台風22号が去って行く。
沖縄本島、ひさかたぶりの台風直撃です。昨日深夜から強い風に落ち着いて眠れず、10時過ぎにMAX。昼前にふと落ち着いて、台風の目に入ったかと思うとこれが意外に長く13時頃から吹き返し。現在16時前。だいぶ落着いてきました。沖縄本島では今日昼に最接近、という予報でしたが最接近=最高荒れる、ではありません。

友人から生きてるかとメッセージを頂戴しましたが、工事現場のタワークレーンが頭ぶんぶん振ってまして、今のところは平気、としかいいようがありません。いや、科学的に倒れるはずはないんでしょうけれど、なってみると一般市民って「強風時のタワークレーン像」なんてニッチなシーン知るワケないじゃないですか。

すっかりと田舎者となった私は台風ってピンポイントな現象だよね、と思っているんですが、以前上京した帰りに台風の接近が重なったおり、周囲が異常なほどナーバスで驚きました。もちろん慣れているからといって油断はしませんが。沖縄が台風銀座( <<< これも古いなぁ)と呼ばれる理由は2つ、台風が生まれるからではありません。

1. 台風の通過数が他地域より多い
2. 台風は大抵沖縄辺りで思春期を迎えるのでとりあえず大変強くなる

は特に重要で本州に行く頃には普通に台風は成長して落ち着いた青年になりやすい。同じ台風でもアナタと会う時には結構落ち着いてる、とご想像ください。

さて、そんなふうに低気圧が台風になるという全然甘酸っぱく無い思春期を見つめる我らの島なので昨今はマンションでも家作っても雨戸が着かなくて、いくら強度が上がってますと言われてもコワイ…としか言いようが無い世代もまだまだたくさん。

そんななか、胸を張るほど台風が来ても、じつは台風の目を通るのってかなり確率が低いんですよ。台風には目があって、そこを通ると凪ぐ、だがそのあと!なんて図鑑で読んだ事が有る方もいるのでは?でも殆どの方は体験したことがないはず。ドーナツの輪に入るか否か、ちょっとズレただけであり得ない。
前述したように私が台風はピンポイント現象だと理解しているのにはそれもあって、台風の目をまるっと通過する、つまり進行線上に自分たちがいるのってそうそう無くて、実際に体験してみると、それは教養として理解していても不気味ですらある。本当にピタッ!と止まるんですよ。今回は晴れ間すら有りました。

しかし沖縄は台風そのもの、の怖さですが内地は前線がある事で思わぬ降雨が。私は既にこの感覚を失っていて、気をつけて、としか言いようがない。後ろに山があるとかね、ホント避難を思い立つ人はぜひぜひ躊躇の無いように!
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-28 16:19 | 日々どーでも | Comments(0)
【ゴリオ爺さん】を読みました。
小説【ゴリオ爺さん】を読みました。

年を取ってきますと馴染みの無い長ったらしい名前がやたらに出て来てますます覚えづらく「えっ…これ誰だっけ…?」が良く有るのですが光文社古典新訳文庫版は有り難いことに主要人物の肩書きメモが書いてある栞がついておりまして
b0046213_21342689.jpg

…天才か!


「世の中カネがすべてなのさ!」の腰巻きもふるってます。作中にまるっと台詞が有るわけではないんですが、そんな結末です。まあそりゃそうなんだけど。
さて、私は別に小説好きというわけでも無いので、これから並べるのは立派な書評ではなく中学生の読書感想文とお見知りおきください。(こっから全然変わってない)。自分の愛する作家が( → エントリーされてるかすら分からないまま)ノーベル賞もらうかも!と毎秋集まるような熱意など湧く事は無い。

過去ドストエフスキー著名5作 → フランス好きなんでフランス文学 → そっからフランス古典やら読んでみるかに繋がっておりますが、私は初めにドストエフスキーはこの世のオチの冗長ナンバーワンだと思っていました。だが、フランス文学古典に比ぶるものなしと今の時点で言えましょう(※ 既に私はユゴーとプルーストはギブアップ中)。

その長話といったらサスペンス劇場で
****************************
山村紅葉が深夜にお腹空いたァ、よし食べちゃうか!などとほざいてカップ麺あけて湯を沸かす、クダクダ有ってうっかり転がるヤカンを見つめた刹那、謎を解くヒントを閃く!もみじ とします。
****************************
 ※ 全て私の妄想です。

