ビリヤードチョーク(1)『マスターチョーク』
いつでもドコでもそこにいる。まさに安定の

マスターチョーク


キュー(※撞き棒)を買っても恩着せがましくオマケについてくるぐらい、そう、業者のフトコロなど全く痛まないらしいお値打ち価格。他にイイトコは?と訊かれたら

b0046213_19442960.jpg

いろんな色があるんだぜえ。



とか?ああ、いや、コレも皮肉じゃないですよ?(※後述)前回コレを世界の中心に据えたぐらいですもの!ほら、もう一度ごらん。

b0046213_19535683.jpg


チョーク界のヤフー、チョーク界のインターネットエクスプローラー、チョーク界のマクドナルド、以下JTの塩とか亀の子タワシとかキッコーマン、etc.
何かを通り越して標準化してしまったので何がありがたいんだかわかりづらいが、振り返ると「ある程度は」約束された安定感。これって充分イイトコなんですよ。昨今では多くの人が自己承認欲しさに色々悪く言うが、まずはアタリマエ、その有り難さよ!

さて色んな色が、とさっき言いましたがチョークの色が多種にわたるのは、じつはラシャ(台のフェルト面)を平然と汚すのは本来はお作法に背くので落ちる粉が目立たないようラシャの色に合わせている……らしいんだけども。「けども」」と言うのは正直このマスターチョーク以外で多色展開見たことないし、ラシャの色じたい私もグレーなんて見た事無い。単にファッション性なのかも…。あぁ、同じような事仰ってる方(「2本目」の直上ぐらい)も居られますね……。

問題のつけ心地なんですが、中心に据えるぐらいだからどうでもいい感触なのかと思えばそれは違うのです。

今私が知る中でもかなりサラサラっとしていて

ノリもよろしい。つけた感触に比例してちゃんとつく。

そして同じベクトルで離れて行くのも早い。だから毎回つけないとダメ。

ビリヤード場の啓蒙ポスター。『毎回つけよう!上達の早道だ!』は正しいと思う。

でもね、うーん…私の今感じている実感では、どんなチョークも程度の差はあれ必ずラシャを汚す。このマスターチョークだってそうです。つければつけるだけノるので、撞いた時そのぶんがはがれ落ちるのは抗いようが無い。私はたぶんチョーク盛るほうなんで、例えるならセンターショット40球前後でスジ出るんでないかい?と。

ええとですね、こっちの方が一般論から外れそうなんですが、学生の時に黒板の色チョーク触れたことがある方はちょっと微笑んでもらえるかしら。アレって白、赤。黄色、青があったと記憶するんですけど、青と黄のチョークって書けた時の印象に反して少し柔らかい感触ありませんでした?私の記憶では赤>白>黄>青の順に固かった。あぁ、どなたかまだ、ついてきて下さっていれば良いけれど。アレの青チョーク。

b0046213_21176.jpg


いちおうちゃんと使った実感としての私見ですからね!?とにかくやはりこれがスタンダード。困る事がひとつも無いけど望むこともわからないというモノ。タップ(棒の先端につける皮。やはり消耗品。)との相性は無視します。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-04-22 19:02 | ビリってtrès bien . | Comments(1)
ビリヤードチョーク:プロローグ
絶対なんて世の中に無い。無いことよりも有ることを証明するのは至難の業なのだ。

でも、あえて言うよ。絶対あるよ。

マスターチョークは!


ビリヤード行くと何か3cm四方の立方体がそこらに見つかると思うんですが、これ、チョークです。黒板に書くアレかと問われると確かに書けそうなんで言葉を選ぶんですが、ブツは違いますよ。いろんなスポーツで言うところの滑り止め、ですね。

ビリヤード台が有る場所に行くと台に間違いなくチョークは備え付けてあって、そしてそれはほぼ100%マスターチョークです。普通道具はその場のレンタルで済んじゃうのので必然的にほぼ100%の人が『マスターチョーク』を見かけることになります。


b0046213_848575.jpg


あー、見たことある!と頷く諸兄もおられるかと。ほら、女の子とボウリング場行った時見たじゃん!
隣りのオジサンがつけてたから真似してみたじゃん!
アレを棒の先に、こすりつけるのさ。謎でカッコイイよな!!というわけで、、謎の中にはドコで買うんよというのも含まれてるわけですが、じつは欲しけりゃ90円ぐらいですぐ買えるというお手軽さナンバーワン。が、予想外の敷居が低いからといって、せこいコスパと笑ってはいけない、見えづらいんですがビリヤードは台など道具の投資と維持費が大きい。釣り堀みたいなもんだなと思って頂けると一般的にはたぶんジャストミート。

さて、このチョークってやつ、まるきり初心者のうちはあんまりつけなかったりするんですけど、ビリヤード場には大抵啓蒙ポスターがあって『チョークは毎回つけよう!上達への早道だ!』なんて書いてあるんだぞ。まぁ、殆どの人は読まねーよなアレ。

