【S.O.S/細野不二彦】を読みました。
本棚を整理していたら、しばらく手に取っていなかった保存本が出てきました。これ、かねてよりご紹介したいと思っている1冊です。

【S.O.S/細野不二彦】を読みました。

細野不二彦といえば私はクラッシャージョウの表紙が初見でしょうか。私めじつは安彦良和氏と混同してたんですが、クラッシャージョウにはどうやら元の小説があって → 細野不二彦がコミック化の画担当+これがデビュー作&安彦良和は同作をアニメーターとしてキャラデザインと監督を請け負った、という事のようです。今知ったぞ!コレ!

b0046213_20281657.jpg


さて、細野不二彦氏は結構多作。【さすがの猿飛】をはじめ有名な作品も多いのですが、その隙間に短期で終わっている作品も多々。さらに子供向け、青年向け、と描き分けるので玉石混淆のピカソみたいな人だと思います。【S.O.S/細野不二彦】は全2巻。彼にとってはおそらくさらっと終わってしまった作品のひとつだと思われますが、作品が打ち切られる根拠は世相に振り回されたりするところもあるので、この作品たしかに微妙なところを踏んでいます。『漫画アクション』(1999年 - 2000年)とのことですので、知ったのが連載より後だからいろいろ深読みしちゃふなぁ…。



主人公:坂東るいは不祥事続くK川県警管轄下、外曲署の刑事。
正義感厚く時に世の理不尽、警察というカイシャの理不尽に落ち込む27歳独身、しかしながら朝食はカツ丼+親子丼というストレスも元気も MAX という女性です。

るいがストレス発散のために向かうのは< 鯨岡整骨院 >。自室で入浴 with 温泉の素、と、イケメン鯨岡先生に癒されるのが唯一のストレス解消。鯨岡先生はイケメン+元大学病院の医師+礼儀正しく品行方正。非の打ちどころナシという人物。

b0046213_20314435.jpg


猟犬とあだ名される熱き主人公の刑事:るいの目下の悩みはストーカーにつきまとわれていること。相手はイタ電のみならず24時間全てをストーキング中。面倒このうえありません。
b0046213_20451653.jpg


今日もきょうとてストレス満載!イケメン鯨岡先生に癒して頂くのです。

b0046213_2042250.jpg


悩みの種である謎のストーカーは24時間安心「勝手な」プライベートセキュリティのため、生活の監視どころか色々ウルサいことまでクダクダとお説教まで。さらに主人公:るいの邪魔になる人物に対しては傷害致死であろうが何だろうが容赦が無い。それがときに奇妙な信頼関係がある2人=主人公:るい&ストーカーなのですが、正義感厚い主人公:るいにとってはもちろんアゲてやりたい、逮捕の対象でもあります。

b0046213_20575510.jpg


憧れの整骨院のセンセイは実は自分のストーカー。
前述したように、奇妙な関係です。主人公:るいが理不尽な立場になったとき絶対的にアテになるのはこのストーカー。しかしながら、ソレ以外の部分では絶対的に相容れない。

もう少し連載が続けば人間模様も変わって面白そうだと心から思うので残念至極・・・。
しかし結末はたとえ続いていても、この結末だったろうと思わせる。荒川弘作品みたいな、あぁ、決まってたんだろな、というとこにちゃんと着陸する安心感があるし、それはやっぱり読者の期待を良い意味で裏切るストーリーがある。

細野不二彦氏の魅力はまず繊細な画力、そして次に物語だと思います。そうそう【さすがの猿飛】の服部君が萌え萌えで、2巻だか3巻だかを単巻で買ったっけなぁ・・・。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2013-04-19 21:21 | 世界遺産的マンガ&BOOKS | Comments(12)
Commented by れんと at 2013-04-19 22:04 x
ほう、結構おもしろそうですね。結末が知りたくなってしまいました。

さすがの猿飛、懐かしいです。僕は、肉丸くんの彼女(う、名前が出てこない!)と、肉丸くんのお母さんが好きでした。
Commented by れんと at 2013-04-20 08:51 x
早速、アマゾンで中古を注文しちゃいました。なので、結末は書かないで下さいねw
Commented by jaguarmen_99 at 2013-04-21 16:27
■ れんとさま
> さすがの猿飛、懐かしいです。
あれっ?ファンではありませんでしたか?記憶違いかな。
> 肉丸くんのお母さんが好き
彼女の名前以上に全く覚えがない(爆)!!!出て来てましたっけ?!
> アマゾンで中古を注文しちゃいました
期待はずれの品質だったもよう。アマンゾの古本の「可」になったらだいたいあんな感じになっちゃいますが、それでも慣れてる私から見ても少し劣化が激しいカナー・・・。
> 結末は書かないで下さいねw
当然、結末は宇宙戦争勃発、ですヨー(無責任)。
Commented by れんと at 2013-04-21 16:35 x
はい、大ファンでした。お母さんは、かすみさんといいます。なかなか大人の色気がありましたよ。アニメの方が印象的だったかも。そうそう、彼女の名前は魔子ちゃんでした。