ドストエフスキー:もみじ +サモワールが湧いていた
フランス古典文学:4もみじ さらに各もみじ を関係代名詞で繋いでてクソ面倒くさい。

外国語苦手な人ほどハッキリ覚えていると思いますが、元々後ろに補完していく言語で関係代名詞ってほぼ逆の日本語話者には凄くなじまないリズムでして、カッコの中にカッコを入れて繰り返していくイメージですよね?適当な長さならまだしも
b0046213_15415757.jpg

スパイス、とか上野、辺りでもう情報が上限に。最終的にカレって誰だっけ?みたいな。私の知人に、この喋り方する人が居て。もう言いたい事が全然わかんない。

もちろん私も日本語訳を読んでますけどこの冗長な表現に入り込めるまでに日本人作家の小説以上にクセに馴染むのに時間がかかります。そして私が知る限りなのですが、フランス語を含むヨーロッパ言語は『同じ表現の繰り返しを避ける』のを文章構成の美徳としていて、たとえると

大統領 >> 最高府の男 >>> 華奢で背の高い >>>> 底意地の悪さに優しさという確信を持つ

とか繰り返すんですけどこれももう、カッコ内にバカバカ情報を盛り込む感じで面倒くさい。これも誰だよ?あっ…?大統領のことか…という手間を増やす。もちろん日本語表現でもそれはあるのですが主語を曖昧にできる日本語はかなりクッションが柔らかめです。せっかく翻訳し直すんなら分かりやすくして欲すぃ…。

さて、そういうモンだと達観しつつ、いつもの3行まとめを。

・成金のゴリオさん娘溺愛
・甘やかされた成金婚の2人の娘、バカのまんま嫁ぎ先からも親爺にたかって爺さんスッテンテン。そのうち1人は主人公を情夫にすることに。
・主人公、金のニオイに終始ふらつきつつも、人間関係上、孤独に逝く義父を看取ってから金と成功の世界への誓い


さて、この【ゴリオ爺さん】私が今まで読んだ中でベスト1の後先見ない少年ジャンプ的進行。何と言うか刹那的で、やたら物語がさくさく進むシーンと、前述したようにど〜〜〜〜〜〜でもいいシーンが長ったらしく語られるというバランスの悪さ。オシシ仮面的ループ(※ @ドラえもん。締め切りに追われ主人公を殺してしまった漫画家が収拾つかなくなって読者の期待感のために登場人物を毎回殺して引くという禁断の手法に陥る黒エピ)みたいと思ったら当時も連載だったのですね。

読書感想文を書きたい方は光文社古典新訳文庫に限ってはあとがきにネタバレ有りで簡潔なので、そこから膨らませましょう。これでA取れるならむしろアナタに文才があるかも知れません。

主人公ウジェーヌが住まうパリの共用アパートにはほか住人にゴリオ氏、重犯罪者ヴォートランが混ざっています。このアパートには他に大金持ちの父から認知されずにいる若い女性がいて、主人公はヴォートランに彼女の兄=つまり家系の相続者を殺すので、その先相続者として金持ちになるだろう彼女と一緒になればいいとけしかけます。
主人公は迷いますが同時にコナをかけていたゴリオの娘との天秤に「どちらがカネになって出世に繋がるのか」とおおいに悩むのです。ここで難しいのが何でゴリオ氏の娘さんたちって既婚者なのに、平然とチョッカイかけてんの?ということ。このあたりはバルザックなどの背景に詳しい鹿島茂氏の著書が大変分かりやすいです。ここではそういうルールとしておきます。成功したければ社交界に出る必要があり、自分にカネが無ければチャンスは社交界の誰かのヒモか愛人になる、なのです。

何と申しますか、あっそ…という話の連続なので人間らしいと言えばヴォケール館で警察のイヌとなってヴォートランを陥れようとしたミショノー嬢(と、いってるが独身なだけで中年。原文が mademoiselle なのでは? 現代はみなmadame で統一されているとか。)をなぜか出入りしているだけの主人公の友ビアンションが音頭を取り、全員が「かーえーれー!!!出ていけー!」とやるシーン。皆それまでエラく汚いジョークを浴びせ合いつつ、人付き合いを臆面もなく天秤にかけつつ、なのにいったい何が君らの誠実さなんだ?と考えさせる。ゴリオさんの末期に付き合う主人公ウジェーヌと友ビアンション。日本人が古典に望むサムライ的忠義は国際的にはまるで通じない感覚なのかも。

ちなみに私の知り合いのフランス人は『フランス人(は)、とても失礼です!私は日本に住みたい!』と言ってました。凄く気がいい人なんで、強いハッタリからの駆け引きを好まない人なんだと思います。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-25 20:03 | 世界遺産的マンガ&BOOKS | Comments(4)
スゲー風邪を。
相方が一週間弱鼻をズービー鳴らしていて、鼻風邪を引く人ではないので珍しいなぁ、と呑気に構えておりましたが。

