<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いつかはそんな日がくると。
いつかはそんな日がくると思っていました。
昨年の検診で膵管拡張が見られる(このあと精密入って今のとこ問題無し、様子見でということになっております)と言われてからピタッと禁酒してまして、するとこれまた良くある話、本当に甘いものが恋しくなるんだな〜。
b0046213_22261344.jpg

キンカンなどを煮てみたりですな。マーマレードの味。コンフィチュールとジャムって何が違うんだべ?
b0046213_22315955.jpg

元々タルトぐらいは焼いたりしてたんですけど、酒飲みとしては甘い物作りはやらない、手を出さない!と言ってたんです。が、こうなってみるとだな。初めのうちはこんなに砂糖とバターを…と恐れおののいてたんですけど、慣れてくると何だ甘みが足りねーな、などと言い始めて、あっ、砂糖によって仕上がりの味が違うぞ?、へえ、ブラウニーって簡単だな、フムフム…。
相方も言いました。『いつかはやるんじゃないかと思っていたよ。』
運の悪い事にインスタントのデカフェが意外にイケる事も知ってしまった。夜に安心してコーヒーを飲めてしまうことも手伝い、デザートの世界が広がり始めております。いまロールケーキって自分で作れるんだぁ、などと調べている自分が別人みたいでコワイ。

[PR]
by jaguarmen_99 | 2018-02-09 22:44 | 日々どーでも | Comments(6)
全力レイディオジムナスティック。
運動は最低限程度にはやっていると思うんですが、ふと思い返すに全身をケアするメンテ的な運動をしていないのではないか、という反省に至りました。
走ったりする人はたくさんいると思うんですけど、そのあと下半身をチョイチョイ、とストレッチしておーしまい!なんていうのが殆どだと思うんです。当人的には体動かした実感あるけど、それなら充実した気分にのっとって全身もケアするものではないのか、と。要はお年頃になるとワケもなくあちこちタガがゆるんでくるんで、日々の小さなケアが大事なような気がわんさかして来た!
が、ストレッチするぞう、と構えるのも案外時間がかかったりしてですね、それがおろそかにする一因でもあるんですよね。簡単な入門編の全身ケアは無いものか?と思案したところ、そうだよ、あるじゃないか。俺にゃあ生涯お前という、ア、強ェエ味方が、あったのヨォ〜
と、いうわけでみだしの件につきまして。

全力でラジオ体操してます

10分/day で簡単全身ケア。全力でやると意外とタフだよコレ!
近所の工事現場の人達が毎朝緩慢にやってるのを鼻でせせら笑っていましたが、体を温めて関節の可動域を広げておくのは結構意味あるよ、コレ。真面目にやっておけ!昨今こんな気の毒な事故も有ったばかりだし(>>> こんなデカイ現場で備え付けた梁が落ちるというのが大変恐ろしく、究明しても「報道の自由」とかで消されちゃう原因だったら?)。

日々美しいラジオ体操を目指し、たぶんたまに目が合うお向かいさんからはもうすぐ変人認定を賜るかもしれません。そんなラジオ体操ったら、身の回りには盛り上がりを感じないのに私の思う以上に広範囲展開。出演者の岡本美佳さんのプロフィール、好きな運動:『体を横に曲げる運動』、ピアノの幅しげみさんの好きな運動:『第2体操の三拍子』も奮ってます。訊かれたのたぶんソレじゃないはずよー。

ところで。これ結局調べても分からなかったんですが。疑問:ラジオ体操の歌ってなんのためにやってんの?
ラジオ体操は前リンクにあるように第1でAM 6:30から1回、これがカードぶらさげて夏休みに行くヤツね。加えて第2で時間をずらして日に3回、合わせて日に4回あります。で、私正午の回はまだ未確認なんですけど、15:00からの聴いてみるとラジオ体操の歌かからないんですよ、午前のはかかるのに。するとむしろ何でかけてるの?という疑問が湧くわけです。本当は体操に差し替えられる部分を、なぜ曲で1分ぐらい無駄にしてしまうのか。つまりこの曲の時間に意図があるんだろうと。前述したように理由は不明なのですが、恐らく職場や公園など人が集まって体操に構える時間に割かれているのではないかというのが私の考え(必ず開口一番「体操の準備はよろしいでしょうか?」という台詞が入るので)。
調べてみるとラジオ体操は90年の歴史があるようです。何だか近所の大木がじつは大変な樹齢だったみたいな気分。
<参考>・在ペルー日本大使館公邸占拠事件 << 人質たちは毎日ラジオ体操をしたという。

追記:昼12時からの放送ではやはりラジオ体操の歌はなし。その代わり予備運動が多くなってます。

[PR]
by jaguarmen_99 | 2018-02-08 12:54 | 日々どーでも | Comments(2)
年明けから1ヶ月。
年が明けてから1ヶ月が経ってしまったのだね、と暦無視して節分の豆をオヤツにボリボリ食いながら感慨に浸って居ります。炒り豆は節分じゃなくても食えるのよ?さて、この豆ですね、落としましたよと声をかけたら、落としたのは鬼の面でした。その人がお礼にくれました。ちなみに私の実家では袋から10粒ほど取り「豆がもったいない」というポリシーのもとその10粒を投げるという節分でした。落花生と違って落ちた豆は食えないしね。


相変わらず細かい事に振り回されて忙しいには変わらないのですが、年末に母親が転んで骨折したとかで心配事と面倒ごとが増えました。この件で7年ぶりぐらいで実姉と電話で話す。前に話したのは震災の時で、それですら10年ぶりぐらいでしたから血縁とはいえほぼボイジャー号からの便りみたいな。入院後の母の様子があまり芳しくない様子で、情報を整頓して備えるべく姉と話す必要がありました。
理屈では分かっているからこそここ10年ぐらい折があって上京するときは必ず老後とやらについて親に決断を迫ってきたんですが(と、いうより私がトラブルに巻き込まれたくない。私の親は関係が大変複雑です。)噂には聞いていた親の老後という名の岐路がいよいよ現実味を帯びてきて、本音を言えば苦い気分のほうが勝ります。

ありがたいことに姉もいちおう関係者筆頭という自覚があるようで、私も遠くからワイワイ言うつもりなどみじんも無いということで意思疎通はできたかと。
[PR]
by jaguarmen_99 | 2018-02-07 16:07 | 日々どーでも | Comments(4)