11/24フッキン
何か吐き気がするんですよ、こないだから。
でもちょっとフッキンしてきます…。
帰って来たら…もう…動けないかもしれない。
風邪かな、これ…(||●∀●)
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2004-11-24 13:57 | Comments(9)
千里の道も二歩から
にふ、と読んでくだされ(念のため)。
もちろん自分も将棋なんて分からないので、調べながら今更ながら。

「二歩」とはこういうことだそうです。つまり同じタテ列に「歩」が並んじゃダメだよ、ということのもよう。

で、こちら。動画です

手前側が黒い服を着た(最後に映る)豊川6段。
しばらく考えたあとパチン!!と歩を置いた刹那。
ぜひオヒマな時にどうぞー。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2004-11-23 11:02 | 日々どーでも | Comments(9)
井の頭線で君に会えた
yasakaさんのところから引っ張ってまいりました。ええ、朝刊で知りましたよ。夕刊なんかとってないけどね。

まだ都心部にいたころの昼下がり、ガラガラの井の頭線の席に彼女はたたずんでおられました。
すると隣にいた、お髪もすっかり老年期への準備を始めた紳士がやおら彼女の前にたつとこう言ったのです。


「あの…ドラえもんさんですよね?」



一人の女性を捕まえて「ドラえもんさん」呼ばわりも無礼極まりないとは思うのですが、彼女は「はい、そうです」とにっこり微笑まれてせがまれるまま小さな紙にサインをしていた。少々のぞくと「ドラえもん 大山のぶ代」と書いてありました。

25年間もハマり役としてアイドルの座に君臨した彼女。
著者をして「(ドラは)こういう声だったのですね」と言わしめたと聞く。
yasakaさんのおっしゃるとおり、いつかは来る。でもそんな覚悟をしていなかったもんだから、寂しさばかりが沸いてくる。

子供だった自分はアニメの放映時に「ドラえもんはこんな声じゃないのに」とがっかりした記憶。
すっかりオトナになりました。もち大山女史も69歳。今では彼女じゃないと、あの青い生き物は心許ない気持ちすら。(←Macのネスケだと観られないかも)

気になるのは、二代目がアレを「ものまね」するのか。それともオリジナル路線でいくのか。

大体、カツオを担当する「みーな」は「ものまね」してるのか?
ノリスケはすでに別物になっているじゃないか。

そして自分も冷凍食品のCFを観て「お、この声マスオさんジャン」
失礼だよなぁ(たぶん)キャラ呼ばわりって(笑)
あと、温泉の素にフネさんアテてるよね。TARACOはちびまる公じゃなくてザブングルやってなかった?と言いたい。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2004-11-22 14:23 | 世界遺産的マンガ&BOOKS | Comments(2)
つまり素振りにソウルなのだ
ユニクロでチラシの品を物色しておりますと、でぇい!とばかりの勢いで後ろからぶつかる若きご婦人アリ。
ああ、転校生が登校初日から十字路で異性とぶつかる、それほどに激しい接触。
いまどきこんなにスゴイぶつかり方もあるまい。チャージングですよ、ええ。
…なんですが自分が先に謝ってしまいました。「スミマセン!」

「あ!スミマセンー!」

えぇ。えぇ。浜崎あゆみにカブレっぽい、はたまたヤンの字っぽい君がぶつかってきた事は許す。
ちとケバくて好みじゃないが、カワイイしね。ぶつかった事、それはうっかりの不注意さんだろう。

だがちょーーーっと気になるぞ。スミマセン、と謝りながら腰をひいて右腕をこちらにをぐっとのばして手のひらを向ける。簡単に言うと犬に「wait」と言ってるのと同じ。イヤ、腰がひけるのはいいっす。慣れてますから。
ただね。これをする女性を結構見かけるのだが

これ失礼じゃないかい?



前から気になってはいた。狭い道路で車がすれ違う。待ってくれた相手に挨拶をするのは暗黙の了解だ。
田舎町なので日常茶飯事といえる。で、女性の8割以上が

手のひらをこちらに向ける



のだ。つまりこれは問答無用に「待て」という意思を現しているに等しいとも受け取れて、自分はあまり良い気分はしていない。余談ながら自分はこういう時にどうしてるのかというと、「必ずではないが」指先をのばしたまま手のひらを少し丸めがちにして顔の前に持ってきて「ゴメン」という素振りを現している(つもり)。

謝りつつも手のひらをこちらに向けるのは「何も言うな」と表現しているようにも受け取ることができて、謝罪に対しての謙譲的な意義が何も感じられないし、元々謝罪という謙虚な姿勢から発せられる動作に思えないのだ。

往々にして「わかってほしい」とか「信じて」などと言われても、そんなの素行からしか考えられないヨ、と思う自分は薄情なのか?たとえマナーに則していなくとも、相手を尊重する気持ちの有る人間はやはり通じるところが有る。普段の心構えが目にうつるのであろうに。

「wait」の素振りはカワイラシイのかもしれないが、ココロがそこに無かったら何にもならないような気がして。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2004-11-21 21:29 | 日々どーでも | Comments(9)
ウォンチュー!!!!!マナーのニャー
最近モメておりますですよ。

「御中」と「様」と「殿」の使い分け。



「御中」は企業名・団体名あてだというのはワカル。
「様」も個人宛だというのはワカル。
しかし請求書が「殿」で来たりスル。
殿、とは確か目下以下の者に使うのでは無かったか?(「お手紙の書き方」)

--役職がついた時に使うのだそうです-----

>>ex. おやつ大臣殿 / おやつ大臣 フッキン殿

----なるほどーーー-------------------

で、もう一つ疑問。

「フッキン100株式会社のフッキン促進課 フッキソ係長」に宛てる場合って
どこで区切って考えるのだ?????

単に「フッキソ係長 殿」で済ませて良いのか。
「フッキン促進課 フッキソ様」になるのか?
「フッキン100(株)」には御中は不要なのか????

調べたのだがどうもハッキリしない。解釈がいろいろみたい。
「フッキン100(株)内 フッキソ様」というのも見た事があるのだが
合ってるのかどうかはハッキリしない。


自分は知人の結婚式のご祝儀袋に偶数で割れないように「御結婚御祝」と呪いに近い奇数文字を書き込む性質だったりするので、ヒジョーーーに悩んでおります。
結果好みで済ませておりますがな。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2004-11-19 23:57 | 日々どーでも | Comments(11)