人気ブログランキング |
親知らずをブッコ抜き。
こんにちは。
過去記事ブログはまぁ…出来るときはやるぞ。なるべくやるぞ。
と、まあ先に言ってあるからな、うん。
2日前、生まれて初めて親知らずを抜いたのですが、ここまで顔腫れるとは思いませんでしたよ。ハハ歯ー!顔半分だけホームベースみたいだ。
しつこいほど申し上げてますが私め麻酔に対して耐性が弱いというか必要以上に効いちゃうタイプでして、鼻腔からの胃カメラで毎年ドクターに断末魔を見せるのも心苦しい →『じゃあ、ちょこっとだけカメラの先につけてみっか』なんてやったら20分後に脈上がっちゃって結果的に面倒かける、を昨年こなしたばかりです。もう、どうしろってんだ。私の場合は大人量を一気に入れるとドカン!と脈が上がって苦しい→ちょっとずつ様子見ながらならなんとか OK なので、それだけでも自分で選べる選択肢があるだけマシなんですが。
親知らずが奥歯のさらに奥の歯茎に真横のまま完全に潜っていたため、これを取り出すのに切開する必要がありました。結果的に今回の麻酔は成人定量の2/3量で終わりましたが実感として1/2でも平気だったかも。

さて、こういう事情なので必ずドクターとのすり合わせが口頭から必要になってくるんですが、驚くなかれこういう相談をすると『まさかそんなことはありえない』みたいな返答をするドクターもたまに居たりしまして、それに当たるとどうしても乱暴なことになったりします。医師免許と人間性は無関係なので、相性が悪いドクターがいれば私は事情を話して素直に避けたり代わっていただこうとは思っていますが、ここで1つおかしな問題がありまして。
あくまで私見なんですが、このすり合わせ段階でちょっと不安が残るドクターのほうが高確率でウデがいいというか、仕事早いんですよ。たぶん私が不安に思ってる範囲が広い反面ドクターは責任の範囲が狭くとも明瞭、この誤差がしっくり来ない感の正体だと思うんですが。つまり私はあさましくも客なんだからなんでも平身低頭サービスせえやと願って居る。けれど本来私が求めるサービスって麻酔や体調のコントロールと仕事の完了なので、じつはそれさえできてればいい。だから私の受け止め方は無視して、多少人間関係の構築に長けてなくても仕事に責任感持ってるドクターは最適解だったりするのです。しかしたまに全てがアブナイ人もいて、院内とて世の縮図だから仕方ないんだけれど…「おかしな問題」というのは、お任せしようと思えるか否かが好みだけでは判断しがたい点。そう、世の縮図なのだから当然ではあるんだけれど。こちらとしては毎度体張って辛抱が大前提なんでそれこそ命がけで説明しなくちゃならんのですが、ほんとに指針が分からんもんですね。

今回ちょっと複雑ということで総合病院でやったんですけれど、どこか聞いてないふうに見えたドクターも実際は話を聞いてくれてたようで、ぶっきらぼうに見えたのはドクターにとっては見慣れている範囲内だからの様子。実際にはすごく仕事が早く、「意外にも」常に様子を見てくれたので処置はかなり楽に終えてくれました。ちょっと頭がボーとして、あとで頭痛はしましたが、色々リクエストが多い身なのでこれで十分上出来です。

ところで。抜いた親知らずを観賞用として持ち帰った(※抜く時に切断されているためプラモ用パテでくっつけた)んですけど、見つめているうちにこれは歯なんだけど、例えばこれが土から出て来たら人骨の一部と呼ばれないか?と気づきました。自分から出た自分の骨を見つめて居る。中原中也のポエットを思い出します。もし私が行方不明になって、これだけ出て来たら君は大事にするか?と相方に訊いてみたところ、えー…という大変しぶい返事が返ってきました。でもちょっと共感するというか。
# by jaguarmen_99 | 2019-03-27 12:07 | 日々どーでも | Comments(1)
バナナが食べられるようになりました。
私はチョコミントが好きなんですが、いちおうこれがドクターペッパーぐらい人を選ぶものだということは理解しておりまして、チョコミントが苦手な人からのディス定型句「あんなハミガキみたいなもの」は何度聞いてもこれほど悪意のこもったものはない、味わい深い disrespect だと思うんです。絶対に飲み込んでなどやるものかという話者の確固たる意思が感じられ『ゲ×みたいだからもんじゃ焼きヤダ』っていうのと一線を画しています。なぜか異口同音にミントは口に入れるものではないという冷徹な響きすら感じさせるんだけれどそもそも歯を磨いてる時点で違和感なく口に入れてるし、ミンティアに至っては飲み込んでんじゃねーの?お祭りでハッカパイプとか買わんかったのか?


