさをまとい、実際に眺めると荘厳な雰囲気もあるんですが、写真が悪いのか全然ありがたみないな。あ、そうか、大きさが分かるモノが写ってないからか015.gif。ちなみにこの仏(ブツ)と平和をイメージした絵画たくさん、という大変微妙なみどころ。仏(ブツ)の周りには慰霊の日(6月23日は毎年ここで慰霊祭が行われます)のイベント用資材がそのまま積んであったりして、見せたいんだか見せたく無いんだか分かりません。私たちのほかに誰もいなかったし。これで500円ばかり取られます。

ウーン・・・(再)026.gif


余談ですが仏(ブツ)の後ろ側には「ひみつの階段」が。何があるかはお楽しみ。
なんだけど・・・・
b0046213_1812182.jpg

何だか場末のスナックみたいな雰囲気。

このバスツアー、安めなのですが入場料が含まれているのは【旧海軍司令部壕】と次に訪れる【玉泉洞おきなわワールド】(こちらは施設内の一部は別途料金)のみ。観たけりゃ観ろ、と言われる部分はおしなべて有料です。次はいよいよ最後の【玉泉洞おきなわワールド】へ!
[PR]
by jaguarmen_99 | 2010-09-29 18:05 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(2)
2010年夏休みはバスツアーだぜい(3)。

3. ひめゆりの塔見学


ここがもうひとつの初めて訪れる場所、です。ここには私自身特別な心持ちがあり、やっと来られた、という気分です。戦跡なんかに行くとガツンと気分が悪くなっちゃうほうだったんですが、近頃穏やかになったので「やっと」覚悟が決まりました。とはいえやはりカメラを向ける気にはなれずません。おまけにここが極めつけのハードスケジュール。そんなこと考えるゆとりもない!以下画像ナシでお送りいたします。

旧海軍司令部壕から移動におよそ40分ぐらいを要するため、ここでバスガイドさんから「ひめゆり部隊」の悲劇について説明が始まります。

ものすごく大雑把ですが「ひめゆり」とアダナされた17歳前後の女のコたちが、看護婦として従軍したまま戦火に巻き込まれ亡くなったのがこの場所です。沖縄本島の真ん中あたりに上陸した米軍は南へ南へと日本軍を押し込んでいきます。次に訪ねる平和祈念公園など、糸満(いとまん)市は沖縄戦と、そして祈りの象徴でもあるのです。

で、ここでガイドさんに【ひめゆりの塔】は絶対に参拝してから昼食、必ず昼食の前に参拝しろ!とやたら念を押される。

【ひめゆりの塔】は慰霊碑であり、彼女たちと、そして多くの傷病者が犠牲になったというガマと呼ばれる天然の洞窟の上にあります。ぱっくりと口をあけたガマと、うっそうとした周囲の緑がどうにも不安な静寂をかもしだす。到着すると10分ほどの説明とハッキリと「手を合わせて犠牲者の冥福を祈ってください」とガイドから指示を受けます。その後昼食。ははーん、なるほど、コレをやらなきゃゴハンヌキよ!と言ってたワケか。

「皆さんが祈ってくれたので犠牲者の霊も喜んでいると思います」

・・・んー・・これは違うと思うんだなぁ。

沖縄にはですね、現実としてちょっとバランスの悪い平和活動の方が時折いらっしゃいまして(これは沖縄人の口からは絶対言わないと思われ)昨今バスガイドさんあがりの方が良くソッチ系で立候補されたりするわけですが、ソッチ系では犠牲をタテに同情を引くという手法が未だ根強く残っておりまして、ひじょ〜に一元的です。私はこれが逆に犠牲者への冒涜ではないかと感じることが多々あるのです。(これは相方もかなり感じていたらしく後でブチブチこぼしていた)

くれぐれも言っておきますが、私も心情的には沖縄県民と同じなので犠牲者に強く哀悼の意を示すことには全っっったく!異はありません。実際に体験した方々から戦後の厳しい時代の話を耳にするのはしょっちゅうですし、戦争というものへの抑止力が道徳だけでなしうるのか否かは別としても、こんな事に巻き込まれてたまるかい、という恐怖心だけで十分感じ入るところがあるわけです。

だから観光で戦跡を回るにせよ、願わくば戦争=ダメなのよ、という答えの決まった昔ながらの洗脳図式ではなく戦争=マジでコワイのよ、だって誰も逆らえないのよ、という思考と想像の過程=受け止めた感情が答えであり観光の商品と考えてもらえたらなぁと願っているのです。いかにもな演出を加えて儀式を強制してしまうよりも平和と非常の対比を感じ取ることのほうがよほどの平和振興になると思っているんですが・・・。