ところがチョーク界はこの90円だけでは済まず、実際には色んな種類があるんです。値段もピンキリ。この1個100円未満から なんと2,000円オーバーまで。

釣り堀にいるヘラブナ釣り師の高そうなウキとあなたの間に温度差があるように、『ボディービルダーの大会の応援かけ声』 >>> 『空手の大会の横断幕と応援ヲタ芸』の次くらいに相当する、当事者以外には死ぬ程どうでもいい事です。宗教みたいなもん、だと思っておいてください。

ただ、昨今でもヘラブナ釣り、もといビリヤード始めようっていう人はいるんですけど、昔と違っていまみんなネットでさらえちゃうんですね。良い時代だなと思うけど、意外と出てこないのがチョークについて。また実際プレイしている人でも通常道具の貸し借りはしないと思うんで、当事者であっても使い心地については謎な部分は消えないままかと。

そこでマスターチョークをゼロ基準とし、私の使ったチョークがそれぞれどんな感触なのか、買うたびにチョークレビューをちくちくとすすめて行きたいと思います。
b0046213_1804631.jpg


※ クリックでちょいと拡大可能

イメージで大別するとこんな感じだろうか。お菓子の対抗軸と筆記具対抗軸にしました。考えたつもりなんですが、逆に敷居の上がった感じがするグラフ。いや、なるべく分かりやすいように、って思ったんだけどネ。

b0046213_981489.gif


感覚としてサラサラとしたタイプと目が詰まったタイプがあるんです。しかしラシャ(台の色付きフェルトの部分)を汚しやすいか否かはこの特性に依るわけではありません。

それでは次回、この基準となったマスターチョークのご紹介より始めたいと思います。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-04-17 09:18 | ビリってtrès bien . | Comments(8)
○○なフレンズ。
該当番組は観たことないんですけれど、流れて来た君は○○なフレンズなんだね!という語感が気に入って色々な言葉の端につけては喜んでる日々です。

ところで数日前、出かけようと思ってマンションの玄関口に出たら

土下座してるフレンズがいてね


いちおうびっくりしたよ、他人様のモメ事とはいえ昭和生まれにはあんまりカジュアルな光景じゃないですからね。


<参考>  いったいどんなシチュエーション?! 仕事で土下座したことがある社会人は約1割!
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-03-31 13:59 | 日々どーでも | Comments(6)
ハスラーって何なんでしょう?と。
『ハスラー2』という映画がありまして(1986マンガ「山口六平太」連載開始年)これがバブル期の日本にポケットビリヤードの大ブームを巻き起こしました。ニタニタしたトム・クルーズが最後までニヤついているという、オススメの見なくていい映画です。ものすごくまとめるとトム・クルーズは当時新星のスターに見られていたわけで、「トップ・ガン」で彼が全然着てもないのに間接的にMA-1人気爆発とか、すごく影響力有ったんですね。(※参考:皆が脳内で追った元イメージ)

さてこの映画、原題は The Color of Money、何がハスラーなん?と言いたいとこなんですが、1962年の「ハスラー(The Hustler)」に端を発しています。ポール・ニューマン出てますが内容は繋がっていないスピンオフなので広告代理店の忖度だか斟酌だかによる、パーフェクト便乗です。しかしハスラーとは何なのでしょう?ハッスルする人ってことなんだとは思うんですが。

1962年
b0046213_13381859.jpg元の「ハスラー」を観た世代は苦みばしったポール・ニューマンが挫折と哀しみを乗り越え自らの誇りを再び勝ち取る様子に、何やらカッコイイ!ギャンブラーを想像していたのではないでしょうか。



ところがこの2作の間には20年以上の年月が流れておりまして

1975年
b0046213_13415334.jpgここにヒット曲The Hustel/Van McCoy and the Soul City Symphony登場


ペッポペッポポー Do The Hustle !! っつーわけで元気いっぱいじゃないスか?コレ。水曜ロードショーっぽいトランペットもイカス。たぶんこれがハスラーの意味を分断しちゃうことに。

1976年
ひらけ!ポンキッキ!ハッスルばあちゃん

1986年
b0046213_1355741.jpgくだんの『ハスラー2』ロードショー。ストーリーの浅さとクルーズ氏の元気いっぱいな若さも運悪く重なって


よおし!頑張っちゃうぞ!みたいな意味なんかな、と漠然と考えてたのは私だけではないはず。だって1962年の観てないもの。そして今みたいにネットで調べたりできない時代なんで、あんだけ乱立したプールバーも、何で「プール」って呼ぶのか誰も知らないし(諸説あるようです) 英単語 hustel とhassle の聞き分けできないまんまでも困らないもんだから、いまも誤解したまんまの人が多いのでは。