まぁ、悪口っていうのは逆向きの恋とすら言えるよね。というのも私めバナナの嫌いな点を挙げたらキリがないことに気づきました。私、あの後味にある青臭さが苦手なんです。なんていうかね、青竹しがんでるような匂いがするのね、と言ったら相方に「よくもそこまでディスるものだ」と。いや憎んでなどいないけど!ゴメン、バナナ…言い過ぎたよ…これじゃ感情論チョコミント否定党と同じじゃないか。
なんつって、まあ感情論とも言い切れず私め幼い頃にバナナにアレルギー持ってまして、かなり吐き戻してからバナナ禁止令が出たんですね。でハタチを過ぎた頃にふと「今なら食べられる気がする」という素敵な予感に包まれ食ってみたら平気だった、平気だけど予感が素敵だからといってじゃあ食いたいわけじゃない。食わにゃならんわけでもないし、で。
ところが昼まで腹持ちがいい、という理由で相方が朝食にバナナを導入。そして(暖かい場所なので余計に)バナナの足の速さよ!よって私も食わにゃならん事態に。たまにイケる!と思うのもあるんですが、これがバナナによってかなり個体差があって、産地とか身の熟し方とかで正直アタリが1割あればいいぐらい。
ところがある日甘熟王というちょっと立派なやつを買ったら、あ!これ臭わない!むしろ美味しいぞ!そのうちバナナを平気で食べられるようになりました。するとバナナが平気になったせいか、昨夏に東京駅で「ソルトバナナチップスココナッツ入り」(サンクゼール)を買う気になりお土産に買って帰ると、ボーリボーリ(食)、これが何だか美味しい。それに日持ちするから生バナナ食うより味もコスパもよくね?で、現在ではソルトバナナに限らずバナナチップ+ナッツやドライフルーツん他もろもろを豆乳ヨーグルトにふって食ってます。もうバナナ食える、食えるよ!

なので、もしかしたらチョコミント否定党もある日宗旨替えする日が来るのかもしれないぞよ。私もいまドクターペッパー飲めるかもしれない(ルートビアに疑問感じたことはないので※ルートビアは強いていうならサロンパスの味)。


# by jaguarmen_99 | 2019-01-19 18:47 | Comments(7)
寒いですね、と真顔で言われた件。
一気に冷え込みました。どうやら全国的に寒いもよう。

沖縄だからって年中暖かいわけじゃないんですよ?というわけでこの島でも冬場はダウンジャケットを着る人は増えていて、私もその一人なのですが。
ダウンを着込んで横断歩道前で信号待ちをしていると、『寒いですね。』と女性から声をかけられた気がしました。

私は普段バイクなので厚着になりやすく、場の TPO とかちと気にするほうなのでダウンはちょっと悪目立ちかな?と一瞬気後れ。振り返ると

誰だろう??

私はしばらく彼女を見つめ、おや?人違いでは?という素ぶりを見せてみた。すると彼女は

グイグイ見つめ返してくる。笑いもしない。コ ワ イ。
なぜこんなに確信に満ちているのだ。お人違いではありませんか?あれ?もしかして知り合いなのかな‥‥見つめ返してみる私。‥ああ!やっぱり!

全っ然知らないひとだよオイ。

ぜったい人違いだってば、あれっ、もしかして他の人に話しかけたのかな…(キョロキョロ)いや、自分しかいないぞ?