しかーし。ツアー参加の皆さんが気になるのは

昼食


だったらしく、用意された昼食にありついた面々はさっそくビールをガンガンやっつけるグループも068.gifなるほど、ガイドさんが「サンパイを先にせえ!」と何度も固執したのもわかる気はしました。言わないとやらないだろうとバス会社が警戒するのもむべなるかな008.gif

資料館は希望するならどうぞ、と言われ食事もそぞろに行きましたがいかんせん時間が足りません。館内にはインタビュー動画や、うまくいくとひめゆり部隊の生存者の方からお話を直接お話を伺えるとのこと。機会に恵まれた方はぜひ幸運を活かされてみては。

ちなみにまたバスの集合、私らが一番最後です。015.gif015.gif

はい、先に答えからいうと、全部私らが一番最後でした。彼らはどうやってこんなに早く戻ってきているのでしょう?私たちは誰よりも先に食事を済ませて大慌てで資料館に行ったはずなのに!?

次は【平和祈念公園】です。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2010-09-28 16:44 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(4)
2010年夏休みはバスツアーだぜい(2)。

2.旧海軍司令部壕見学


たまに通りがかるんですが、ああ、ココだったのかー・・・046.gif
今回のツアーには初めて訪れる場所が2カ所。そのひとつがここ、旧海軍司令部壕です。時に近場を通るというのに、いざ入ってみるとモノモノしく、まるで見覚えの無い隔離された場所のようです。小だかい丘の上に小さな資料館があり、施設としては小さく見えるのですが実はこの丘のなかには地元民と兵隊が2ヶ月で掘ったという陽もささぬ壕があります。

先の敗戦時に沖縄県民の犠牲は計算上4名に1人。語弊がありますが天涯孤独の方とて4人ぐらいはまあ愛しさを覚える人間はいるものであり、必ず知った顔の誰かが死ぬのが日常だったということになります。

さて、バスツアーはここで45分あてがわれるんですが

「早いひとで10分かかるという地下壕見学」が順路上後になるため、読み物がごっちりと並ぶ資料館は読みたくても読んでるヒマなんざねぇのよ!015.gif
b0046213_1712122.jpg

(※写っているのは見知らぬ方です。勘ぐらないように。)うわぁ、随分階段を下りるんだな・・・。湿気でひんやりします。実際には手を入れて復元されたものだそうです。資料館をきちんと見ていないせいなのか、何でこんな丘の地下に海で戦う海軍の壕があるのかは私め今も理解できておりません。015.gif××室、といった3畳間に満たないいくつもの石室がアリの巣のように並び、下士官たちは狭い部屋に集まって立って睡眠をとったとか。各部屋には大きな花瓶に菊の花が供えられとてもじゃないんですがカメラ向ける気になりません。

(要約)
司令官である大田実少将は陸軍をサポートするように言われていましたが連絡が分断。その後陸軍の牛島中将に連絡がやっとこ取れ、撤退するよう指示を受けますが既に手遅れ。ここまで一緒にがんばってくれた沖縄県民に配慮のあるよう、とメッセージを残し銃で自害します。

閉所恐怖の方にもオススメしません。前を歩いている人たちが詰まっている事があります。

一つ発見があったのは資料館に一つ、子供たちにカンヅメのゴハンを与える米兵の顔。私もこういう色んな写真を見てきましたが、こんなに無邪気に笑っている米兵の写真を見たのは初めてでした。言葉は通じないけれど、子供たちが喜んでいるのを見て、彼はただ純粋に嬉しかった1人の「にんげん」なのでしょう。

この壕内にはアナウンスがエンドレスでかかっており、「〜だったのでございます。・・・太田・・は・・という辞世の句を詠み、自害されたのでございます。」など、なぜかプロパガンダをイメージさせる口調。うーん・・・悪いけどちょっと妙なニオイがするような・・・。次はいよいよ「ひめゆりの塔」へ。

バスに戻ると・・・ひっ!もう皆揃ってる!008.gif008.gif
[PR]
by jaguarmen_99 | 2010-09-28 15:14 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(0)
2010年夏休みはバスツアーだぜい(1)。
ガッカリ名所」と呼ぶらしいのですが有名な観光地だけど実際みたらショボボーン、というアレです。わたしはガッカリ三大名所の一つ、札幌の時計台を見たことがあるんです。正直車から眺めただけなんですが、地元の方の案内ということもあり意外な小ささがメディアで見たイメージから乖離していいて、確かにがっかりしました。ところが、です。
数年前に相方も出張で時計台を見る機会に恵まれる。ヤツは時計台は中に入って歯車の様子まで眺めたらしく、それができることさえ私はその時まで知りませんでした。物事には確かに「眺める」だけの縁というものもあるでしょうが、時計台を上っ面だけ「眺めて」見た気になっていた自分はスゲエかっこわるいッス。だから見る縁ができたものは

