オラ東京さ行っただ(3)。
せっかく上京するのなら桜を見られるかもしれない、と期待をしていたんですが…。
残念ながら見られませんでした。正確には見られたんだけど、咲いていたのはソメイヨシノじゃなくてその直後の八重桜。生まれて初めて都電に乗って、そこから飛鳥山公園へ。
b0046213_16184275.jpg

それでも何とか桜吹雪をこの目に拝めました。何てキレイなんだろ、と息を止めて見とれてしまう。沖縄でも桜は咲きますが、それは本土のものと全く違う種類の緋寒桜(ヒカンザクラ。彼岸桜ともまた違う)。がっちり濃い色のボテッとした咲き方が特徴です。こうして桃色の花びらを見るのはじつに25強年ぶりでした。こう言うとまるで海外から戻って来たみたいだけれど、それは言い得て妙。いつもの暮らしと故郷はあまりに生活文化が違い過ぎて、もう何を忘れているのかさえ覚えていないという有様なのです。何たって私この短い上京中に

2回反対方向の電車に乗った


確認してから間違ってるから余計タチが悪い。お前東京の人じゃねーのかよ!と相方に叱られましたが沖縄にあっては永遠のヨソモノであり、東京にあっては今更何も私の血肉に重なるところなく。

さて飛鳥山公園に行ったのは桜と、そして外国語学習のテキストで紹介されていた青淵文庫(せいえんぶんこ)を見たかったからです。飛鳥山公園内にあり300円で史料館(施設トイレはここのみ)と青淵文庫、晩香廬を見学できます。

b0046213_16004792.jpg


渋沢栄一に特に興味が無くとも、財界の大物ゆえ海外からの来賓を迎えたりした国産洋風建築を見ることができます。史料館も説明があっさりめ。あっさりし過ぎて尊王攘夷派だった栄一は決起をやめたその足で(徳川)慶喜の部下になってるとか、この行間どう想像したら良いんだか。昔ってこういう寝首をかかれるかもだが有能だっていうヤツもちゃんとコントロールして内包できるシステムが有ったんでしょうね。晩香廬は夏場なんか素敵だろうなぁ、と思いましたがそれは私の単なる空想であり、東京の、あの緑の中です。蚊の巣窟かもしれない。これまた楽しみだったモノレールアスカルゴなんですけど、まあなんつーか、これは、ね。高齢者は助かるだろうけど、そういう感じの乗り物ってヤツね。
さらに買い物があって新大久保へ移動。街がもう外国人街っていうかKの国の街だよね。買い物って別にそういうのじゃなくて、ビリヤード用品買いに。あと古いビリヤード場があるんですよ。
夜は約束があって、外国人の友人と渋谷で待ち合わせる。店の予約も友人がやってくれて、さらに日本人なのに彼らにご馳走になってしまう。良かったぁ…先にご祝儀包んどいて。
というわけで観光客に混ざって交差点で写真!
b0046213_16365486.jpg

オラが村にはないまばゆさに驚くばかりです。ここって何でもあるし、いつも何でもピカピカしている。眠らない街っていう表現がすごくしっくり来ました。ええ、確かに昔は東京の人だったはず…なんですけどねぇ。

ところで私、いつも SUICA に半端に残金があるのが気になってたんですが、羽田てお土産買う時に全部使い切れば良いことに気づきました。余談ですけど羽田は手荷物預かりも自動になってます。おっかなびっくりの2人を察して係員がすっとんで来てくれましたよ。スゲー楽だな、コレ。


[PR]
# by jaguarmen_99 | 2018-04-16 16:48 | このブログについて | Comments(2)
オラ東京さ行っただ(2) ANA 機内wi-fi
昨夏に上京したときには無かったんですが、どうやらこの4月から全日空ではコンテンツサービスと共に機内対応便WiFiが出ているようです(全部ではナイ)。で、私にはちょっと分かりづらかったんでメモ置きます。
離陸準備に入ると電源切るか機内モードにせえや、という案内があると思うんですけど機内モードにしたらWiFi使えないでしょ。どーゆーコト?と思ったんですが、つまり

機内モードのまま専用アプリからWiFi接続

でござった。まあスマホ使って搭乗するなら恐らく殆どの人は ANA のアプリ入れてると思うんですね、SKIP のために。別アプリではなく、このアプリから入るんです楽チン。入れてない方は自宅なり搭乗前までにインストールしてログインしておく。
ゲストログイン(試してない)も可能だけど恐らくそこでメアドとか新たな登録を求められるのではnないかと思われます。だってメンバーログインしたまま wi-fi 接続したら、登録アドレスにすぐ「0円契約した」旨のメール来ましたもん。
b0046213_11483608.jpg


トップページの右下『もっと見る』から

b0046213_11492443.jpg


もう誰でもわかる。『国内線WiFi』へ。
あとはオレンジ色の接続する、というボタンが出て来るんでそれを押すと何ちゃらかんちゃら。迷わないはずです。すると「地上と接続しています」という予想外のお知らせが。えっ、地上なの?いや、地上からこんな高度までWiFi電波飛んでるの?そりゃあ春先電波を感じちゃう人増えるよね、うん。なので繋がるだけで御の字。速度は当然期待してはいけません。実感としてもよくブツ切れます。あと機内アナウンス中は「アナウンス中=おい、話聞けや!」と出て来てやはり切れるのが可笑しい。あと、コンテンツ動画の画面向きはFIXなので初代ゲームボーイぐらいだとお考えくだされ。
それでも機内テレビ、座席の音楽チャンネル、それにコレ。十二分なコンテンツ配信だと思いますよ。国内便なんだし。
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2018-04-16 12:04 | Comments(0)
オラ東京さ行っただ。
えー…とですね。体調がちょっと定まりづらいなか、上京してきました。