当然私もキャリアだったわけで


7日後ジャスト、何か時限的モノが爆発。鼻風邪標準装備の私め発症。あっという間に両鼻が通行止めだと?!
あぁ、いつだって体が弱いのは私の方なんだ。そして慰めらしい、相方はさほどひどくならないよ、と鼻を詰まらせながら言った。

こんなに鼻から膿が出るもんなのか


生まれて初めてというほどに鼻と喉の上部が炎症を起こし、晩2時間おきに起きては膿を吐き出す。タンじゃねーのよ、鼻奥から出てる膿なんよ。
ところが困った事に訪問の用事を2件抱えていて、途中病院に行くもここで死ぬほど待たされクシャミも止まらなくなる。マスクをしてきて良かった、と思いきや今度は中で膿を生産することをやめ、外への排水に切り替えた我が鼻よ。もはや流れいずるこの清流、止まること叶わず。マスク無かったらもう、カタツムリみたいなキラキラをご披露できるよ。

訪問先でこれ食って養生しろと菓子もらう。普段甘い物苦手なんですが、具合悪いとやたら甘い物が欲しくなる。というわけであー…具合相当悪いらしい。トコトン寝る、というのが先週末。訪ねておいて近寄らないでくれ、という非礼も既に気にならない発熱。

やっとこ熱は下がったけどまだ不完全。中年になると発熱後の回復が遅いの何の。

そして体調不完全ながら日曜日は台風だ!と頑張って期日前投票に行ったら、翌日結構晴れ間なんて見えちゃってまして。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-22 16:42 | 日々どーでも | Comments(0)
【荷風になりたい】を読みました。
【荷風になりたい/原作;倉科遼、画;ケン月影】を読みました。

感想

お、汚おお…


こちらでは『オス教養マンガ』とのご紹介でして想定している辺りはワカランでも無いのですが、なんたって作画のケン月影先生が御年80ほど、漢字で漫画と呼ぶにふさわしひであらう。倉科僚氏は元「司敬」ですね。随分昔にゴラクとかに描いてた憶えがあります。

昭和官能系よろしくファンタジーな物語なんか全然無い。そして出て来る女性は色気が凄いが艶がなくて、一律同じ感じ。体型と目つきが全員同じだったりするんですよ。結局金が尽きない女好きの荷風があれこれ舌なめずりをしては囲っては離れ、という繰り返しに。せっかくのビッグコミック=大型出版社なので、もっと話を膨らませてくれても良かったかと思う。

荷風が若い序盤は良いんですが、戦後焼けだされて後ぐらいから何と申しますか、ボケも入って来た前歯の無い老人が我が儘放題という絵面になってきて、この辺から特有の口臭すら生々しく臭って来る気すらしてきます。これが絵面的にも辛い。
悪たれ巨人、銀牙などでおなじみの高橋よしひろ氏はどんな衣類も(故)PL学園野球部か!っていうぐらいスキニーに見せてしまうという個性が有るのですが、御大にかかると何故か全てが対極。ルーズな Talking Heads 時代のデヴィッド・バーンみたいな感じに。カラー頁ではスーツを黄色で塗られちゃったりとかして、バブル臭漂うんだよなぁ。

壮絶な最終回は前歯の無いだらしない感じの老人が2人向き合うという読者から見ると粋なんだか何だか分からない印象にまとめられて、悪いんだけどもう口臭しかしてこなかった。色事と花街にしか興味がない人と私のようなそれらに全く興味が無い人との温度差がマンガというツールを持ってしても角をとってくれないという不思議。ビッグコミック誌上ではほぼ真ん中に有ったんで人気はそれなりに有ったのかな。昨今のエロマンガもちゃんと読んだ事有るんですけれど、私はマンガ温室育ちなんだと思いましたよ。いまどき漢サザエさんみたいな。

さて、私は著名な小説家だという永井荷風を読んだ事がありませんが独り亡くなっていたとか。
こちらの方も仰るように当人本懐の「今で言えば孤独死」にあたるのでしょう。

私の知人は孤独死していました。生前から随分横柄に生きていた人で、気まぐれに優しい面を見せる事も有りましたが、私が接していた部分でもほぼ80%人との関係に優劣をつけることに終始しておられ、既にご近所でもキの字として名を馳せていましたので、人々がこの人を避けて行くのは至極当然のことでした。元のご家族、ご兄弟も距離を取っていたほどに。そのうち持病を抱え、ある日独りで亡くなっていました。私ですら知ったのは1年後です。