ちゃんと正視しようと考えました。(※1)



相方と【夏休みツアー】を楽しんでまいりやした。話の発端は「疲れた、メンドくさい」から観光バスの人任せのツアーはどうだろう?という些末な始まりなのですが。ものすごく大雑把に言うと沖縄本島の観光は北部 or 中南部です。沖縄観光は主に南国楽しんでる?派の北部中心系と沖縄の歴史と島の文化を知る南部中心系があるんです。しかし、私たちは改まって沖縄の歴史に目を向けた事が無いと思う。そこでバスツアーで戦跡を巡り中止の南部コースを観光することにしました。

<スケジュール>

朝 9:00 しゅっぱーつ! 017.gif

1. 首里城見学 009.gif

2. 旧海軍司令部壕壕見学 039.gif

3. ひめゆりの塔見学 007.gif

4. 平和祈念公園見学 009.gif

5. 玉泉洞おきなわワールド見学026.gif

夕方 4:30 ただいま〜・・014.gif

さっさと夢破れました※1へもどる


土地勘がなくともキツかんべ?と想像がつく、すばらしい
b0046213_160347.jpg


感慨にふけっているヒマなどあるなら前見て歩け!
おまけに万歩計が11,000歩かせぎました。(10,000歩でだいたい5km前後)バスツアーで一緒になった観光のオヤっさんどもも、始めのはビール片手にご機嫌だったんですが、そりゃあおとなしくなるのが道理だぜ。

1.首里城公園見学


去年も行ってます。正殿に行くなら別料金ネ053.gifとのこと。
b0046213_16292718.jpg

あれれ?008.gifたった1年で随分白んで汚くなってるなぁ。ちなみにここで守礼の門は交易のあった中国がお前たちゃ随分礼儀正しい子だからこれを掲げなさい、と言ったからこうなった、というガイドの話がありますが、この話(創建と変遷のあたり)はちょいと脚色されているとも言われ(中国との外交の上下関係の問題があった)ますので、話はんぶんぐらいに手加減してあげるのがベストです。

さて、私はこういうの知らなかったんですが、昨今のバスツアーってこうなのかな。守礼の門の下でひどく唐突にさっき初めてお会いしたばかりのツアーの面々で琉装の女性と一緒に集合写真を撮影することになっており(パンフに記載ナシ)欲しいヤツはあとで売ってやらぁ、というシステムになってます。私たちは写る義理が無いのでこれを拒否(言えば可能です)しましたが、皆知らない顔のせいか流れ的には何だか断れない、なし崩しな雰囲気。そして写真に写るいかんを問わず団体行動にはかわりなく、こんなことをしていたら当然あてがわれた時間でできることなどなく(守礼の門から正殿まではおよそ15分強かかります)メディアで見かける首里城そのもの=正殿観覧は800円の別途料金です。もちろん払うだけの価値のある場所ですが、きちんとごらんになられたいという正統派の観光者の皆さんは1日かけて首里城界隈を楽しまれたほうが良いと思う(※2参照)。
b0046213_1629564.jpg

と、いうわけで我々は集団と離れコソコソと首里城に残る陸軍壕の跡と展望台からの眺めを楽しんで終了。今年も去年来たときも「展望台がありますよー」と警備員に声をかけられたので、ほう、そこまで頼むなら今年は見てあげましょう。

おおー!!!005.gif


那覇の町を一望できます。我々2人には見覚えのあるものがいつもと違う視点で目に入ります。たいした高台には見えないのですがサスガの急勾配の丘陵(参考:過去記事)です。晴れていればだとは思いますが高台にのぼると、遠くの離れた島々も見えます。どこだったか忘れましたが、政治的背景から離島出身の自分の母親がちょっとした帰郷後に戻って来られなくなり、ねぇ、島も見えるのに、それなのに会えない、だけど同じ海を見ているはずだよね!おかあさーん!!という唄も残されています。

バスに戻るとびっくり。我々以外全員戻って来ています。さすが内地の方、10分前行動!・・・と感心はするけど正殿をまともに眺めている時間などあるはずがありません。いったい皆さん何を観てきたんだろ?015.gif

次は旧海軍司令部壕へ移動です。



※2初めて首里城にいらっしゃる方は有料の正殿見てナンボだと思います。じっくり眺めておよそ1.5時間。囲む公園は広く、徒歩でしか移動できないので時間を要します。しかし首里城公園では時間ごとに琉舞(琉球舞踊)などイベントあり。近辺にはほかにも見学施設が多数あり(玉御陵・金城石畳・識名園)。周辺では食事もとりやすいので、10:00着で1日使って王族気分で歩いて過ごせばがっつり疲れて夕方です。那覇の市街地に非常に近く、さんざ歩いたあとはホテルや市街地そばへ戻って間違いなく夕飯を探せますし、アルコールの是非を抜いてもたっぷり遊んでお土産も探せます。昨今の流行は民謡居酒屋みたいですねぇ。ガイドブックより直感を信用してください。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2010-09-25 16:31 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(6)
2009年日食@沖縄
<前回までのあらすじ>
私は日食を観察するために溶接に使う防護マスクの目の部分にあたる保護ガラスを手に入れたのであった!
ハーイ!いよいよ当日デスヨー!


