カテゴリ:ビリってtrès bien .( 9 )
ビリヤードチョーク(1)『マスターチョーク』
いつでもドコでもそこにいる。まさに安定の

マスターチョーク


キュー(※撞き棒)を買っても恩着せがましくオマケについてくるぐらい、そう、業者のフトコロなど全く痛まないらしいお値打ち価格。他にイイトコは?と訊かれたら

b0046213_19442960.jpg

いろんな色があるんだぜえ。



とか?ああ、いや、コレも皮肉じゃないですよ?(※後述)前回コレを世界の中心に据えたぐらいですもの!ほら、もう一度ごらん。

b0046213_19535683.jpg


チョーク界のヤフー、チョーク界のインターネットエクスプローラー、チョーク界のマクドナルド、以下JTの塩とか亀の子タワシとかキッコーマン、etc.
何かを通り越して標準化してしまったので何がありがたいんだかわかりづらいが、振り返ると「ある程度は」約束された安定感。これって充分イイトコなんですよ。昨今では多くの人が自己承認欲しさに色々悪く言うが、まずはアタリマエ、その有り難さよ!

さて色んな色が、とさっき言いましたがチョークの色が多種にわたるのは、じつはラシャ(台のフェルト面)を平然と汚すのは本来はお作法に背くので落ちる粉が目立たないようラシャの色に合わせている……らしいんだけども。「けども」」と言うのは正直このマスターチョーク以外で多色展開見たことないし、ラシャの色じたい私もグレーなんて見た事無い。単にファッション性なのかも…。あぁ、同じような事仰ってる方(「2本目」の直上ぐらい)も居られますね……。

問題のつけ心地なんですが、中心に据えるぐらいだからどうでもいい感触なのかと思えばそれは違うのです。

今私が知る中でもかなりサラサラっとしていて

ノリもよろしい。つけた感触に比例してちゃんとつく。

そして同じベクトルで離れて行くのも早い。だから毎回つけないとダメ。

ビリヤード場の啓蒙ポスター。『毎回つけよう!上達の早道だ!』は正しいと思う。

でもね、うーん…私の今感じている実感では、どんなチョークも程度の差はあれ必ずラシャを汚す。このマスターチョークだってそうです。つければつけるだけノるので、撞いた時そのぶんがはがれ落ちるのは抗いようが無い。私はたぶんチョーク盛るほうなんで、例えるならセンターショット40球前後でスジ出るんでないかい?と。

ええとですね、こっちの方が一般論から外れそうなんですが、学生の時に黒板の色チョーク触れたことがある方はちょっと微笑んでもらえるかしら。アレって白、赤。黄色、青があったと記憶するんですけど、青と黄のチョークって書けた時の印象に反して少し柔らかい感触ありませんでした?私の記憶では赤>白>黄>青の順に固かった。あぁ、どなたかまだ、ついてきて下さっていれば良いけれど。アレの青チョーク。

b0046213_21176.jpg


いちおうちゃんと使った実感としての私見ですからね!?とにかくやはりこれがスタンダード。困る事がひとつも無いけど望むこともわからないというモノ。タップ(棒の先端につける皮。やはり消耗品。)との相性は無視します。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2017-04-22 19:02 | ビリってtrès bien . | Comments(8)
ビリヤードチョーク:プロローグ
絶対なんて世の中に無い。無いことよりも有ることを証明するのは至難の業なのだ。

でも、あえて言うよ。絶対あるよ。

マスターチョークは!