彼を知る人達は皆訃報を知って「好きに生きた筈だ。満足だろう。」と評しました。
彼と遠巻きな距離しか無い人たちは「彼は寂しかったんだ、なぜ皆が寄り添わなかったんだ。」と言いました。

でも私は自分が関わらずに「助けてやりなよ。」と無責任に言う人たちが居ることを知っている。私にわかるのは、もし彼を助けようとする人が居たとしても、結局彼はそれを使えるモノとして考えるだけだろうと思う。やっぱり自分中心に生きただろう。で、やっぱりり末期を迎えても、彼には後悔なんてさほどなかったんじゃないかと思う。究極の身勝手とは自分自身にだけ責任を負っていて、他のことは擦り合わせなど関係無く口八丁だからだ。そういう意味で永井荷風はとても身勝手で、しかし自分の人生だけにフォーカスして全うしたのかもしれないね。死を恐れず、常に死を思い今日を派手にしてやろうと思うことは自然な延長線上だと思う。

私はついつい自分だけの人生だと考えきれない。そういう意味では荷風的な生き方には憧れるけれど死がリセットだと思い込めるだろうか。こういう価値観を共有できないとオスの教科書は読み切れないような。

凡人の私としては、こんな年老いてワーワー我が儘ばっかり言いたく無いよう。関わった人にこそ悪く言われたくないよう、と小心ゆえ思ってしまうのですよねぇ。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-13 22:32 | 世界遺産的マンガ&BOOKS | Comments(2)
今日はツイてます!
本日『那覇大綱引き= 那覇まつり』です。那覇まつり、じたいは明日まで続きます。旗頭(はたがしら)観に行った(※ ほぼ恒例ら17,000円で買ったサングラスを無くしてさらにガムを踏んづけました。祭りだというのに、今日はとっても憑(つ)いてましたヨ!あれやこれやと友人を1日中連れ回して振り回して8月に東京で買ったサングラスがたった2ヶ月で別れを迎えようとは思いもよりませんでした。サングラスに関しては徹底的に自分が原因なので自分の愚かさを噛み締めることにいたしますが、ガムをそこらに吐き出す習慣の無い私としては怒りを呪いに昇華させたい次第です。仏罰でも当れ。だってそうでもなければ、せめて世界を回す俺の善意がしぼんでしまう。

Blue Giant Suprime(2)@石塚真一 この人の漫画の登場人物はみんな自律しててカッコイイ


ところでまあ「話せばわかる」なんて言われると赤面しちゃう黒魔導士の私なので、色んな人が世界を回したいと思っていても元の価値観が違い過ぎてお話にすらならないなんて良くある話。今日も旗頭を見物に行くと隣りに陣取っていたおっさまが酷い目に。

始めにモノを置いて人が居ると示したつもりでどこかに行く。

(1)中国人観光客に占領され、そこは俺の場所だと主張。そのルール、劇場でも無い場所で国際的に通るのかな?と思ったが、向こうが引く。たぶん本国ではなく、良く下調べしている台湾人。私的にはこれはOK。おっさんも間違いでは無い。

(2)パレード始まる。すると三十路カメラマン気取りがおっさまに声もかけずすぐ隣りに登ってカシャー!!カシャー!!カップルぐらい近い。2人って知り合いなの?と思うぐらい近いんだけど、どうやら知らないらしくおっさん不満気だが耐える。いや、何も言わないで誰かのテリトリーに近接どころか侵入してるぞ。台に登った先に靴はおっさんの顔先にある。おっさまどうして黙ってんだ!さっきと同じく言っていいんだぜ、むしろさっきよりガー言っていいんだぜ!

(3)さらに観光客の女性2人「きゃあ、いいとこに来たかもぉ!」と地べたに座って自撮り開始。なぜかおっさまの足下スペースに寄りかかる。おっさん、硬直。言ったほうがいいぜ、とさすがに目配せしたがおっさま言えず。言えよ!あんたさっきからナメられてんだぜ?ダスキンモップの霊でも憑いているのか?しっかりしろ、お前は出来る子だった(1)じゃないか!

世界と社会が合致し始めるとき、若かった私は多くの大人がわざと黙っていてくれていたのだと知った。
そして感情的に私を叱った人たちは、曲がりなりにも私を愛しくは感じてくれていたのだと知った。辛抱だけでは世界が回らないような。話しても分からない人がいる、の1人になるのもまた愛のような気もします。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2017-10-08 18:06 | 日々どーでも | Comments(2)