ところが私は偶然、ソレ違うよ、と教えて頂いた。この時代、じつはプールバーとやらの乱立以前から学生街なんかには古くからの「ビリヤード場」が残っていて、そこに通っている古株のオトナ達が物見遊山に夜の街に流れて来てたんです。私プールバーでアルバイトしてまして。そういうお客様の1人に映画のハスラーは賭けビリヤードの人とか、人と騙すとかの意味もあるみたいだけど、と教わったんです。「前にもハスラーって映画有ったの知らない?」って(笑)。

044.gifつまりハスラー、というのはギャンブラー、要は「なんとなくハスラー@1962のイメージ」で合ってる。


b0046213_13501452.jpg人を騙すというより、緻密な計算や弱みを見せない工夫というか、駆け引きって感じなのかな。


しかしここまで来てもたぶん語源であろうハッスルとハスラーが結びつきません。外国語あるあるだと思うんですが、単語を辞書で引くとやたらに多方面に意味を持ってるヤツとかあるので、こういう時は語源を探って表そうとしている雰囲気を探るのが手っ取り早そう。動詞の俗語などは頻繁に使われるうちに意味が変化していくことが多いですよね。

そこでまず語源であろう 『ハッスル』について調べてみると、wikiによれば

「映画ハスラー」の翌年にあたる1963年に阪神タイガースがアメリカキャンプから持ち帰って来たとか(笑)。同年植木等が映画内で曲を唄うも NHK がハッスルはアメリカの俗語では売春婦が客引きする意味があることを理由に放送禁止用語にしていたと。

もういっちょ辞書で見てみると…。たぶんなんですが本来の意味として粗っぽく人や物が移動する(させる)状態、を指しているのかと。「だまし取る」も含まれているので、ハスラーの語源がこれであることも間違いないと思います。娼婦の誘い言葉、とかだまし取る、とかまあ何となく「ガンガン行こうぜ」印象的には有っているかな。「ダンス」も含まれていますね。Do The Hustle !!ってやってるのはハッスル=ダンスのことだったのか!そういえばドラクエにもハッスルダンスってあったな。…ネットの海は広大だわー。

しかしヒット曲や文章に組み込まれる経緯のせいか、張り切るハッスル、でもハスラーと言われるは認知度高い、でもハスラーについては「ビリヤードする人?」と理解にばらつきがありそうです。まあ知ってても得はないしいいんじゃない?と思ってましたが

2014年
スズキ ハスラー 発売

えっ!ナニ?(錯乱)


元気いっぱい!????

参考:オフィシャルによるとまさかの『ギャンブラー』

ええええっ…鳥山明まで使っておいてあンた背中が煤けてると仰る!!!???
b0046213_15225143.jpg



岩井の本棚


(以前yan-twoさんに教えて頂いてから Keep チェック)

一番のハスラーは一見の客と店の権利をかけて勝負しちゃう、でも顔も描かれない主人公の父親ではないでしょうか。ダメなほうの真性ギャンブラーだよ、コレ。それに相手だってイカサマとかじゃなくて正々堂々申し込んで来て勝負してるし!
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-03-27 17:03 | ビリってtrès bien . | Comments(4)
夜中に地震が有ったんですよ。
数日前、深夜にグラッと揺れたんです。そう、地震。深夜2時前だったと思います。

何でだろう、夜中に地震があるときってその前から起きいてその後のグラッ!というのをまるで予見していたような気さえして私ゴッドなのかすら、と思ったりするんですが、たぶん普通にP波の時点で(※参考:P波とS波)目が覚めているのでしょう。

枕が合ってないような、と言い出すほどなので元々何が有っても熟睡してます、という人が本当に羨ましい限りではあるんですが。久方ぶりの震度3でした。1分ぐらい続いたのか?何だかなじみの無い揺れ方(長い!)。相方がグースカ言ってたんで、私は叩き起こす用意をして様子を見たんですが、何もありませんでした。相方は起きてた、と言い張っています。「じゃがーくんがトイレ行ったのも知ってる」っていうんですが、それ地震も収まって速報津波チェックして(海が遠くありません)市からの防災メールがとっくに届いてから、ね。こんな嘘ついて何の得があるんだか。

登録しているとN市(県庁所在地)の防災メールが届く仕組みになっておりまして、他の自治体は知りませんが大変有り難い。「地震!」もそうなんですがヤバめの波浪警報とかきちんとメールしてくれるんです。有り難いことだといつも思っているんです。誰かがそのために深夜勤している。水がジャーと出てガスがボーと燃えて屋根があって寝床でぬくぬく。生い立ちがサミシイせいなのか、中年の今になってもそれらが全く当然だと思えずにいます。ただまぁ、そういう自分は嫌いではありません。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-03-26 16:28 | 日々どーでも | Comments(1)