ビリヤード行くと何か3cm四方の立方体がそこらに見つかると思うんですが、これ、チョークです。黒板に書くアレかと問われると確かに書けそうなんで言葉を選ぶんですが、ブツは違いますよ。いろんなスポーツで言うところの滑り止め、ですね。

ビリヤード台が有る場所に行くと台に間違いなくチョークは備え付けてあって、そしてそれはほぼ100%マスターチョークです。普通道具はその場のレンタルで済んじゃうのので必然的にほぼ100%の人が『マスターチョーク』を見かけることになります。


b0046213_848575.jpg


あー、見たことある!と頷く諸兄もおられるかと。ほら、女の子とボウリング場行った時見たじゃん!
隣りのオジサンがつけてたから真似してみたじゃん!
アレを棒の先に、こすりつけるのさ。謎でカッコイイよな!!というわけで、、謎の中にはドコで買うんよというのも含まれてるわけですが、じつは欲しけりゃ90円ぐらいですぐ買えるというお手軽さナンバーワン。が、予想外の敷居が低いからといって、せこいコスパと笑ってはいけない、見えづらいんですがビリヤードは台など道具の投資と維持費が大きい。釣り堀みたいなもんだなと思って頂けると一般的にはたぶんジャストミート。

さて、このチョークってやつ、まるきり初心者のうちはあんまりつけなかったりするんですけど、ビリヤード場には大抵啓蒙ポスターがあって『チョークは毎回つけよう!上達への早道だ!』なんて書いてあるんだぞ。まぁ、殆どの人は読まねーよなアレ。

ところがチョーク界はこの90円だけでは済まず、実際には色んな種類があるんです。値段もピンキリ。この1個100円未満から なんと2,000円オーバーまで。

釣り堀にいるヘラブナ釣り師の高そうなウキとあなたの間に温度差があるように、『ボディービルダーの大会の応援かけ声』 >>> 『空手の大会の横断幕と応援ヲタ芸』の次くらいに相当する、当事者以外には死ぬ程どうでもいい事です。宗教みたいなもん、だと思っておいてください。

ただ、昨今でもヘラブナ釣り、もといビリヤード始めようっていう人はいるんですけど、昔と違っていまみんなネットでさらえちゃうんですね。良い時代だなと思うけど、意外と出てこないのがチョークについて。また実際プレイしている人でも通常道具の貸し借りはしないと思うんで、当事者であっても使い心地については謎な部分は消えないままかと。

そこでマスターチョークをゼロ基準とし、私の使ったチョークがそれぞれどんな感触なのか、買うたびにチョークレビューをちくちくとすすめて行きたいと思います。
b0046213_1804631.jpg


※ クリックでちょいと拡大可能

イメージで大別するとこんな感じだろうか。お菓子の対抗軸と筆記具対抗軸にしました。考えたつもりなんですが、逆に敷居の上がった感じがするグラフ。いや、なるべく分かりやすいように、って思ったんだけどネ。

b0046213_981489.gif


感覚としてサラサラとしたタイプと目が詰まったタイプがあるんです。しかしラシャ(台の色付きフェルトの部分)を汚しやすいか否かはこの特性に依るわけではありません。

それでは次回、この基準となったマスターチョークのご紹介より始めたいと思います。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2017-04-17 09:18 | ビリってtrès bien . | Comments(8)
ハスラーって何なんでしょう?と。
『ハスラー2』という映画がありまして(1986マンガ「山口六平太」連載開始年)これがバブル期の日本にポケットビリヤードの大ブームを巻き起こしました。ニタニタしたトム・クルーズが最後までニヤついているという、オススメの見なくていい映画です。ものすごくまとめるとトム・クルーズは当時新星のスターに見られていたわけで、「トップ・ガン」で彼が全然着てもないのに間接的にMA-1人気爆発とか、すごく影響力有ったんですね。(※参考:皆が脳内で追った元イメージ)

さてこの映画、原題は The Color of Money、何がハスラーなん?と言いたいとこなんですが、1962年の「ハスラー(The Hustler)」に端を発しています。ポール・ニューマン出てますが内容は繋がっていないスピンオフなので広告代理店の忖度だか斟酌だかによる、パーフェクト便乗です。しかしハスラーとは何なのでしょう?ハッスルする人ってことなんだとは思うんですが。

1962年
b0046213_13381859.jpg元の「ハスラー」を観た世代は苦みばしったポール・ニューマンが挫折と哀しみを乗り越え自らの誇りを再び勝ち取る様子に、何やらカッコイイ!ギャンブラーを想像していたのではないでしょうか。