この辺りでも少し触れましたが、母親が年末に足を骨折したまま、実はほぼ寝たきりになってしまいまして。リハビリに励む様子が無いことを皆気にかけてはいたのですが、そのせいでまた動けなくなるという悪循環がたたり、老老介護は選べないということで自宅に戻らず老人ホームに入る事になったのです。処理は全て実姉が立ち回ってくれましたが、関係者挨拶と見舞いのため私も上京しました。相方も合流して顔を見せたので喜んでくれてはいましたが、会話のリズムがいちいちミニ4駆コースを10周してぽつり、みたいな感じでして。もう、一番聞きたかった事は聞けないのかと思います。この寂しさ、なかなかコタえますね。

さて目眩の発作は起こらなかったし万事OKなのですが

疲労困憊です


昨年8月にも上京したんですけど、この時私め帰りの時間計算間違えて搭乗ギリッギリ。こっちが悪いし、キャンセルにならなかっただけマシなんですが、キレイなお姉さんから割としつこく叱られたので筋違いだけどカチンと来たりしまして。しかし。先に言います。もう二度とこんな過ちは犯しません。お姉さんは正しかった。なぜって今回上京する折に似たよなヤツがいたらしく、これだけで出発から40分ロス。トイレに立つタイミングを見失った私には(※ 離陸前で20分弱、離陸後30分ぐらいはトイレに行けません)へらへらと乗り込んできたあの人が腹立たしいことこの上ない。ああ、水ガブのみすんじゃなかったヨ!結果1時間遅延です。こんなに迷惑かけるんだ、と心底自分の過去を反省しましたよ!
そして今回いちばん困ったのが、隣りの女の子の口臭が凄まじいことこの上なし。片道が2.5時間強。私はちょいと鼻が敏感なのでコンサートとか含め動けない公共の場所だとこれがなかなかの拷問なのでした。

[PR]
# by jaguarmen_99 | 2018-04-14 22:39 | 日々どーでも | Comments(2)
いまさら知ったんですけれども。
待ち合わせがあり、スタバに行きました。
意識高い人たちがいっぱい居て怖かったので、図書館で借りて来た本をテーブルに置いて意識が高いふりをしてみました。なんかもうこれだけで意識の低さが溢れ出てるんですが。
ところで。釣りとかじゃなく実話で、私、今日初めて気づいたんですけど。
カップ横に書いてあるサイズの上に何やら記号。何だろう。あれっ?これ、顔文字なのか?と。いつも目には入っても何かの符丁なんだろうと思ってまして、今日はたまたま向きが分かりやすくてスマイルマークなんだろうと気づいた。そこで根が大変暗い私は即こう思ったのです。

えっ…な、何でこんなことすんの?…


義務なの?!自分、何かした??何の意図が…!??と怖くなって、人待ってる間に調べてみるとナニコレ。スタッフの厚意なの???

初めて知ったヨ、オイ。


さらに描いてもらえる or not の選民があるのだという!何と言う恐ろしいスタバ道!意識低い系にはこのように全く通じていないとしても!今まで見かけたのも、あれ符丁じゃなかったんだ……

描いて欲しい派には馴染みになるという手も有効らしいのですが、余談として私は店員さんに覚えられてしまうのが苦手で(距離保って欲しい派)、憶えをよくする為に通うという事に自分には持てない情熱を感じます。


[PR]
# by jaguarmen_99 | 2018-04-04 18:28 | 日々どーでも | Comments(2)
サマータイムって意味あんのかなぁ、と。
外国の友人からサマータイムになったお、とメールが来ました。では唄っていただきましょう。サーカスで『ミスターサマータイム』夏時間の旦那!です!…



※美しいコーラスの『世界でも珍しい嫁と小姑が一緒にいるグループ』だそーな。

で、我々にサッパリ縁のないこのサマータイム制なんですけれどね、調べてみると夏と冬、年に2回、決められた日に時計を直すんですわ。明日から夏な、と言われたらせーの、で1時間進める。おなじく明日から冬な、と言われたらせーの、で1時間戻す。これってすばらしく信じがたい。敢えて言うなら、私にとって全日本国民が年に2回大晦日を迎えてカウントダウンするに等しい。絶対不正やトラブルが起きそうなものをそんな素振りすらない。
この夏時間の導入が騒がれたりした時期もあったと記憶しますが、私どーもこれの意味が分かんない。元の発端はコスパとエコのためらしいんですけど、時計を1時間進ませようと遅らせようと、コレって定時に来て帰る、生活のリズムそっくりままが1時間前倒しになったり先送りになる、が大前提になってるワケですよね?とどのつまり時計の針と日が傾く感覚を通年同じにするという試みなので、今の時点で夏は8時に来て4時に帰れや、とやれないのなら導入じたいが無理だろうと思うんです。逆に夏場は同調圧力で残業増えそうじゃないですか?
結局、24Hのなかでのことには変わらないような。
<参考>
冒頭の「7ヶ月間睡眠時間が少なくなる」はこの人が夜更かしを選んでいて、サマータイムの意味無いじゃん、と納得させる序文。
サマータイムは本当にエコなのか:戦争と謀略(?)が生んだ歴史
[PR]
# by jaguarmen_99 | 2018-03-28 13:58 | 日々どーでも | Comments(2)