b0046213_13144565.jpg上記ガラス(いろいろ略)をiphoneレンズに当てて、これで皆様にも詳細をおとどけできるというわけだ。
・・・ふむふむ。


うん、よしっ!なるほど、わかったぞ!

無理だよね、これ。


というわけで潔くあきらめようじゃないか、皆さん!040.gif

沖縄本島那覇では午前9時半頃からおよそ2時間半のショータイム。残念ながら皆既、とはいきませんが最大時には太陽が9分方隠れました。こんな日食を見るのは生まれて初めてです。午前9時半過ぎ左上部が欠け始め日食スタート。その後上から食うカタチで影がおちていきます。
さて、太陽が9分隠れるとどうなるかって?くだんの写真がアテになりませんので文面でお伝えいたしますと、

かなり不思議〜な雰囲気


になります。つい真っ暗に近い暗さになるかと考えてしまいますが9分方隠れても暗くはなりません。「薄暗く」なるのです。ピークに向けての30分前ぐらいから日がかたぶいたような錯覚。気温がすぅっと下がって曇りだしたかな?という程度に風が冷たくなります。いつもならひりつくほど照りつける太陽光線も柔らかく、ちょうど秋口の曇天の午前中といったさま。


b0046213_13484320.jpg


ピーク30分前(無修正)。光線が和らいで気温が下がり出す。


b0046213_134940100.jpg


ピーク時(無修正)。30分前と同じあたりの空を狙っています。雰囲気がちょっと夕暮れ時っぽくなっている。


b0046213_13532772.jpg

さらにピーク時には光環が。
真っ昼間なのに夕暮れのような不思議な雰囲気。静かだ・・・・・・・
と!思ったら国道を通る車がぱたりといなくなっている!これもすげえ!
興奮する、というよりどこか鎮けさに陰りがあって「逢魔が時(大禍時)」という言葉を思い出した。
この後太陽を隠していた月の影は下→左下→へと逃げていって午後12:20に日食終了。

ところで、私はガラス(いろいろ略)なんて用意しましたがこれでも立派なほうでして、周辺の皆様は携帯のカメラレンズを直接太陽に向けたりとかエライ高そうなカメラのレンズにアルミホイルとか、説明のつかない光景が広がっておりました。もう一生無いだろねというイベントなので、ここんところは無粋な正論はナシ。ただひとつショックだったのはわざわざ手間ヒマかけて買ったガラスが、たたんで重ねたTSUTAYAのビニールに負けました。絶対良くないとは思うけれどビニール作戦、笑えるほどキレイに見えましたのでご参考までに。なんたってガラス使っても目がちょっとヘン。日食グラスとやらを惜しまず買うのが良さそうです。

2012年5月には関東圏を中心に金環日食が見られるそう。沖縄では今回と同じ程度の部分日食のようですが「薄暗くなる」というこの雰囲気、都市部の方の目にはどう映るのでしょう。日食グラスを買って待て!

さて、皆既日食で一躍脚光をあびた悪石島(面積7・49平方キロ、人口68人(5月末現在))には高額予算で人口以上に人の波、さらに望まない人にも奄美皆既日食音楽祭のレイブサービスまでお届け予定だったようなのですが(私はテクノは大好きですがこのテのイベントって島にナニも残さないような気がしてならない)残念ながら悪天候のため観測できなかったとのこと。が、真っ暗!という感動があったようですね。これは確かに体験してみたい。自然って思うようにはいかないのだなぁ、という気持ちと、抗えないモノなのだと改めて。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2009-07-22 14:27 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(8)
先輩へのリスペク中。
自分も言った手前先輩へのと敬意をこめて

トリミング魂


b0046213_22504253.jpg


b0046213_22505552.jpg


b0046213_2251825.jpg


b0046213_22512368.jpg
b0046213_2322777.jpg


人様の写真(勝手に)借りただけで
わしんとこもカッチョよく早変わりジャン!!!( ̄□ ̄;)
路線変更の際は先輩よろしく御願いいたします。



※先輩は私とオナ専(同じ専門学校)だったらしいのだ!
[PR]
by jaguarmen_99 | 2007-02-01 23:09 | 小粋に遊んでみたいのです | Comments(3)