ところがこの2作の間には20年以上の年月が流れておりまして

1975年
b0046213_13415334.jpgここにヒット曲The Hustel/Van McCoy and the Soul City Symphony登場


ペッポペッポポー Do The Hustle !! っつーわけで元気いっぱいじゃないスか?コレ。水曜ロードショーっぽいトランペットもイカス。たぶんこれがハスラーの意味を分断しちゃうことに。

1976年
ひらけ!ポンキッキ!ハッスルばあちゃん

1986年
b0046213_1355741.jpgくだんの『ハスラー2』ロードショー。ストーリーの浅さとクルーズ氏の元気いっぱいな若さも運悪く重なって


よおし!頑張っちゃうぞ!みたいな意味なんかな、と漠然と考えてたのは私だけではないはず。だって1962年の観てないもの。そして今みたいにネットで調べたりできない時代なんで、あんだけ乱立したプールバーも、何で「プール」って呼ぶのか誰も知らないし(諸説あるようです) 英単語 hustel とhassle の聞き分けできないまんまでも困らないもんだから、いまも誤解したまんまの人が多いのでは。

ところが私は偶然、ソレ違うよ、と教えて頂いた。この時代、じつはプールバーとやらの乱立以前から学生街なんかには古くからの「ビリヤード場」が残っていて、そこに通っている古株のオトナ達が物見遊山に夜の街に流れて来てたんです。私プールバーでアルバイトしてまして。そういうお客様の1人に映画のハスラーは賭けビリヤードの人とか、人と騙すとかの意味もあるみたいだけど、と教わったんです。「前にもハスラーって映画有ったの知らない?」って(笑)。

044.gifつまりハスラー、というのはギャンブラー、要は「なんとなくハスラー@1962のイメージ」で合ってる。


b0046213_13501452.jpg人を騙すというより、緻密な計算や弱みを見せない工夫というか、駆け引きって感じなのかな。


しかしここまで来てもたぶん語源であろうハッスルとハスラーが結びつきません。外国語あるあるだと思うんですが、単語を辞書で引くとやたらに多方面に意味を持ってるヤツとかあるので、こういう時は語源を探って表そうとしている雰囲気を探るのが手っ取り早そう。動詞の俗語などは頻繁に使われるうちに意味が変化していくことが多いですよね。

そこでまず語源であろう 『ハッスル』について調べてみると、wikiによれば

「映画ハスラー」の翌年にあたる1963年に阪神タイガースがアメリカキャンプから持ち帰って来たとか(笑)。同年植木等が映画内で曲を唄うも NHK がハッスルはアメリカの俗語では売春婦が客引きする意味があることを理由に放送禁止用語にしていたと。

もういっちょ辞書で見てみると…。たぶんなんですが本来の意味として粗っぽく人や物が移動する(させる)状態、を指しているのかと。「だまし取る」も含まれているので、ハスラーの語源がこれであることも間違いないと思います。娼婦の誘い言葉、とかだまし取る、とかまあ何となく「ガンガン行こうぜ」印象的には有っているかな。「ダンス」も含まれていますね。Do The Hustle !!ってやってるのはハッスル=ダンスのことだったのか!そういえばドラクエにもハッスルダンスってあったな。…ネットの海は広大だわー。

しかしヒット曲や文章に組み込まれる経緯のせいか、張り切るハッスル、でもハスラーと言われるは認知度高い、でもハスラーについては「ビリヤードする人?」と理解にばらつきがありそうです。まあ知ってても得はないしいいんじゃない?と思ってましたが

2014年
スズキ ハスラー 発売

えっ!ナニ?(錯乱)


元気いっぱい!????