『寒いですね。』
2回目キタ。また真顔でグイグイ来た。確実に私に話しかけているらしいが笑顔もないので通りすがりの雑談でも何でもないぞ。意味はわかるが意図がわからないから コ ワ イ!「ええ。」と答えるのが精一杯だ!しかし構えはしたものの彼女はそのあと振り返りすらしないで立ち去っていってしまった。困ったことに全く覚えがない。
が。しばらくあとでふと気づいたのだけれど、私が彼女を知らないことは間違いがない、なんだけど半年ぐらい前にそういう NPO 法人がやってる出張パン屋で働いてた女の子ではないか?と。私ではなく同行の友人がその子によく話しかけていて(私はこのパン屋で買ったことすらない)彼女は友人のそばにいた私を覚えていて挨拶をしたのかもしれない。確かめられはしないけれど、だとしたら良くも覚えているものだと思う。要は怖いんでそうだと信じておきたいんですケドね。
しかしこうなってみるにコミュニケーションの記号ってじつは経験則による阿吽だったりするのだと思う。意思があって話しかけているという笑顔とか、人違いでは?という顔色を伝心することとか、抜け落ちてみると音の会話はできるも意図を伝えるのは難しくて、意思しか通じなくなる。その点挨拶って逆に意図だけを伝える高度な技術なのだなぁと感心した本日。


# by jaguarmen_99 | 2019-01-17 22:46 | 日々どーでも | Comments(6)
今年もよろしくお願いいたします。
皆さまとっくに明けましておめでとうございます。皆さまにとって良い新年となりますように。
さて、じつに!まったく!ブログ更新の滞った昨年を省みますに『全方位集中できてなかった』と総括できるかと思います。

まず、いち中年として体調がいまひとつ安定しなかったのですが、大きな原因の1つとして心労が重なりました。とりわけ親の老人ホーム入居にまつわるエトセトラは親との関係を改めて見直すという岐路に立つイベントであり、直接の面倒は無いものの通年私の精神に負荷をかけてくれました。春、夏とこのために連続して上京。そのうえで私は「とうとう」わかってしまった。
私は親のエゴの犠牲になった部分が大きく、しかし世間は「いつかわかる日が来る」なんてしたり顔で言ったりするわけで。そして自身の成長に従いある日赦しの達観と諦観をやっと得たつもりだったのですが。いま1人の大人として向き合うとね、ホント、わかる日が来ちゃったよ、これ全然赦さなくてもいいタイプの人たちじゃん…というわけで血縁じゃなかったら絶対近づいてないわー。
まぁ私も間抜けに人のいいとこがあって心配やらはしちゃうんですけど、自分の親はいまも昔も想いの通じない相手なんだということはぐっと身に沁みまして、私はやっとこ心から『親離れ』ができるのでしょう。
前リンクにあるとおり親も含めですが認知症の方が関係者におり、これまた私を疲弊させました。経験された方もあると思いますが、猛烈にアップダウンを繰り返すので受け手側は細かい傷を負いながら防戦一方にならざるを得ないのです。パワハラ上司に睨まれた新入社員を想像すると易いかと。
これらにストレスと加齢のせいか自分の体調のアップダウンが重なり、どうにもひとっトコロに収まらない、しかしやることは山積みだ、という1年でした。もちろん悪いことばかりでもありません。1年を通して忙しいなかにも友人と会えたり、来客が続き、過去あんなに人嫌いだった私はいま頭おかしいんだろうか?というぐらい人と接することが楽しい。何と言うかですね、昔より人を許したり愛せるようになってきたし、昔よりノーをはっきり、だが相手の面子もつぶさない言いようができるようになってきた(そのうえで親と合わないと分かったんですけどね)。自分がねぇ、と我ながら感心する次第。悪く無い変化だとは思います。

さて、新年の計画はというと
まず健康。心と体のケア&コントロール、変わりつつある自分と素直に共存する道を模索すべし
いま手をつけてる創作物を仕上げるぞう
外国語学習は具体的に目標値と計画を立てました

ブログはまぁ…出来るときはやるぞ。なるべくやるぞ。目標とか立てません。

新年の抱負なぞを語ったところで、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

※ 7草セットを八百屋で買ったら『…これ、美味しいですか?』と店員さんに聞かれたので、専門家にそう言われちゃったなら正直に言うよ。うん、美味しかった記憶ないよねコレ。雑草感すさまじいよね。