写真でも劣化が分かりましたか。。。うーむ残念。
Commented by jaguarmen_99 at 2013-04-21 17:25
■ れんとさま
> お母さんは、かすみさんといいます
ググってみるとどたなかの二次作品なのですが
ttp://kazukou2.sakura.ne.jp/main/e-079l.jpg
れんとさま、アレですよね、ちょっと間違うと不倫系ですよねぇ。知人の乙女系男性が昔不倫で苦しんでいたという話を聞いた時は偏見ゆえのドン引きでしたが。
> 写真でも劣化が分かりましたか。。。うーむ残念。
得意分野だから、ということになるのかも知れませんが、ノド(まとめて閉じてる右側のノリのところ)の部分の開閉で表紙がかなり劣化していますし、上下にもそうした劣化があります。中身の部分は指の皮脂などで茶色く変色などが起きやすいのですが表紙の部分は紙が違うので、かなり強く開閉が行われた印象を受けました。これだと作品が評価されていても100円ぐらいかなぁ、と感じます。Amazonの古本は送料250円とって「ゆうメール」配送なら先方に儲け無し、「メール便」なら儲けが100円から150円ぐらい、の計算になります。自分が捨てて終り、という前提なら慣れちゃうと気になりませんが慣れないうちは損した気分になりますよね。哀しいかな、漫画はパソ用品と違って値崩れがすごく早いんですよ・・・。
Commented by れんと at 2013-04-21 17:55 x
かすみさんの画、結構特徴を捉えていますよ。
リンク先、なかなか懐かしい作品が多いですねー。「めぞん一刻」の響子さんもいいのがありました。
不倫系ですかw 良く分かりますねww

そう、ノドの所はひどく傷んでいます。まあ、他のは値段が1円(送料別)だったりしたので、これも相応なんでしょうが、あれで「良」は許せないなあと思います。
Commented by jaguarmen_99 at 2013-04-21 18:16
■ れんとさま
> めぞん一刻」の響子さん
これも不倫系好みの女性ではありますよねぇ(苦笑)。
> あれで「良」は許せないなあと思います。
古本系の「良」はあのぐらいまで下がります。本は基本読めればいいんだ、という前提があるのでネット販売の漫画で「良」と言ってたらもう漫画喫茶にある以下、図書館が持ってる漫画よりもずっとランクが落ちる、と思って間違い無いと思います。ペーパーバックならなおさら、です。ええ、過去私もひどい目に遭いましたしねぇ・・。●| ̄|_
Commented by れんと at 2013-04-21 18:22 x
確かに。不倫系だったのか、自分w

> 本は基本読めればいいんだ
なるほどねえ。こうして、経験を積んで行くんですね。
Commented by れんと at 2013-05-11 12:17 x
読み終りました。
おもしろかったですが、いろいろな設定が未消化な感じがして、もう1巻分くらい続いて欲しかったです。

ただ、どうしてるいは電話の声でストーカーは先生なことに気付かないのか、不思議でした。いつも声を変えていたのかな。

今となっては古くなってしまった設定(スマフォやタブレットでなく、ガラケーやノートPCとか)に、時代の変化の速さを感じました。
Commented by jaguarmen_99 at 2013-05-14 18:03
■ れんとさま
> いろいろな設定が未消化
それだけに続かなかったのが惜しいですね、たぶん打ち切られたんだと思います。
> 電話の声でストーカーは先生なことに気付かないのか
1話目だか初期の頃にまたボイスチェンジャーの声、アイツだ!という、るいの台詞があったかと思いますよ?あれ?・・どうだろww
> 時代の変化の速さを感じました
ホントですよ、私最近 iPhone 変えたんですけど、書類まさぐってたら過去の(オマケでもらう)入門書みたいなのが出てきて。10年も過ぎてないのに、って思いました。
Commented by れんと at 2013-05-14 18:07 x
> ボイスチェンジャー
覚えています。これはいつもやってた設定なんですね。ここは漫画の弱いところだと感じました。他にも何点かありました(漫画の弱いところ)。
Commented by jaguarmen_99 at 2013-05-15 08:58
■ れんとさま
基本連載から単行本、ですので当時の世相を反映したり編集の意向に沿わされたりで、小説のように全体構造から推敲できないところがあり矛盾点や暴走が起きやすいですよね。学園モノで始まったのに途中でなぜか勇者になって何かを探しながらどこかに闘いに行く、っていうマンガもありましたよ。
<< 4/21の文言。 いつかはティファニーで食う気に... >>