参考:オフィシャルによるとまさかの『ギャンブラー』

ええええっ…鳥山明まで使っておいてあンた背中が煤けてると仰る!!!???
b0046213_15225143.jpg



岩井の本棚


(以前yan-twoさんに教えて頂いてから Keep チェック)

一番のハスラーは一見の客と店の権利をかけて勝負しちゃう、でも顔も描かれない主人公の父親ではないでしょうか。ダメなほうの真性ギャンブラーだよ、コレ。それに相手だってイカサマとかじゃなくて正々堂々申し込んで来て勝負してるし!
[PR]
by jaguarmen_99 | 2017-03-27 17:03 | ビリってtrès bien . | Comments(4)
初回タップに回帰。
ビリヤードを再開してからもう1年半ぐらいになります。

ちょうど去年の今ぐらいかちょっと前。ずいぶん前にもご紹介申し上げましたがキュー先のタップは消耗品です。ただ、リンク先記事から私もいろいろ変わっていますので、いまですか?アールつけるようになりました。前にバツ!って言ってた角度でやってます。すみません。
そしてうむ、今回は奇麗にできたぞ(青い部分はチョークをつけているから)。前回同じタップに悪戦苦闘した、確かそれも1年前強ぐらいだったかと思います。

b0046213_21232746.jpg


初めてタップを変えたとき、奮発してコイツにしました。
その後色々試す。タップは感触が合わなけれ代えるが基本です。回帰したこのタップ。タップを変えると相変わらず早く遊びに行きたくなりますねぇ…。初めのときタップの交換を誰かに任そうかと思ったのですが(調べると分かるが)意外に根が張ります。5千円弱取られちゃうはず。それさえ嫌!というケチな私たちはどうせこの後もタップを変え続けることが分かっていたので初回から自分でタップを代えるようにしました。だってタップって。こんなに小さいのにスゴいヤツは2,000円ぐらいすんのヨ。

接着剤のチョイスとか、座を入れるの or not ? とか紆余曲折もあって結論が無い。だから初心に返りました。でも幾度も自分でタップ交換を繰り返しているうちにツールも多少必要と手に入れて、いまこの素晴らしい仕上がりを自らの手で!かなりうれしい!
[PR]
by jaguarmen_99 | 2015-05-01 21:43 | ビリってtrès bien . | Comments(6)
スヌーカーという妙。
先日もビリヤードしていると、隣の高校生が「ここはリバースショットだろ」と言ってました。
すげぇなオイ。引くんか、できるんか。

イヤイヤそうそう巧くはいかんだろ


私め「引き玉」と呼ぶ人しか見たことがないので「リバースショット」というまるで IT 系の営業が年寄りをケムに巻くような胡散臭さを感じさせてたいそう趣が深うございます。

なんでこんなガキんちょがそんな専門用語をさらりと使ってのけるのかと思ったら、なるほどわかったぞ。ビリヤードできるトコに行くとたいてい「ビリヤードの楽しみ方」みたいなポスターが貼ってあって、基本的なことが書いてあるんです。そしてショットには押す・止める・引くがあるの!みたいなことが必ず書いてあるんですよ。その引く、のところにリバースショット、って書いてあるの、筆記体でカッコよく。
b0046213_191372.jpg

ポスターは余すところなく事実なんですが、このスポーツじたいが「そうは言ってもできないのヨ〜」という『理論上は可』を追求するものなので、実際はそんなスイッチひとつでリバースショット!なんて真似はそうそう、ね…。私も目下練習中ですが狙うようには引けません。それ以前にまっすぐ打つのも至難の業なんですけどね。

ところで私は病膏肓に入る(やまいこうこうにいる)、ゲームでもビリヤードすることが多く Kindle に入れている Pool Break Pro はおススメ。オンライン対戦もできます。日本語表示にするとメニューに「回転ビリヤード」とあり、なぜか昼さがりに目の前の蛇口からお茶をジョボジョボ入れる肩を落とした自分をつい想像してしまいましたが、2日悩んだあとローテーション(=15個の球を番号が若い順から落としてね!)のことらしい、とひらめきました。

このゲームはスヌーカーも遊べまして、気が向くとスヌーカーで遊んでいます。これが楽しい!