# by jaguarmen_99 | 2019-01-12 23:52 | Comments(3)
菓子だけ旨い。
たまに土産や贈答のために観光客向けの店に行ったりしますが、まあ、多く無いことなんでお店ってだいたい決まったとこです。
さて、これをごらんになられている方。『紅芋タルト』ってご存知ですか?聞いたことはあるぞ、という方も多いかも。東京の友人にこれは土産で喜ばれるよ!なんて言われたんですが、別な人に言わせると沖縄展とかよくあって見かけがちだから有り難みナシ、とも。この商品、古い世代だと「えっ?ポルシェが作ったんじゃなかったけ?」(※ポルシェとは読谷村ーよみたんそんーにあった小さな洋菓子店。紅芋製品の大ヒットで事業拡大)なんですが、昔からあるから占有呼称を認めないという謎判決により『紅芋タルト』はいろんなメーカーが同じ名前で出してます。伝統菓子、金楚糕(ちんすこう)はわかるけど『紅芋タルト』…??言ってもせんないことですが。これは他の地域ではどうか図りかねますが、たとえば東京の人が『東京ばなな』よく食べる?と聞かれたらあまり機が無いと思われますが、この島ではなぜか観光客向けの土産菓子も割と普段の生活で出てきやすいので、とくに買ったりしなくてもちんすこうだ、紅芋タルトだと皆それなりに食べる機会があったりするんです。

さて話変わって。私の今のオススメ土産はですね

プレミアムパインケーキ

です。これ頂き物で食べたらあれっ???存外に美味しい!?私も相方も大変驚きました。なんで驚いてるのかというと販売元は
とあるパイナップル専門店

なんですけど、けっこう低いクチコミは私も同感なので、さればこそむしろなんでこの菓子だけ旨いのか、と驚いた次第なのです。このパークじたいもう口コミに嘘が無いのに加えて私からも思い出を一言そえると

・パーク内のカートは「ハンドルに触るな」と言われてレールの上を走るだけ
・食べごろのパインの音がわかる!コーナーはどこを叩いても造形なりのほぼ同じ音
・食べ放題パインは確かに県産品かもしれないが、そもそもパインだけ大食いできるものではないし、雰囲気もへったくれもない

観光客目当ての商売なんだけどとにかく接客レベルというのがかなり大雑把というか原始的でして、全体像としては営業センスが悪い、それなのになぜ菓子のセンス「だけ」はいいのか、同じ線状で考え難いほどの落差。さて、この菓子なんですが悲しいかな空港とかでは売ってなくて、この問題のパークか空港手前にあるこちらでのみ入手可能。フフフ、こっちなら普通に菓子だけ買えると思うだろう?ええ、いいですよ、どうぞおこしなさい。

ああ〜接客レベル同じだぁ…。ちゃんと同じ系列店だぁ、って思うからwww。100km 離れてる本店とどうやってここまで雰囲気シンクロするのかなー。笑顔無いけどとにかくしつっこい、「公設市場」と同じ(県内の人は笑えるかと)。あぁ、なのに菓子「だけ」は上手くできている。正直バラにしてコンビニで売ってくれたらちゃんとファンがつくレベルだと思う。なぜ中の人だけがセンスいいのか。もとい早計か?もしかしたらこの菓子だけがアタリなのかもしれないし…。すると、ここんちが作ったらしい紅芋タルトをもらいました。ははは、まさかこれ、他より美味かったりしてね。

‥美味しかったです。


ポルシェ(現:御菓子御殿)やナンポーのタルトに比べ、餡部分が非常に素朴で自然な甘さ。タルト部のザクザク感も固めで古き良き美味しさ。
私にしては珍しく、ここんちの菓子はお土産としてはお薦めできます。思い出としては全くお薦めしかねるのが玉に瑕。というか菓子だけ瑕の中の玉なのかも。

# by jaguarmen_99 | 2018-11-07 12:55 | 日々どーでも | Comments(6)