人気ブログランキング |
人ひとりにも大変な精神力と労力が必要なのだ。
過日も申し上げましたが、人をひとり見送りましてこれは私には初めての経験でしたので。寄り添う日々はむろん、送り出す日々もまた私には初めてのことばかりです。もちろん順当にいけば私よりも老いた親が先なので、本を読んだりあるていどは想像もしていたのですが、じっさいとなると予想するよりはるかに煩雑です。
身構えていた葬儀などの式典は、葬儀社の方が上手にエスコートしてくれるので無知でも全然大丈夫。ところが式とは別な部分がけっこう大忙しで、あっという間に知らない分野での仕事が山積みになってきます。だから思うんだけど近い身内ですら職場の忌引きが最長7日ってかなり厳しくないか?

今回の私みたいに心の整理がつく別ればかりじゃないはずで、見送るのが親ならまだしもこれが自分のパートナーとかだったら私、とてもじゃないけど一週間で平常営業なんて絶対無理ムリ!14日間が妥当だと思う。
すでに体験済みという方も多いでしょうが、前述したようにこんなオツムが非常な状態のうえで手続きが目白押し。涙をぬぐいつつ市役所に行って喧騒のなか順番を待つとかなかなかシュール。ネットや本で確認できる段取りはあくまでシンプルな目標値形であって、たとえばまず故人の戸籍を閉じるにあたって住んでる場所での手続きまではシュールながらもこれでヨシ、しかし同時にほか手続きのため住民票謄本や死亡届などを必要数を考えて取ることになり、さらにここで故人の本籍が全然違う場所にありマース!とかだと → 慌てて郵便局へ行って為替買って速達で投函して取り寄せなくちゃ、といったふうで to do 連鎖がもうモグラ叩き状態。 そして断言できるけど普段でもこうした事務処理は8割強のひとは見慣れないことばかりなんですよ。分からないままアレコレ用意させられる、これだけでも大きなストレスを感じるはずです。
そしてさらに盛り上がるのが銀行や郵便局の口座凍結。故人の口座が凍結するとビタっといじれなくなるんですが、これを再び動かすには恐ろしいほどの手間暇がかかるのです。関係者全員が納得してるなら良いんですが、1人でもゴネ得狙いな人が出ると、もう年単位で動かなくなること必至。
しかし葬儀(式・花・香典返しなども含む)以外にもこのシーズンにはまとまったカネが必要なシーンが連続します。読経への布施・足代・斎場への支払い・参列親族の飲食接待など含め、仮に結構節約しても100万は軽く流れていく計算…もしくは懸命にケチれば故人を侮辱すると捉える親族がいるかもしれません。さらにさらに!墓がナイの、などとなったら…もう!故人が葬式代にしてネ、なんて口座に遺してくれていても凍結されてしまっては立て替えさえただ事ではなってしまいます。本来であれば申告を行い凍結後に解凍という手順が正しいのですが、いま手元に現金を多少なりまとめ用意したい状況では倫理と法だけでは収まりがつかないことも十分あり得ます。
で、私は別件で弁護士から「ズルなんだけど正直危ないとなったら下ろすのがいちばん手っ取り早い」と聞いた経験があり+なおかつ相続者が全員その場に居て納得したので → 手分けして先に口座からカネを下ろしてもらい、その後申告して凍結、落ち着いてからゆっくり解凍作業をさせた。
またこうした事務処理とは別件ですが、故人のご交友への知らせや挨拶、これにはもちろん定型マナーみたいなのを踏襲しつつなんですが、弔問客への挨拶あたりは強烈なオトナスキルが求められるシーンで、ここもハードル高い。納骨となるとお寺や石屋の手配、さらに思う以上にかなり手間取るのが故人の遺品の片付け、とやることがなかなか消えない。やっと視界が開けてきたぞと言えるまでに早くても3週間は要したと思う。くわえて沖縄では七七忌まで初・3・5の奇数週にも弔問客があるのでこれにも応じる必要がある。とてもじゃないが絶対誰かの助力と時間がないと無理だよ、酷だよこれ。ウチですか?親族に縁がないので、いちおう口約束でお互いに、と友人には言ってますけど、今回ココロ新たにしましたよ。もし友がその辛さの真っ只中にあるのなら、人としてこんな気苦労をさせてやりたくない。
さて、酷だねという話でもうひとつ言いたいことがあるんです。あのう、あんまり大声じゃ訊けないんですけど、火葬場の点火スイッチ、あれって誰が入れます??私今回が初見なんですけど、ご家族(喪主さん)にスイッチ押させるんですよ。私もその刹那、死刑執行場ってたしか3つボタンがあるんだっけ、ホニャラララなどと雑学が脳裏に湧いてまいりまして、でも故人を送ってやるのは近しい身内のほうが良いよね、と思い直したんです。ところが今回の告別式は内地からもご親族がいらしてたんで『あれはいくらなんでも酷だろう!?』というご意見がありまして。まて、私が思い直したのはなんだったんだ。アレ??もしかして沖縄だけなの???
で、相方に訊いたら義弟のときはウェーイ!と相方がスイッチオン!したらしいし(コイツ絶対私のときも躊躇しないな)ほかにも聞いたらやっぱり父のを押したという方が居たんですが、昔のせいかもだが自分は業者が押してたという方も1名。いったいどうなってるんでしょう?

僧侶です

えええっ!3つボタンとかもあるの?!それ、ちょっとこじらせてね!?(感情はどうあれ死者と道を違えるのは必然なのに、これだと悪いことみたいでは?)



by jaguarmen_99 | 2019-06-30 21:39 | 日々どーでも | Comments(3)
Commented by れんと at 2019-07-01 19:40 x
じゃがさんはいい方ですね。いや本当に。以前も、別の方の見送りをされて大変だったと読んだ覚えがあります。やっぱり、お疲れさまでした。僕だったら、いくら親しかったといえども、できないです。「あとはご家族にお願い」です。僕は父親のを少しやった程度ですが、とにかく手間が多くて疲れます。

それにしても、点火スイッチは初耳です。恐ろしいです。実際には、別に、火を付けるだけですが、「適当でいいです」とも言えないし・・・

個人的には、そういうのは全部不要だと思ってます。死んだらそこで終わりで、遺体とか骨とかに意味ないので、全部「破棄」で構わないです。が、残った人は別の考えなんでしょうね。それは各自の考えなので、仕方ないことだと思います。
Commented by kanimiso-moreko at 2019-08-23 12:08
点火スイッチ、母の時もさすけさんの時も、火葬場の方が「では皆さん合掌してください、今から燃やします、ポチッ!」的な感じでしたよ。
でも自分で押しますか?って聞かれたら、自分で押したいです!
自分は「燃えちゃったらイヤ」って感覚が無いのかなと思います。
はよ天に返してあげないと…的な。あと「腐るし」って冷静に考えてしまう…母の時、葬儀まで数日あったのでドライアイスぎんぎんで保存してたんですが、冷やし過ぎて母が汗かいちゃってて、あっ、速く燃やしてあげないと!って思いました(笑)

あとこないだ青森の事話してて、お墓に納骨する時、骨壺使わないでそのままバラバラバラ~ってブチ入れる(先祖の骨と混じる)って聞いて、文化の違いっておもしろいなぁと思いました。北海道もそうみたいですね。
Commented by kanimiso-moreko at 2019-08-23 12:11
あっ!
青森の事 → 青森の子と です!
<< Wインフル。 【三びきのやぎがらがらどん】を... >>