難しいんです。


ビリヤード、と一口に言えちゃうなかには陸上競技のように実は区分けがあるのです。
求められる能力や判断力が微妙に違ってくるんです。今日はちょっとスヌーカーについてお話をさせて頂きたい。

私は1度だけ本物のスヌーカーテーブルで遊んだことがあるんです。普通のポケットビリヤードとかなり違います。まず球が小さいのでよほど正確に打たないと入らない。そしてテーブルが広いんです。本当に1度にも満たない角度の違いは広いテーブルでは顕著に現れます。

一般的なプール台と比べて例えると、プール台は普通は数学の先生がテストの採点で途中までは合ってたね、と点数をくれるような寛容さがあるんですが、スヌーカーとか7フィート8ball とかイギリス式〜と言われたらとにかく後ろ向き、の合図です。ポケット部分がかなりタイト。こちらは厳しい古参教師、数式も合ってて答えも合ってないと点数にならんな!という外すとあンの野郎!という逆恨み的な腹立たしい感触が特徴です。

ルールじたいはシンプルで赤い球と色球を交互に落とします。色球は赤い球がある限り所定位置に戻します。コンボのチャンス、ですが赤球先に落とさないといけないので常にリスクがあります。
赤球が全て無くなったら所定の順で色球を落としますが、ゲーム一切に「狙うべき球以外が落ちたらNG」でペナルティを喰らいます。このペナルティが大きい。

この厳しいルール上ですがセフティ(safety)プレーにはポケットより寛容です。一度失敗すれば相手にも同じようにチャンスを与える。これが面白い。だから自分に不利だと悟れば考え抜いて相手にどうやって意地悪をするかと極めて紳士として考えることができる。紳士のふるまいの範疇なんですね。

正々堂々かつ足を引っ張る



という、この騎士道よ041.gif ブシドーじゃねーのよ。外交に近いのよ。
この意地悪がついうっかり自分にないものだったりして(苦笑)、公然の意地悪って楽しいね。たぶんかの国の人々はそういう感情に酔ってるのかも知れない。ビリヤードのセフティごときで新しい自分発見ですよ。

スヌーカーテーブルは国内でもそう数はないと思います。見かけたらかなりの幸運。

<参考>
あるイギリス人スヌーカーの転落(八百長で謹慎処分をくらっています)
[PR]
by jaguarmen_99 | 2014-06-13 19:05 | ビリってtrès bien . | Comments(3)
昨日はボウリング場に行ったんですよ。
相方の実家はもうありませんが、庭のある古い一軒家でした。外で待たされたとき、玄関先の(野ざらし&野生の)花壇に真っ黒いボウリングの玉が転がっていました。なにかのおまじないでしょうか?(※違う文化圏にはこうして上から目線で笑ってはいけないことが他方面にございます。知らない、で笑ってもらえるのは初見だけです)

ふしぎに思い、ついその玉に指を入れてみようとすると指はすぐに固いものに当たり軽い痛みを感じました。私は反射的に身構えてボウリング玉の指穴を見ると(※ハブとか毒虫の可能性もあるので)

ぴっちりとビー玉が詰まっているのでした


相方がやったらしいんだ、コレ。父君のマイボウルらしい。で、どうやってもビー玉が取れないからってことでボウリング玉はゴミになったらしい → 経緯は忘れたが花壇にぽい!

…これは遠い昔のおはなしでした。

さて、昨日の休みは相方 とひさびさにボウリング場に出かけました。
いえ、ボウリングをしにいったわけじゃないよ、ビリヤードしにいったの。
いつもと違う所に行こうぜ!ということで。きのうは面白かったねぇ、と話をしていると相方は亡くなった父君のことをふと思い出したという。

009.gifああ、そうだ、ボウリングお好きだったんだろう?あの花壇にたしか転がっていた…。

相方 003.gifそうそう、しょっちゅう行ってて…
***************************
相方 が物心ついてから、すぐに父子家庭になり → 父君はよく夕方ボウリングに行った。自分たち兄弟はそのときボウリング場の片隅で小さなパチンコをして、キャラメルを出しては食べた
<<< 046.gifまちがいなくご趣味だったんだねぇ…

・家にもトロフィーがたくさんあったよ(※初耳)<<< 008.gifえぇっ?!ご趣味どころかかなり上手かったのでは?!

・ある時期じぶんは工具のドライバーに凝って、そのトロフィーを分解して戻せなくなった <<< 047.gifお前というやつはーー!!

・晩年は行ってなかったなー(相方の父君は三十代で世を去られています)<<< ビー玉詰めたせいじゃないのか?

***************************
相方 008.gif『子供心にやったこととはいえ、このトシになって(既に父親よりずっと長生き)ジワジワきています。』(原文ママ)

<<< 015.gifたとえて言うなら帰宅すると君のキュー(ビリヤード用の棒)で子供が鉄棒ごっこをしていて、もはや観賞用にすらならん破壊みたいなものか。

相方 057.gif父ちゃんごめんなさい!ホントにごめんなさい!
[PR]
by jaguarmen_99 | 2014-03-22 16:28 | ビリってtrès bien . | Comments(12)
キュー先のタップは交換する消耗品です。
ぴうさまよりご質問をたまわりました。
確かにキューを自慢してもそうそう共感してはもらえないという世間とのズレからすると尋ねたくなるのも道理だと思いますたよ。だって私だってブレーキペダル換えると変わる?とか入院って怖くないの?とか訊きたいワ。



キューの先端部分て、チョークのようなものでこするので、消耗すると思うのですが、交換できるのでしょうか?



交換できます。基本、先端部分はタイヤとおなじく消耗品です。タップと呼ばれる厚さ5mmのこの部分、動物の皮なんです。プラスチックの重い玉を一瞬とはいえGをかけてかぎりなくドツクわけですから本革製品と同じように皮がナメていきます。

b0046213_19264334.jpg


ただし、ツルツルのタイヤがスリックだからと胸を張れないように、この皮も即結果につながるためいい味が出てきたな〜、なんて呑気に感心できません。消耗や劣化が進めば交換します。
タイヤと違うのはココ単に接着剤でつけてんだな、コレが015.gif。えらく原始的なんでおどろかれる方もあるかと思いますが。

このタップじたいは元々平たくて丸く切り抜いただけの革製品ですが、交換するときの新品はキュー先よりほんの一回り大きめになっています。これをきっちり水平に貼付ける、かつヤスリを使って角度を出すのです。ビリヤードって棒と当人のウデだけがたよりのシンプルゲームです。やはり車のタイヤに例えれば一般車よりもレースカーのタイヤでしょうか、キュー先のタップの付け方が悪い&手入れが悪いと他に要素が無いんで、まんま結果に直結してしまうのです。

道具の手入れは店のマトモさに比例しますが、プール台(ポケットビリヤード台)のあるとこはたいていこんなこと期待できないと思って間違いありません。ちょっと遊びに行ったら

・タップが丸くなってる
・タップがズレてる
・タップがテカテカ光ってるぅ

さらには
・キューは殆ど曲がっている
・チョークは深い穴をたずさえる

よくある話では?こうなる原因はさまざまですが簡単にいって店舗側のめはしがきいてるかどうかです。『タップの状態×キューのゆがみ』を考慮したら店側が用意しているキュー(”ハウスキュー”と呼ばれます)が30本あっても探せるのはようやく3〜4本が限界ではないでしょうか。私見ですが5~6本あってチョークもキレイにしているとあればかなり真面目な店と言えるのが現状じゃないかと思います。

こういう煩わしさが嫌でマイキューを買ったわけです。加えて、ある程度まで技術が上がると毎度違う状態のハウスキューでやってると失敗の原因がはっきりしないんで上手くなれない気がする。いやいや、お手頃のキューなんてタイヤ1本ぶんよりずっと安いですよ!?(※ 私も今回の買い物で眺めましたが、自分のプレーがふがいなくて上手くなりたいと思うなら 3,000 円 でビギナーセット!とかはやめなさいネ)。

通常マイキューを持ってるとケースに入れて自分で持ち歩くか、またはなじみのビリヤード場が預かってくれる場合もあります。私が知る限り東京で昔からあって、というトコは馴染みの客のキューを預かって、勝手とはいえ良いバランスで触れて手入れもしてくれたりするんですが。

実は私めさらっとキューを買うにあたって、一見敷居が高そうなのですが実は以前も持ってた経緯があるため抵抗が無かったというのが実状。これを沖縄に来た時に持ち込んでまして。キューって基本木工品ですので、やたら強く打つ以外にも湿度に影響受けて反ってきちゃうんです。アダム、というかなり有名な会社の3万ぐらいのキューを持っていたんですが、自宅の湿度が高かったんで、それを唯一見えるビリヤード場に預けていたんですよ、それなりに顔なじみだったし。いまはもう無いから言えるけど

平和台ビリヤード


ってとこにね。ええ、ちょっと忙しくなって暫く行けなくて、間を置いて顔を出したら妙にシャフト(よく手にかかる部分)に汚れと使用感があるんです。いぶかって訊いたら「曲がってないか確認などしている」とか抜かすんですが、それもまあ良いか、放置だけでは管理者にもメリットは無かろうしと在京時との温度差を感じつつも頷きました。が、間髪入れずその店を尋ねたらちょうど店員が私のキューを使ってるとこに出くわして、ヤツもそれなりに気まずそうなんですがナニが一番腹が立ったっ「手入れは怠っていません!」と

シャフトに紙ヤスリかけてくれて


シャフト部分の摩擦は永遠のテーマなんですが、まともにやってればクリーナーで汚れを取るんです。紙ヤスリでのメンテはけっこう粗っぽくて、本来は持ち主が判断してするものです。今後は持ち帰ると言った時の店員のムッとした顔は今も覚えています。私が沖縄暮らしで受けた洗礼の1つです。

残念ながらビリヤード場ってそうそう繁盛しないので、バイトの店員はこんなふうにオトナ的作法が淘汰されてない人がたくさんいます。それが好きで居るわけではないので、甘えがたくさん消えないままなんです。これは現状でも変わらないでしょうね。引き取った3万のキューは使わないまま2年ぐらいすると曲がって来てしまい、それを前提に人に売りました。客観性の無い判断かもしれませんが、モノって思い入れ湧くでしょ?!自分の車、運転したいとかいうヤツを乗せないでしょ?

私はこの経験から今回は自宅で痛んでも後悔しない程度の価格のキューを選びました。
でもたぶん、昔よりは寂しい想いはさせないはず。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2014-01-12 20:24 | ビリってtrès bien . | Comments(16)
キュー買ったわな。
ホップステップ、一見Eに見えて予想通りという意味で難度と落とした安定した着地を見せ

もう、キュー買っちゃった053.gif


ひとに自慢したら、キューってナニ?と聞き返された。うん、ごめん。そうだよね。
普通、わかんないよね。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2014-01-10 22:11 | ビリってtrès bien . | Comments(5)
ビリ熱再燃。
おお、何年ぶりでありましょうか。

先日相方とビリヤードに行ってきました。
ええ、メシと空の写真ばっかりあげてるブログみたいに

楽しかった〜ドキドキワクワク053.gif


とか言っちゃいたい。

始めはぎこちなかったのですが、2 ゲームぐらいこなすと体が思い出してくれまして、とっても楽しかったので

マイキュー欲しいなぁ


※ キュー=棒のこと。
ということまで思い詰めてます。ホップステップ崖の外。

そして、本気では全く思っていませんが、最後に皆さんにメリークリスマス。
ウチは普通にお粥だぞ。相方が具合悪いって言うし。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2013-12-25 19:04 | ビリってtrès bien . | Comments(11)